トップページへ戻る

出雲の伝承/八本杉
島根県雲南市木次町里方
付−−斐伊神社
                                                         2012.08.28参詣

 雲南市の北部、斐伊川と赤川との合流点南の集落内にある、八岐大蛇関連の伝承地。

 集落内の道路脇、低い木柵に囲まれた中に8本の杉の木が聳え、その中央に「神代□(神か)蹟 八本杉」と刻した自然石の碑が立っている(大正6年建立)

八本杉・側面
八本杉・側面
八本杉・正面
八本杉・正面
八本杉/石碑
八本杉の石碑

※由来
 この八本杉の由来については幾つかの伝承があるようで、当地には二つの案内板が立っている。
 ・八本杉の由来
  出雲神話での主役はなんといっても須佐之男命と八岐大蛇であるが、この八本杉は、その古戦場で、古事記にのっている八岐大蛇退治の物語には、須佐之男命がからだが一つで頭が八つ、尾が八つの大蛇を退治し、その八つの蛇頭をこの地に埋めて、八本の杉を植えられたところから、八本杉の名が起ったという。

 ・八岐大蛇伝説由来の地・八本杉
  須佐之男命は八岐の大蛇を退治し、再び生き返って人々に危害を与えないように、八つの頭をこの地に埋め、その上に杉を植えられた場所です。そして、『我たのむ 人の恵みの杉飢えて 八重垣かこみ守る末の世』と詩を詠まれた地です

 ・また地元には
 「須佐之男命が八岐大蛇を斬ったあと、その角を埋めた所で、須佐之男命は稲田姫と一時ここに隠れ、須賀の地に移るときに8株の杉を植えた」
との伝承があるという(日本の神々7・2000)
 これらの伝承は、時代とともに加上・変更が加えられたもので、どれが原型に近いかは不詳。

 この杉は、斐伊川の氾濫により何度も流失して、その度に補植され、現在の杉は明治6年(1873)に植えられたものという(スサノオ信仰事典2004)

◎斐伊神社
 当伝承地の東約100mほどの地(雲南市木次町里方字宮埼)に、斐伊神社(ヒイ又はヒ)という神社がある(時間なく不参詣)

 この神社は、
 ・出雲国風土記・大原郡−−樋の社(ヒノヤシロ) 樋の社 
とある同名の2社をを合祀したもので、延喜式神名帳には
 ・出雲国大原郡 斐伊神社 同社坐斐伊波夜比古神社(ドウシャニマス ヒイハヤヒコ)
とあるが(神亀3年-726-樋を斐伊に改姓)、合祀以前は、どちらかの社が八本杉の地にあったという。

 ただ、出雲風土記鈔(1683・江戸前期)には、
 「樋社、同樋社、此の二社、式には斐伊社、同社坐斐伊波夜比古神社と載す。今、斐伊郷宮埼大明神を以て、斐伊波夜比古神社と云い、八岐大蛇の八筒角杉社を以て樋社(斐伊社)と云う也」
とあり、八本杉の地にあった社は斐伊神社だという。

 一方、雲陽誌(1717・江戸中期)には
 「宮埼大明神、稲田姫命をまつる。延喜式には斐伊社・同社坐斐伊波夜比古神社と書す。風土記には樋社・同樋社なり。一所(樋社=斐伊社)は斯所(コノトコロ)なり。八岐大蛇の角を埋し所を同樋社(同社坐斐伊波夜比古神社)とす。
 老祠官伝へ云う、素盞鳴尊大蛇を斬たまひて後、清地(スガノチ・現須我神社)へ稲田姫を入れたまふとき、爰(ココ)を通たまふ。故に通速姫命といふ。是則ち稲田姫なり」
とあり、スサノヲが八岐大蛇を斬った後、イナダヒメと共に当地を通られた縁により祀った社で、それは同樋社(同社坐斐伊波夜比古神社)のことだという。(以上、式内社調査報告・1983)

 伝承に混乱があってどちらとも決めがたいが、現斐伊神社の祭神が、
 ・斐伊神社−−須佐之男命・稲田姫命・伊都之尾羽張命(イツノオハバリ・イザナギがカグツチを斬った刀の神格化)−−斐伊郷の地主神か
 ・同社坐斐伊波夜比古神社−−樋速比古命(ヒハヤヒ)・甕速比古命(ミカハヤヒ)・火R毘古命(ヒノカグヒコ)−−在地豪族樋氏の氏神か
とあり、斐伊神社がスサノヲ以下を祀るものの、これを斐伊郷の地主神と推測することからみて、同社が八本杉の地にあったとみるのが順当かもしれない。

トップページへ戻る