トップページへ戻る

和泉(大鳥郡)の式内社/開口神社
大阪府堺市堺区甲斐町東2丁
祭神−−塩土老翁神・素盞鳴神・生国魂神
                                                               2011.01.11参詣

 延喜式神名帳に、『和泉国大鳥郡 開口神社』とある式内社。古くは“アキクチ”または“アキグイ”と呼ばれたらしいが、今は“アグチ”と読み、通称“大寺さん”と称する。

 南海本線・堺駅頭から発する街路・大小路シンボルロード(この道辺りが摂津国と和泉国の境界だったという)を東南へ約800m、市之町東交差点を右(南)へ入った西側、堺市の中心市街地の中に鎮座する。路面電車・阪堺線・大小路駅の南東約200m(同宿院駅の北東約300m)

※創建由緒
 当社由緒記によれば、
 「神功皇后が三韓(朝鮮半島)より石津浜に上陸され、塩穴松原にて忍熊王の反乱を平定するべく戦勝祈願の祈祷したおり、老漁師が赤目魚(鯛)を献上したことを吉祥の証と喜ばれ、八重潮路に向かう地に、塩土老翁(シオツチノオジ)の御魂をお祀りせよとの詔により開口神社が創建された」
とあり、
 大阪府誌(1903)によれば、
 「社記によりて当社の起原を尋ねるに遠く神功皇后の時に在りて、皇后の三韓を征して凱旋せらるるに当り、塩土老翁神この浦曲に影向有りて、眞住吉の国と宣ひしによりて茲に鎮座すと云ふ」
とあり、
 大阪府全誌(1922)には、
 「其の影向ありし時、今の川尻といへる所に於て御食を進め奉りしに、初めて口を開きましましけるにより開口の社名を為し、所在の開口村の称も是に因み、・・・」
とある。
 古道・竹ノ内街道の西端に位置する当社は、奈良時代に“開口水門姫神社”と呼ばれたように、大阪湾の出入り口(港)を護る役割を持つ神だという(由緒書)

 当社に関係して、住吉大社神代紀(731、異論あり)子神(末社)条に
 「開速口姫神社(アキハヤクチヒメ) (注)和泉国大鳥郡の開口神社(アクチ)なるべし」
とあり、住吉大社の末社(奥の院・外宮ともいう)という(女神を祀る社が男神を祀る当社と同じというのは疑問)
 また住吉関連の古書・住吉松葉大記(18世紀初頭頃)には、
 「住吉社の式年造営(20年毎)にあわせて当社も造営がおこなわれた」(大意)
と記し、更に
 「6月晦日(旧暦)の大祓のとき、住吉大社(大阪市住吉区)の神輿一基が開口宿院(当社南約300mの現宿院頓宮と一体化した呼称)まで渡御するが、その時、当社客殿で神輿供奉者を饗応した」(大意)
とあるように、住吉大社との関係が深かったようで、そこから住吉の祭神・神功皇后に関連つけたとも考えられる。

 当社創建の確たる時期およびその後の経緯は不明だが、
 ・敏達天皇11年(6世紀後期)−−掃部連矢追を遣わして神戸(カンベ)を定めた(神社記・時期不明)−−伝承
 ・聖武天皇18年(741)−−勅により社殿造営、翌19年天皇行幸(大寺縁起・1690-江戸元禄期)
 ・延喜の御代(901--23)−−神階従五位上を授与
 ・承平2年(932)−−正五位上に昇叙
などの記録からみて、早ければ6・7世紀、遅くとも8世紀前期には実在したらしい。

 なお、当社を“大寺”という由縁は、聖武天皇の御代、僧行基(668--749)がこの地に密乗山念仏寺(本尊・薬師如来坐像)を創建して(746)当社の神宮寺としたことから、社寺を合わせて大寺と呼ばれたという(式内社調査報告)。大阪近傍には行基開基とする寺が多く、当寺もそのひとつ。
 念仏寺は、弘仁年間(810--24)に弘法大師が参籠したことから、真言密教の道場・大念仏寺として存続したが、明治の神仏分離によって廃寺となっている。
 今、境内に残る薬師社が念仏寺の遺構、また廃寺後も三重塔を買い取った個人が、改めて神社に寄贈したことから残っていたが、戦災により焼失したという。

※祭神
 今、当社祭神は塩土老翁神(シオツチノオジ)他二座とするが、延喜式のそれはシオツチノオジ一座で、あとの二座は鳥羽天皇・天永4年(1113・平安末期)5月隣の原村鎮座の牛頭天王(現スサノオ)・木戸村鎮座の生玉神(イクタマ)を合祀したもので、開口三村大明神あるいは三村明神と呼ばれたという。

 シオツチノオジとは、日本書紀によれば
 ・兄海幸彦(ホスセリ命)の釣り針をなくして途方にくれている山幸彦(ヒコホホデミ尊−神武天皇の祖父)を、無目籠に入れて海神の都に送り出した老翁(神代紀)
 ・日向にいた神武天皇に、東方に良き土地があると教えて、東征のきっかけを作った老翁(神武紀)
として出てる神だが、別名も多い。

 祭神についても
 ・大寺縁起(1680)−−当寺鎮守垂迹の御神三村宮は、・・・底筒男命・中筒男命・表筒男命、これすなわち住吉の御神、塩土の老翁なり
 ・住吉松葉大記(18世紀初頃)−−開口神は塩土の老翁也、住吉大明神の再変塩土老翁神是也。・・・御神号を事勝国勝長狭尊(コトカツクニカツナガヲ)と申し奉る。
 塩梅(エンバイ−食物の調味)の事を司り給ふに依りて塩土老翁とも名付け奉る(大意)
 ・難波丸網目(1748)−−三村大明神はイザナギの御子、事勝食勝国長狭尊と申奉れり。塩梅の事を司どり給ふ・塩津老翁とも名付奉れり。これ海底三柱の御神なり。
 ・神社覈録(1870)−−事勝食勝国勝長狭(コトカツケカツクニカツナガヲ=事勝国勝長狭)
 ・特選神名牒(1925)−−開口明神は、イザナギの御子・事勝食勝国勝長狭也。後生玉明神・牛頭天王を合祭。住吉の外宮と為す。
 日本紀神代巻にイザナギの御子に開噛神(アキクイ)あり、古事記に飽咋之宇斯能神(アキクヒノウシ)あり。開口(アキクチ)・開噛(アキクイ)・飽咋(アキクヒ)、いずれも音近きを以て、考るに同神にやあらむ
などとあり、塩土老翁・住吉三神・事勝国勝長狭・開噛神・飽咋之宇斯神いずれも異名同神というが、事勝国勝長狭以外は別神とみるのが順当であろう(下紀)

 事勝国勝長狭−−日向に天降ったホノニニギ尊が、吾田の笠狭の崎に着かれたとき、その国を奉った神。イザナギの子で、またの名を塩土老翁という(書紀9段一書4)
 開噛神−−黄泉国から逃げ帰ったイザナギが黄泉平坂で投げ捨てた袴から成った神(書紀)
 飽咋之宇斯神−−イザナギが筑紫のアワキ原で禊ぎ祓いをしたとき、投げ捨てた冠から成った神(古事記)アキクヒとは口を開いて穢れを食う意ウシは主。
  住吉三神−−イザナギが筑紫のアワキ原で禊ぎをしたとき、海中の泡から成った神。底筒男・中筒男・表筒男神
住吉大社の祭神

※社殿等
 大通りに面する東側鳥居を入り、参道を進んだ右手に拝殿(唐風破風付き入母屋造・銅板葺)、その奥に本殿(流造・銅板葺)が建つ。

開口神社/鳥居
開口神社・東側鳥居
開口神社/拝殿
同・拝殿
開口神社/本殿
同・本殿

 当社には境内社が多く、由緒書によれば22社を数え、他に石塚3基・影向石・金竜井などがある。
 社殿裏手に7社合祀殿2棟と薬師社(瑞森瑠璃殿−念仏寺遺構)が、境内東側に2社合祀殿3棟と竈社(三宝荒神)および石塚2基・影向石1基(シオツチノオジ降臨場所との伝承あり)が並ぶ。

開口神社・境内社/7社合祀殿
7社合祀殿の一
(熊野・厳島・兜・八幡・琴平・神明・豊受)
開口神社・境内社/2社合祀殿
2社合祀殿・3棟
(菅原・岩室、軸松・松風、白髭・塞)
開口神社・境内社/薬師社
薬師社
開口神社/扇塚
扇 塚
開口神社/影向石
影向石
開口神社・境内社/竈社
竈社(三宝荒神)

トップページへ戻る