トップページへ戻る

摂津(嶋下郡)の式内社/太田神社
大阪府茨木市太田3丁目
祭神−−天照大神・豊受大神・素盞鳴尊

 延喜式神名帳に、『摂津国嶋下郡  太田神社  鍬靫』とある式内社。

 JR東海道線・茨木駅の北東約3.5km(直線距離)に位置する。JR 茨木駅・阪急茨木市駅から近鉄バス・花園・東和園行きで太田下車、旧西国街道を東へ少し行った北がわ約250mの林の中に鎮座するが、周囲が小規模住宅密集地で神社への入口がわかりにくい。当社の東に隣接して太田茶臼山古墳がある。

 林のはずれに鳥居が立ち、境内正面に割り拝殿が建つが、扉が閉まっていて神域には入れない。その奥、瑞垣で囲まれた神域に南面して本殿が建つが、瑞垣が高く外から覗うすべなし。鳥居に架かる神額以外に、境内には案内など一切見当たらなく、社務所も閉まっていて問い合わせるすべなし。簡素ではあるが、忘れられたような神社である。

太田神社/大鳥居
太田神社・大鳥居
太田神社/拝殿
同・拝殿
太田神社/本殿
同・本殿


 今の祭神は上記3座となっているが、江戸時代の古資料には祭神は「内宮・下宮・午王」で「土俗太神宮と称すこ」と記すものが多い。
 内宮・下宮はアマテラス・トヨウケを指すが、午王とはスサノヲと同体とされるゴズテンノウかと思われる(明治初年の神仏分離によって、ゴズテンノウがスサノヲに替わったか)
 しかし、古くから本来の祭神はわからなくなっていたようで、名葦探杖(安政7年1860)には、
 「祀るところの三座内宮・下宮・天王宮なり。又曰、伊勢・八幡・住吉を祀るという説あり、非也。この郡の神社、十一社古く野宮の如くにして定まれる神主もなく。百姓是を守る宮多し。この為、いつとはなく神体神号を失えり。愚俗の伝えるところ大いに相違せり」
とある。ただ、ここでいう内宮・下宮・天王宮というのも土俗にいう説で、本来の祭神ではないという。

 中世以降の兵乱で社記などが失われたために本来の祭神が不明となり、江戸期に流行した伊勢の皇大神を祭神とし、加えて同じ流行神であったゴズテンノウを災厄を防ぐ防疫神として祀ったのであろう。

 当社の創建については不明だが、当社が古代からの集落・大田村にあることから、古く、当地一帯に居住していた中臣太田連が奉祀したのが太田神社ではないかという。
 中臣太田連とは、新撰姓氏禄に
  「摂津国神別(神別) 中臣太田連 天児屋根神十三世孫御身宿禰之後也」
とある氏族で(松尾社家系図には、天児屋根命十四世孫に御身足尼命、その子・太田彦命が見え、これが中臣太田連にかかわるのではないかという)、古くから当地一帯に進出していた中臣氏の一支族という。

 なお、中臣氏の当地(三島)進出については、
 @ 河内の小勢力だった中臣氏(卜部氏時代)が、皇位継承を目指す継体天皇に荷担して、継体軍団とともに大和に入り、さらに三島に進出したとする説、
 A 大和朝廷の神祇奉斎にたずさわって勢力を伸ばした中臣氏が、記紀神話で神祇を携わるとされる天児屋根命を祖神と奉じて、天智系皇統の始祖・継体天皇の陵墓を守るべく三島に進出したとする説
の2説があるという。
 いずれも、当社のすぐ東にある太田茶臼山古墳(あるいは今城塚古墳)が継体陵とされることから、継体天皇に関連付けて説かれた説であろう。

 一方、播磨国風土記・揖保郡(イヒボ)条に
 「大田里  大田と称するわけは、昔、呉(クレ)の勝(スグリ)が韓の国から渡ってきて、始め紀伊国の名草郡の大田村(現和歌山市内・日前・国懸神社の西の一画という)に着いた。
 その後、分かれて摂津国の三島の賀美郡(カミ)の大田村に移ってきて、それがまた揖保郡の大田村に移住してきた。これはもといた紀伊国の大田をとって里の名にしたものである」
との記事があり、呉の勝と呼ばれる渡来人の一族が紀伊国から当地へ移ってきたとある。紀伊太田・摂津太田・播磨太田いずれも川に面した地だという。

 勝とは、日本書紀などには“村主”と記され、いずれも“スグリ”と読む。古代朝鮮語で“村長”(ムラオサ)を意味し、わが国では渡来系氏族(百済系が多い)に与えられた姓(カバネ)といわれる。新撰姓氏禄・摂津国諸蕃の項に“村主”・“勝”なる氏族があり、いずれも百済系渡来人という。

 この地に先住していた「呉の勝」の末裔集団を統融合した中臣氏の支族・中臣太田連が、その祖神・天児屋根命を祀ったのが太田神社であろう、という(以上、日本の神々3)

◎太田茶臼山古墳
 太田神社の東に隣接して『太田茶臼山古墳』と呼ばれる巨大古墳がある。全長226m、前方部幅147m、後円部直径135m、後円部高19mの前方後円墳で、古事記に“三島之藍御陵”・日本書紀に“藍野陵”・延喜式に“三島藍野陵 在摂津国嶋上郡”とある継体天皇の陵とされてきた。

 しかし、当地の所在地が嶋下郡であり延喜式にいう島上郡ではないことや、その型式や陪塚出土の埴輪の編年などから5世紀中葉から後葉の造成とみなされ、史書にある継体の没年(古事記:527年、書紀:531)と食い違うことから、当古墳を継体陵とするのは間違いで、本来の継体の陵は東方1.5kmの今城塚古墳(高槻市郡家、全長190m)というのが学会の定説となっている。
 なお、太田神社は当古墳築造以降の創建であろうという。
太田茶臼山古墳
太田茶臼山古墳・正面

トップページへ戻る