トップページへ戻る

摂津(嶋下郡)の式内社/佐和良義神社
大阪府茨木市美沢町
祭神−−迦具土神
                                                             2009.08.11参詣

 延喜式神名帳に『摂津国嶋下郡 佐和良義神社』とある式内社。

 阪急京都線・南茨木駅の東南約500m、駅前から大阪環状線沿いに南下、美沢ハイタウン内の幹線道路を東へ入り、高層住宅が途絶えた先に鎮座する。

 社名・佐和良義(サワラギ)の語意不明。社頭の説明には、当社北側一帯に広がる弥生時代からの大規模環濠集落・東奈良遺蹟(昭和48年-1973-発見、銅鐸鋳型・銅戈などの鋳銅遺物などが多数出土)との関係を匂わせて
 「迦具土(カグツチ)はカグの神、カグは銅の古語、サワラも銅器を指すので地名と神名が一致し・・・」
とある。古代の銅製品製作に係わって“鋳銅の神を祀る社”ということか。

 当地一帯は、古く、大阪湾からの海水が侵入する低湿地に開けた集落で、旧茨木川堤防際に立地する当社は沿岸・澤良宜郷(東澤良宜・西澤良宜・澤良宜浜)の入会地に立地した郷の氏神(通称:大宮さん)だったという(今、茨木川は河道改築されて上流部で安威川に合流し、旧茨木川は緑地化されている−元茨木川緑地)

 元茨木川緑地に接した南北に長い境内の南に大鳥居が立ち、緑に囲まれた長い参道の北側に南面して拝殿・本殿(春日造)が建つ。現在の社殿は、明治40年(1907)8月の茨木川堤防決壊によって流失したものを、大正6年(1917)に再建し、昭和51年(1976)に改築したものという。
 参道東側、覆屋の中に八幡社(祭神:応神天皇)の小祠があるのみで、他に末社などはない。

佐和良義神社/参道入口
佐和良義神社・参道入口
佐和良義神社/拝殿
同・拝殿
佐和良義神社/本殿
同・本殿

※祭神
 現在の祭神・カグツチは、記紀神話によれば、イザナミが国生み・神生みの最後に産んだ火の神で、イザナミはカグツチを産んだがためにホトを焼かれて逝去したという。
 カグツチについて本居宣長は、その著・古事記伝(1798)で、
 「迦具(カグ)は赫(カク:火が輝く意)と云意、其は迦賀とも迦藝とも迦具とも迦宜とも云て同意なり。・・・土は都(ツ)、例の助詞、知は例の尊称(霊)なり」
と記し、カグツチとは“火がチラチラと輝く霊”の意だといっている。

 また日本書紀・天岩屋戸の段の一書に
 「大神のかたちを映すものを造って招きだそうとして、石凝姥(イシゴリトメ))を工(タクミ)として、天香山の金(カネ)を採って日鉾を造り、また鹿の皮を丸剥ぎにしてフイゴを造った」
とあることから、カグツチとは“鹿子つち”であり、冶金に必要な火をおこす“フイゴの神”である(式内社調査報告1977)、ともいう。

 チラチラと輝く火の霊・フイゴの神、いずれにしろ、製鉄・製銅に係わる神として火の神・カグツチを祀ったともとれるが、管見するかぎり、当社祭神をカグツチとするのは明治以降の資料のみであって、江戸時代のそれには祭神名を記したものはない。明治以降発達した考古学上の所見によって、古代の鋳銅技術と結びついたのが火の神・カグツチかもしれない。

◎祭神についての異説
 ・迦具土神・天児屋根命−−大阪府誌(1903)・大阪府史蹟名勝天然記念物(1931)
   当地辺りは、鎌倉時代の頃に興福寺・春日神社の荘園であったことから、中臣氏の氏神・アメノコヤネを祀ったものだろうという。
 社前の石燈籠(明和5年-1768-寄進)に、“祭神としてアメノコヤネを祀る”との銘があり、大阪府史蹟名勝天然記念物は
   「もとはアメノコヤネを祀りしものなること明らかなり」というが、これは中世以降のことで、今は省かれている。
 ・平群都久宿禰命−−神名帳考証(1673) = 早良臣祖神−−神社要録(?)
   社名のサワラを早良と解して、新撰姓氏禄に「河内国皇別 早良臣 平群朝臣同祖 武内宿禰男平群都久宿禰之後也」とあることから、早良氏の祖・平群都久宿禰とする説だが、河内の早良氏が当地と関係していた資料はなく真偽不明。

 神社名(地名)・祭神ともに難解な神社だが、東奈良遺蹟から続く工人集落の人々が祀った神社である可能性は高い。

トップページへ戻る