トップページへ戻る
大鳥神社へリンク

和泉(大鳥郡)の式内社/大鳥井瀬神社
付−−宿院頓宮
大阪府堺市堺区宿院町東2丁
祭神−−弟橘媛命
                                                             2011.01.11参詣

 延喜式神名帳に、『和泉国大鳥郡 大鳥井瀬神社』とある式内社だが、今は堺宿院頓宮になかに住吉四柱大神と共に合祀されている。大鳥五社大明神の一社。

 宿院頓宮は、南海本線・堺駅の南を北西から北東へ通るフェニックス通りを東へ約600m、通りの南側に鎮座する。阪堺線・宿院駅の東約300m。

※由緒
 当社の創建由緒・年代など不詳だが、神社明細帳(大正13年・1923)によれば、
 「文武天皇慶雲3年(707)、勅使菅生朝臣小村が幣帛を奉じて始めて三妃を祭り社殿を造営、当社もその一也。元泉北郡八田莊村大字堀上に鎮座の処、社殿頽廃に付き、明治11年(1878)4月大鳥神社に仮遷座を為し、明治41年9月官弊大社大鳥神社摂社として此地(現宿院頓宮)に移転。
 此地は古来住吉神社神幸の地なりしも、維新後該社(住吉神社)神幸廃絶す。是に於いて人民の誓願に任せ、当社(井瀬社)祓戸祭頓宮所とす(明治8年頃らしい−下記)。然るに該社神幸再興に付き、明治10年(1877)5月中、両社並に同区人民協議の上更に両社行宮とす」
という(式内社調査報告-1986)

 この伝承によれば、当社は慶雲3年泉北郡八田莊に創建され、維新後に頽廃したので明治11年大鳥神社(大鳥美波比神社ともいう)に移り、同41年宿院頓宮に遷座したことになる。

 当社の旧鎮座地については、次の2説がある。
 ・八田莊村堀上−−上記明細帳記載の地で、和泉国式内社目六稿(1874)には「所祭未詳 堀上村に在り」と記し、大阪府史蹟名勝天然記念物(1931)は、
   「大字堀上にありて明治初年に大鳥神社境内摂社大鳥美波比神社へ合祀すと為す。この説従ふべきか」
という。 大鳥神社東約2km余りの中区堀上町がある(市販の地図に八田莊保育園あり)
 ・平岡村−−和泉志(1736)には
   「平岡村大明神山に在り 今廃す」
とあり、神祇志料(1871)も同地に比定している。
   大鳥神社東約1km余りの石津川右岸(東側)に西区平岡町がある。この町の東南に隣接するのが堀上町。
 また、大鳥神社五社流記帳(922)には、
   「正三位井瀬社一所  庄大鳥里 ・・・
     川堰一所 字大鳥井  但禰宜を以て井司と為し 祝(ハフリ)を以て井守と為す云々」
とあり、庄大鳥里に川堰があり、禰宜・祝が祀っていたとある。ただ庄大鳥里の場所不明、“庄”が“莊”の俗字だとすれば八田莊内かもしれない。

 この両地の内、どちらが旧社地かは不明だが(式内社調査報告は、「社伝にも2説あったか」と推測している)、いずれにしろ、川堰あるいは井戸に関係することから、当社の始原は、水(あるいは水による禊祓)を司る神(水神)を祀った神社かと思われる。
 また、これら水神信仰・禊祓神事の場という伝承からみて、当社の創建を慶雲3年とするのは疑問で、慶雲3年とは、当社が大鳥五社明神として統合された時期かと思われる。

◎宿院頓宮
 宿院頓宮由緒書によれば、
 「当地は住吉大社の御旅所であり、堺鑑(1684・江戸前期)には、『此地は住吉明神毎年六月晦日の御祓御旅所也』とあり、・・
 住吉文書・社務日誌の明治8年(1875)8月1日付に、『此の年より大鳥神社宿院に神幸す』と記され、この頃から住吉大鳥両社の御旅所となった」
とある。

 当地は、古くから住吉大社の“夏越の祓”(ナゴシノハラエ)の場として、毎年6月晦日(旧暦)に神幸・神儀がおこなわれた場所で、上記神社明細書を勘案すれば、明治になって住吉の御幸が一時中絶していた頃、同じ禊祓に係わったと思われる大鳥井瀬神社が進出し、住吉神社の神幸再開により住吉大鳥両社の禊祓の場・御旅所となったとみられる。

 今、当頓宮には住吉大社境外末社・波除住吉神社と、大鳥神社境外摂社・大鳥井瀬神社が合祀され、毎年、7月31日に大鳥神社の、8月1日に住吉大社の神輿渡御(住吉祭)がおこなわれている。
 *波除住吉神社−−堺港内の静穏を祈って文化13年(1816)住吉分霊を勧請して港内に創建、大正10年(1921)当地へ遷座という。

※祭神
 今の祭神は弟橘媛命(オトタチバナヒメ)というが、吉備穴戸武媛(キビアナトタケヒメ)との説がある(大鳥五社縁起帳・和泉国大鳥神社流記)
 これらの祭神は、大鳥神社の祭神をヤマトタケルとすることから、摂社である当社および大鳥北浜神社・同浜神社の祭神として、ヤマトタケルの3人の妃(フタジノイリヒメ・キビアナトタケ・オトタチバナ)を振り充てたもので、資料によっては祭神名に異同があり、各社祭神は確定していない。

 オトタチバナヒメは、穂積氏忍山宿禰(ホズミノウジ オシヤマスクネ)の娘といわれ、タケルが走水(現浦賀水道)で海神の怒りを買い難儀したとき、その怒りを解くために入水して、タケルを救ったといわれる(景行紀)
 穂積氏は、新撰姓氏禄に「左京神別(天神) 穂積臣 伊香賀色雄男(イカガシコオ)大水口宿禰の後也」とあり、物部氏系と思われる

 キビアナトタケヒメは、ヤマトタケルに従って蝦夷征伐に向かった吉備武彦の娘。武卵王と十城別王を生んだとあるだけで、事蹟不詳。

 これに対して、大鳥神社の祭神を大鳥連祖神(アメノコヤネ)とみて、当社の祭神を“大野主命”とする説があり(和泉国式神私考-編纂時期不明)、式内社調査報告は「堰に関連する大野主命と考える方が妥当であろう」と記している。ただ、大野主命の出自・事蹟など不詳。

 社名・井瀬からみて、上記のように水あるいは禊祓に係わる神とみるべきだろうが、それが大野主命に係わるかどうかは不明。

※社殿等
 フェニックス通りに面する鳥居を入った左手に、大きな唐風破風をもつ社殿が西面(正確には北西面)して建つ。周りの建物近接のため背後の本殿など実見不能。
 今、頓宮内に大鳥井関神社単独の社殿はなく、住吉・大鳥両社相殿となっている。ただ大正10年頃の設計図には「右方大鳥」とあり、同じ様式の社殿2社が並祀されていたが、戦後の再建時(昭和24年-1949)に相殿となったという。今の社殿は平成11年改修のもの(頓宮由緒書)

 なお、社殿の反対側に高さ1mほどの石が祀られ、鳥居前に“飯匙堀”との小石標が半ば土に埋まって立っている。堀が埋まった址かと思われる。
 飯匙堀とは、海幸山幸説話の山幸彦が持っていた潮干珠を埋めた処で、堀の形が飯匙に似ていることからの呼称といわれ、住吉祭の神輿到着後、この前で“荒和大祓神事”がおこなわれたという。

宿院頓宮/鳥居
宿院頓宮・鳥居
宿院頓宮/社殿
同・社殿
宿院頓宮/飯匙堀址?
同・飯匙堀址?

トップページへ戻る] 〈大鳥神社へリンク