トップページへ戻る

天神社(福山)
広島県福山市蔵王町天神前(旧深津郡市村)
祭神−−素盞鳴神
                                                              2009.09.21参詣

 延喜式神名帳に、『備後国深津郡一座 須佐能袁能神社』とある式内社の論社の一つとされる古社。

 JR山陽線・福山駅の北東約3km、国道182号線を北進、山陽自動車道をくぐった最初の交差点・天神原を右へ、山手に向かう細い道を入ったすぐの左手に鎮座する。東福山インターのすぐ西に当たる。

 式内社の論社とはいうものの、道路脇の鳥居の先に広がる草深い平場に、屋根と柱だけの拝殿(中に『天神社』との神額あり)が、その奥に平成元年に再建されたという本殿(一間流造)が建つ。鳥居・石燈籠(平成元年建立銘あり)が立つ境内は草が繁茂し、全体として荒れた感をうけるが、本殿内に収められた神殿(小祠)に捧げられた御幣がまだ新しいから、それなりの祭祀は続いているらしい。

天神社/鳥居
天神社・鳥居

天神社/拝殿
同・拝殿
天神社/本殿
同・本殿
天神社/本殿内陣
同・本殿内陣

 当社に関する資料も少ないが、ネット資料によれば、
 「もとは大社であり、烏帽子石という場所に鎮座していたが、元禄の頃(1688-1704)、祭日に闘争があり、血に穢れたため社殿を現在地に建て替えたところ、社人と僧とが論争になり、そのままになったという」
とあるが、烏帽子石の場所は不明(東南方にある蔵王山中か)

 通常、天神社といえば菅原道真を祀る天満宮を指す場合が多いが、西備名区(文化5年・1804)によれば、
 「此の神を祀る所間々あり。北野天神とちがひ、祭神異なり、故に“てんしん”と澄みてとなふなり。
  祭神 少彦名(スクナヒコナ)   此外に小祠共に拾八座」
とある。
 現在地に遷座する以前の姿で、19世紀初頭の当社はそれ相応の大社だったらしいが、鎮座由緒などを含めて詳細不明。
 また祭神・スクナヒコナというが、スクナヒコナは医療の神であることからみて、疫病を遮る防疫神・スサノヲと無関係とはいえないものの、今の祭神・スサノヲとは異なる。

 当社を式内・須佐能袁能神社とする資料として
*福山志料(1809)には
 ・「延喜式深津郡に須佐能袁能神社ありて、其処を知らず。スサノヲを武塔天神とも申奉るなれば、此の社ならんかと云う人あり」
と、当社を式内社とする伝聞があることを記し、
*備後略記(19世紀前半か)には
 ・「(戸毛村の天王社という説もあるとしながらも)「市村の天神社(当社)を式内・須佐能袁能神社に当て」、
*備後国名勝巡覧大絵図(刊行時期不明)には
 ・「須佐能袁能神社 深津郡市村」とし、絵図中にも、蔵王山の東北山下に鳥居型を示し、須佐能袁能神社と明記している、
                                                           (以上、式内社調査報告、1980)
また、近年の資料である福山市史にも、「(須佐能袁能神社は)福山市蔵王町にあり」とある、という(広島県史、1980)

 以上、当社を式内・須佐能袁能神社とする説は幾つかあるが、いずれもが、当社を式内社と確定するには根拠薄弱。ネット資料に、かつて烏帽子石にあったということからみて、蔵王山山中の烏帽子岩をご神体とする磐座信仰が当社の原点で、式内社ではないとするのが妥当とも思える。

トップページへ戻る
素盞鳴神社(戸毛)へリンク・素盞鳴神社(天王宮)へリンク・王子神社へリンク・沼名前神社へリンク