トップページへ戻る

摂津(嶋下郡)の式内社/伊射奈岐神社
@伊射奈岐神社(山田)
大阪府吹田市山田東2丁目
祭神−−主祭神:伊射奈美大神
                       併祭神:天児屋根命・手力雄命・天忍熊根命・蛭子命
A伊射奈岐神社(佐井寺)
大阪府吹田市佐井寺2丁目
祭神−−主祭神:伊射奈岐大神
          併祭神:八幡大神・素盞鳴大神
                                                              2009.09.01参詣   

 延喜式神名帳に『摂津国嶋下郡 伊耶那岐神社二座 並大 月次新嘗』とある式内大社。祭神二座という場合、通常は同一神社に二座が合祀されることが多いが、当社の場合は吹田市山田東・同佐井寺の2ヶ所に別れて、祭神も佐井寺にイザナギ・山田にイザナミと一座ずつ別れて祀られている。

@伊射奈岐神社(山田)
 阪急千里線・山田駅(大阪モノレール山田駅)の南東約1.7km、府道2号線・山田西交差点を北へ、道なりに少し進んだ左手・千里丘陵に続く高庭山の山腹に鎮座する。俗称・五社宮。
 イザナギ神社と称するものの主祭神は女神・イザナミ大神で、姫宮とも呼ばれる(以下「山田社」と記す)

A伊射奈岐神社(佐井寺)
 阪急千里線・南千里駅の南東約1.5km(千里丘駅の北東約1.5km)の住宅地内に鎮座するが、道が輻輳していて行きづらい。少し大回りだが、南千里から府道135号線を東進、山田下交差点から南下する方が案内標識もあり、わかりやすい(山田下交差点を北進すれば、上記の山田西交差点に出る)。山田社の南西約2kmに当たる(以下「佐井寺社」と記す)
 主祭神は男神・イザナギ大神。
 古く、「春日社」と称していたが、式内社復元に奔走した並河誠所(1668--1738)が、その著・摂津志(1735刊)において春日社を式内社・伊射奈岐神社として指摘したことから社名が変わったという。ただ比定理由不記のため、当社を式内社とする由縁不明。

※祭神
 イザナギ・イザナミの双神(ギ・ミ双神)は、記紀神話において“神代七代”の最後に成り出でた神で、最初の人格神(夫婦神)として国生み・神生みを行ったとされる、実質的な創造神である。
 日本書紀では、ギ・ミ双神が「天下を治めるべき優れた子を生もう」といって皇祖神・アマテラスを含む三貴神を生んだとあるが、古事記では、黄泉国から帰ったイザナギが禊ぎ祓いをしたときに生まれた子で、イザナミは直接的には係わっていない。

 記紀におけるギ・ミ双神は、創造神でありアマテラスの親神という重要な神だが、神代記以外では、
 ・古代朝廷では、宮中(神祇官西院)にも祀られていないなどイザナギ・イザナミが崇敬された形跡がなく、天皇家との係わりはすくない。また、古代の祝詞などでも祭祀の直接的対象神とはなっていない、、
 ・神代記を除いて、書紀・人皇時代の記述で、唯一イザナギの名が現れるのは履中紀のみで(淡路で狩りをする天皇に、伴の飼部の文身の血が臭いと祟った)、イザナギと推測されるのが允恭紀(淡路で狩りをする天皇に、海底の真珠を採って奉らないと獲物を与えないと祟った)だが、そこでのイザナギは、神代記にいうような創造神・皇祖神の親神というより、恐ろしい祟り神的色彩をもち、淡路島に坐す島神・島の地主神という相貌が強い、
 ・延喜式内社のなかでイザナギあるいはイザナミを祀る神社は、当社を含めて大和国(3社)・摂津国(当社)・伊勢国・若狭国・淡路国・阿波国の8社(うち、ギ・ミ双神を祀るのは2社)だけで、その鎮座地も内陸の大和国を除けば、瀬戸内海東部と若狭湾沿岸部に限られている、
 ・その中で、淡路国津名郡の“淡路伊射奈伎神社”のみが神階一品の名神大社として特別視されるものの、他は従五位上・同下の大社・小社と格式が低く、皇祖神の親神にしてはおしなべて神階が低い(伊勢国の二座は、内宮の別宮として創建されたもので別格だが、これも式内大社)
といった特徴があり、そこから、イザナギ・イザナミの原姿は、淡路島を中心とした海人集団に信仰された“(淡路)島の神”で、応神・仁徳朝以降、朝廷と海人集団との関係が密接になるにつれて、海人間に伝わる淡路の島造り伝承が記紀の国生み伝承に化すなど、その神統譜のなかに取り込まれたのではないかという(「古代王権の祭祀と神話」岡田精司1970)

 この説に仮託して強弁すれば、当社の鎮座地が、かつての難波八十嶋の海からそう遠くないこともあって、その祭神も海人集団が奉祀していた原姿的イザナギ・イザナミではないかと推測され、それが鎌倉期以降、神道五部書などに記す中世神話の隆盛をうけて、記紀にいうギ・ミ双神へと変貌したともいえる。

※鎮座由緒
 両社とも、ほぼ同様の鎮座由緒をもつが、本来の伊射奈岐神社がどちらかということでは異なっている。

 佐井寺社略記によれば、
 「雄略天皇22年(478か)9月、豊受大神(伊勢外宮の祭神)を丹波国与謝野郡(現福知山市に比定)真奈井の原より伊勢国度会郡山田原に遷座せしめた翌年、アマテラスの神託を受けた伊勢斎宮・皇女倭姫命の教えにより、9月16日、この佐井が原にイザナギ・イザナミ両大神を祀ったのが本神社の始まりとされている。・・・
 (その後)貞観から延喜年間(859--922)にイザナミ大神を東北の地に遷座、これを姫宮と称し、本社を奥宮と称した」(大意)
とあり、ここで伊射奈岐神社の創建は当社・佐井寺社であって、山田のそれは当社から別れたものという。

 これに対して山田社の略記には、
 「雄略天皇22年、豊受大神の御霊が丹波国与謝郡から伊勢市山田・高倉山麓の山田ケ原に遷座されたとき、伊勢斎宮皇女倭姫の御示教により、大佐々之命が五柱の神を奉祀するべき霊地を諸国に求め、ついにこの山田の地に奉祀せられたという。また山田の地名も、このようなことから伊勢山田から名を移したと伝える」
とある。
 前半は佐井寺社由緒と同じだが後半は異なり、且つ佐井寺社についての記述はなく、最初から、当社にイザナギ・イザナミ両神を祀ったと解されるが、今、2社に別れている由緒が記されていない。

 また、ここでいう五柱の神のうち、ギ・ミ両神以外の三神名も不明(アマテラス・ツクヨミ・スサノヲか)
 なお、雄略時の斎宮は倭姫ではなく、雄略の皇女・栲幡姫(タクハタヒメ)だが、斎宮としては、アマテラス伊勢鎮座を助けた倭姫の名を継承したのかもしれない。
 また、大佐々之命とは、豊受大神伊勢鎮座当時の伊勢神宮宮司というが、詳細不明(下記の倭姫命世記には出てくるが、神主として仕えさせたというもので、遷座地を求めての諸国巡行ではない)。大阪府誌他の資料には“斎宮・倭姫の臣・豊足彦”とある。

 雄略22年紀にいうトヨウケ大神の伊勢鎮座とは、記紀撰上(記:712、紀:720)から80年余り後に編纂され神祇官に提出されたという止由気宮儀式帳(トユケノミヤ ギシキチョウ、延暦23年804、五月麻呂著)に記す
 「アマテラスは雄略天皇の御代に伊勢・五十鈴川のほとりに祀られた。その時、アマテラスが雄略天皇の夢にあらわれ、
 『高天原から此の地に鎮座したものの、吾一柱で並んで鎮座する神がいず、食事も心穏やかにとれない。だから丹波国の比治の真名井にいるトヨウケ大神を、御饌津神(ミケツカミ)として呼んで欲しい』
と誨へ諭されたので、伊勢・山田原を宮処と定め、丹波国からトヨウケ大神を勧請した」
との記事で、伊勢外宮の創建由緒を指す。
 ただ、同じ伊勢神宮を構成する内宮・外宮であっても、記紀には、アマテラスの伊勢鎮座については記すものの(崇神・垂仁紀)、トヨウケのそれは見えない。というより、トヨウケ大神の伊勢遷座由緒を記すものは伊勢神道(度会神道)系の史料のみで、他には見えない(アマテラスの伊勢鎮座については諸説があり、雄略朝に伊勢に遷座したのはアマテラスで、トヨウケは、古くから伊勢に鎮座していた土着神ともいう)

 その伊勢神道系の史料として、“倭姫命世記”(ヤマトヒメノミコトセイキ)がある。伊勢神道の基本神典である“神道五部書”の一で、儀式帳と同じく伊勢神宮の禰宜・五月麻呂等が延暦23年(804、768説もある)に編纂したものと伝え、そのなかに儀式帳と同じようなトヨウケ大神伊勢遷座伝承が記されている(倭姫命に夢告があったという点が異なる)
 しかし、この神道五部書は、鎌倉時代(最も早いものでも鎌倉初期)の外宮神官・渡会氏等が、アマテラスのミケツ神であった外宮の神・トヨウケを、内宮の神・アマテラスと同等以上の存在として格上げすることを目的に執筆した偽書という見方が強い。

 倭姫命世記が鎌倉時代につくられた偽書とすれば、同一人物等によって同時期に成ったとされる儀式帳もまた、偽書である可能性が強く、それをうけたと思われる当社略記は、鎌倉期以降に作られたもので当社本来の創建由緒ではない、ともとれる。とはいえ、当社本来の由緒に係わると思われる資料は見当たらない。

◎諸資料にみる鎮座由緒
 江戸時代の資料・摂津名所図会(1798)には、山田社に関して
 「伊射奈岐神社二座  一座は山田荘小川村にあり、今、五社明神と称す。山田村五ヶ村の産土神なり。一座は佐井寺にあり、今春日明神と称す。又三代実録に曰く、貞観元年(859)正月従五位を授く」
と簡単に記すが、
 大阪府全志(大正11年1922)には、やや詳しく
 「伊射奈岐神社は字宮山にあり。延喜式内の神社にしてイザナミ命を主神とし、相殿に・・・。伊射奈岐神社二座の一なり。前記倭姫の命によりて齋き祀られ、初め姫宮社と称せしが、仁寿2年(852)山田荘小川谷高庭山上に遷座して五社の宮と称し、貞観元年(589)正月従五位上を授かり給ふ」
とあり、山田社は平安前期に現在地に遷座して五社宮と称し、明治3年(1870)に現在の社名に復帰したという(他の資料もほぼ同じ)。しかし、現在地への遷座以前の鎮座地については記していない。

 ただ、貞観元年の神階授与に関して、大阪府史蹟名勝天然記念物(1928)には、伴信友(1773--1846、江戸時代の国学者)の神名帳考証にある
 「二座とある今一座はイザナミ神社(山田社)であろう。貞観元年にイザナギ神に加階があったが、神名帳に二座と載せられているから、イザナミ神にも加階があるべきなのに、なされていない。これからみて、貞観の当時はイザナギ神のみ祀っていたもので、イザナミ神は延喜以降に祀られたのであろう」(大意)
を引いて、
 「されば、貞観の加階は此の神社(山田社)ではなく、佐井寺にある伊射奈岐神社であることは明らかなり。此の神社(山田社)は貞観以後延喜までの間に勧請されたものと知るべし」(大意)
と記している。これは上記・佐井寺社略記と同じ趣旨で、ここからみると、本来の伊射奈岐神社は、今、佐井寺にあるそれと思われる。

※社殿等
@伊射奈岐神社(山田)
 当社社殿は、珍しく北面(正確には北北東)して建っている。境内の右の道を北進した角に一の鳥居が立ち、右手前に『延喜式内 伊射奈岐神社』の社標が立ち、鳥居の先に朱塗りの橋が架かっている。
 叢林に囲まれた参道を進むと石段があり、珍しい顔の狛犬一対が座っている。一見して天を仰いだ蛙のように見えるが、その由来は不明。
 まわりを叢林に囲まれた境内は広くて明るく、正面に拝殿・本殿があるが、境内から本殿はよく見えない。古資料によれば、
 「中世の沿革は不詳だが、寛永13年(1613・江戸初期)7月に神殿および拝殿を再建せり。現在のもの是なり」
とあるが、今の社殿は新しくみえ、近年の改築か。

伊射奈岐神社(山田)/一の鳥居
伊射奈岐神社(山田)・一の鳥居
伊射奈岐神社(山田)/社標
同・社標
伊射奈岐神社(山田)/参道石段
同・参道石段
伊射奈岐神社(山田)/拝殿
同・拝殿
伊射奈岐神社(山田)/拝殿内陣
同・拝殿内陣
伊射奈岐神社(山田)/狛犬
同・狛犬

◎末社
 境内には、社殿左に並んで相殿社(八幡大神・菅原道真・祓戸大神)が、その左手に八王子社が、参道石段下の右手に稲荷社・厳島社が鎮座している。

A伊射奈岐神社(佐井寺)
 住宅地内にある神社で、小高い丘の上に鎮座する。境内正面の拝殿は千鳥破風・唐風破風をもった華麗なもので、山田社に比べて華やかな雰囲気を持つ。
 地名・佐井寺の佐井とは、元々“サ”が井(井戸)にかかる美称で“霊泉や井戸があるところ”を意味し、当社西方約50mに“佐井の清水”とよぶ泉があったという(不見)。寺とは、僧・行基開基(天平7年735)の佐井寺なる寺(山田寺ともいう)があったことからの地名で、今も当社南に同名の寺がある。
 社殿前右手に、『伊射奈岐神社一座』と刻した石碑があり、裏面に「菅広房建之 佐井寺村」とある。古社の復元に奔走しながら志半ばで客死した菅広房を悼んだ並河誠所が、幕府の許可を得て式内社名を刻する石碑に、菅広房の名を刻せしめたものという(元文2年1737建立)

伊射奈岐神社(佐井寺)/一の鳥居
伊射奈美神社(佐井寺)・一の鳥居
伊射奈岐神社(佐井寺)/拝殿
同・拝殿
伊射奈岐神社(佐井寺)/社標
同・社標

◎末社
 社殿左手に、稲荷社(祭神:トヨウケヒメ)・大将軍社(水神社−アメノミクマリ)が鎮座している。なお、当社西方の山上に摂社・愛宕社(カグツチ)が鎮座するというが不参。

トップページへ戻る