トップページへ戻る

出雲の神社/布須神社
A:島根県雲南市木次町宇谷
B:島根県雲南市加茂町延野
祭神−−須佐之男命・稲田姫命
                                                        2012.08.28参詣

 延喜式神名帳に、『出雲国大原郡 布須神社』とある式内社で、出雲国風土記・大原郡の条には“布須の社”(在神祇官社)とあるが、雲南市加茂町にも同名の神社があり論社となっている。社名は“フス”と読む。

 布須神社・木次町−−JR木次線・木次駅の東方山中にある小社。
   同  ・加茂町−−木次町の北方、斐伊川に合流する赤川の北側にある小社−−不参詣。
 いずれも、地理不案内のため、具体の記述は不能。

【布須神社】(木次町)
 社頭に掲げる案内には、
 「建立の年代は不詳、当社は延喜式に記載のお社で、出雲国風土記にいう布須社である。昔から人々に室山さんと呼ばれて崇敬されている。
 風土記には、『神須佐乃乎尊御室令造所宿給 故云御室』と記されている。
 神代の昔、須佐之男命が八岐大蛇を退治されたときに、『八塩折の酒』を造らせられ、御室(神の御座所)を設けて宿らせられた所であるという。
 神社は室山の南半腹に造営されており、太古から御本殿はなく、室山そのものを御神体として崇敬する神奈備式のお社である」
とある。

 当社は、出雲国風土記・大原郡の条に
 「御室山(ミムロヤマ) 郡家の東北十九里百八十歩。神須佐乃乎命 御室(ミムロ・窓のない家屋・岩窟)造らしめ給ひて、宿りし所なり。故、御室という」
とある御室山に比定されている室山(H=260m)の山頂に近い南側山腹に鎮座する。

 ここでいう御室とは、スサノヲが八岐大蛇を退治するとき、脚名椎(アシナツチ)・手名槌(テナツチ)の両者に
 「汝等八塩折の酒(ヤシホオリの酒、幾度もくり返して醸した酒→強い酒)を醸み、また垣を作り廻し、その垣に八門を作り、門ごとに八さずき(棧敷)を結び、そのさずきごとに酒船(サカブネ・酒を入れた甕)を置きて、船ごとにその八塩折の酒を盛りて待て」(古事記)
と指示した処というが、記紀には、スサノヲが八岐大蛇を退治した処は“肥の川”(古事記、書紀では簸の川)の上流というだけで、それが当地(御室山)であると示唆する記述はない。

 当地・木次町について、出雲国風土記には
 「大原郡・来次の郷(キスキノサト)  郡家の正南八里 所造天下大~命(オオナムチ)が、『八十神は、青垣山の内には居させまい』とおっしゃって、追い払いなさったときに、此処まで追って追いつき(キスキ)なさった。故、来次(キスキ)という」
とあり、根の国から帰って国土平定を目指すオオナムチ(オオクニヌシ)が、八十神を追ってここまで来たとはいうものの、八岐大蛇にかかわる記述はみえない。

 ただ、当社の北3kmほどにある式内・佐世神社の鎮座地・佐世(現雲南市大東町)には、
  「大原郡・佐世の郷  スサノヲ命が佐世の木の葉を髪飾りとして踊られた時に、挿していた佐世の木の葉が地面に落ちた。故 佐世という」(出雲国風土記)
との地名説話が残り、当地付近におけるスサノヲのかかわりが窺われるが、そのスサノヲは、木の葉を頭に挿して踊る素朴な神であって、大蛇を退治するような荒ぶる神ではない(御室山伝承のスサノヲも同じ)

 また、斐伊川の対岸(西側)にあった飯石郡熊谷の郷(クマタニノサト・現雲南市三刀屋町熊谷)の地名説話として、
 「古老伝え云うには、久志伊奈大美等与麻良比売命(クシイナタ ミトヨマヌラヒメ)が出産しようとするときになって、生む処をお求めになった。その時、此処にやってきて『とても奥深い(クマクマシキ)谷だ』とおっしゃった。故に熊谷(クマタニ)という」
とあるが、ここにいう女神・クシイナタミトヨマヌラヒメは記紀にいうイナダヒメ(記:櫛名田比売、紀:奇稲田姫、いずれもクシイナタヒメ)に当たるという。
 当社の南西・斐伊川対岸に鎮座する河辺神社(木次町上熊谷中ノ段)が、クシイナタミトヨマヌラヒメ出産の地という。

 当地にスサノヲ・イナダヒメ両神にかかわる伝承が幾つかあり、また八岐大蛇にかかわる伝承地が点在している。
 室町末期の古書・雲州樋河上天淵記(1523)によれば、伝承地として
 ・佐草の八重籬−−スサノヲがイナダヒメを隠した処−−現八重垣神社佐久佐女の森(松江市佐草町)
 ・天が淵−−八岐大蛇が潜んでいた水窟−−天が淵(雲南市木次町湯・当社の南西約8km)
 ・来次(木次)の八本杉−−切られた大蛇の首(角ともいう)が埋まっている処−−現八本杉(雲南市木次町里方・当社の西約4km)
 ・皮原−−腹の皮が流れ止まった処−−不明
 ・三刀屋尾崎−−切られた八つの尾が流れ着いた処−−尾留大明神旧社地(雲南市加茂町三代)
 ・草枕−−毒酒に酔った大蛇が枕として寝た処−−現草枕山(雲南市加茂町神原、当社の北西約8km)
 ・銕築地−−毒酒を呑んだ大蛇が苦しみのあまり体を擦りつけた跡−−各処(古代の砂鉄精錬所跡という)
などがみえ、その幾つかは今も旧跡として残っている。
 (雲州樋河上天淵記−−東福寺の僧・季庵が出雲を旅し、八俣大蛇関連の伝承を集めたものというが、詳細不明)

 社頭の案内後段に、“当社は本殿がない神奈備式の社である”というように、今もって本殿はなく、背後の室山が神奈備山(神が坐す山・神が降臨する山)として拝されおり、創建時の当社はスサノヲ・イナダヒメを祀っていたのではなく、素朴な山の神信仰(水神・田の神信仰)が原姿ではないかと推測される。
 その神奈備である室山が風土記にいう御室山と比定されたことから、何時の頃かスサノヲと結びつき、山の神は水の神であり、水神は蛇として現れることから、水神としての蛇が八俣大蛇神話と結びついたとも解される。

 因みに、現地ガイドの話では、当地付近には古くから“山ブドウ”などの果木が多いことから、スサノヲが作らせた八塩折の酒とは“果実酒”ではなかろうかという。

 上記案内によれば、
 「社記によれば、文徳天皇の御代(850--88)に正六位上の社格を授けられ、延喜式(927)には官弊社に列せられるなど神格の高い神社で、・・・」
とあるが、これが当社に対するものか、加茂町の布須神社に対するなのかを判断する資料はない。
 なお、文徳朝に綬叙された正六位上とは、文徳実録(879)仁寿元年(851)条に
 「正月庚子 勅して、天下の諸神 有位無位を問わず 正六位上に叙す」
とある不特定の神々に対する綬叙記録であり、当社の名を挙げてのものではない。

 また、「(社記には)その後、社頭は荒廃したままになっていたが、治承年中(1177--81)に多くの石を積んで祠を造営し、弊を捧げて玉垣で囲み敬拜したと記されている」
ともいう。今の社殿は高い石垣の上に鎮座し、その面影はあるものの玉垣は見えない。

※社殿等
 室山山麓に一の鳥居が立ち、急な石段を登った上、山腹に石垣を積みあげて造った狭い境内に拝殿のみが建っている。
 拝殿の背後に背の低い二の鳥居が立ち、この鳥居を通して、背後に迫る神奈備・室山を拝するようになっている。
 現地の状況からみて、当社は室山山腹というより、山頂近くに鎮座しているとの印象が強い。

布須神社/一の鳥居
布須神社・一の鳥居
布須神社/拝殿に至る石段
同・拝殿に至る石段
布須神社/拝殿正面
同・拝殿正面
布須神社/拝殿側面
同・拝殿側面
布須神社/二の鳥居
同・二の鳥居(拝殿背後に立つ)
布須神社/拝殿背後の神奈備山
同・拝殿背後の神奈備山(室山)

◎釜石
 雲南市木付町寺領(布須神社の近くらしいが、地理不案内のため不詳)
 社頭の案内に
 「神社の麓には『釜石』といわれる神石がある。須佐之男命がここで酒を造られたとの言い伝えがある」
とある。

 訪問時期が夏の終わりであったため、現地は雑草生い茂る蚊の住処とのことで実見していないので何ともいえないが、管見資料の写真(右写真)によれば、数個の巨石が集まっている磐座らしい。
 これからみると、釜石は、神奈備・室山を拝した古代の拝所跡(磐座)を、後世、スサノヲの八塩折の酒伝承と関連つけたものではないかと思われるが、それを証する資料はない

釜石(スサノオ信仰事典より転写)

【布須神社】(加茂町)−−不参詣
 祭神−−須佐之男命・稲田姫命
  合祀神−−大山祇命・玉依姫命・別雷命(合祀する糺神社の祭神)

 当社に関する資料は少ないが、式内社調査報告(1983)には
 「太古には布須の地霊神を祀ったものであろうが、中世以来、須佐之男命と稲田姫命を祀り、中世、延野が福田庄に入るに及んで糺明神(タダスミョウジン)を合わせ祀り、一時主客顛倒されたこともあった。今は旧名に復し、且つ両社を合祀されている」
とあるが、創建由緒・年代などは記載されておらず、詳細不明。

 糺明神云々とは、中世の頃、当地が京都の賀茂神社の社領であったことから、当社近くに賀茂神社の分霊を奉祀し糺神社(糺明神)と称していたが、近世末頃にその社が朽損した際、当社に合祀されたためで、江戸後期の資料・国中神社拝礼(1848)には、
 「加茂郷延野、布須神社 素盞鳴尊、同坐 糺神社 玉依姫」
とあるという。

 ただ、上記調査報告には、
 「出雲国式社考(1843・江戸後期)に、『予按ふに、大原郷は須佐之男命の故跡多く、殊に風土記に須我社もあれば、此大~を祭れる社の多からむも諾なれども、社家の説、或説等を見るに、多く須佐之男命を祭るといへり。笑うべき事也。他神を祭れる社もあるべきを、いづくにも須佐之男命々々といふはおかしき事也。此の布須神社も何れの神をまつれるにか、未詳」
とあるのは至当であろう」
とあり、当社にスサノオ・稲田姫命祀ることに疑義を呈している(布須神社・木次町にも当てはまるか)

 なおネット資料によれば、
 「境内に“布須池”と称する池があった。古来神事以外にこの水を用いないことにされた神聖な池であった。中古、当社が火災にあった時、社宝をこの池に投入して災厄を免れたとの古伝があったため、大正7年10月、この池を浚渫したところ、鎌倉様式の銅鏡一面、直刀の破片・金属の鞘が出現して、今に社蔵されている。この池は昭和39年の豪雨で埋没した」
とあるものの、当社の創建由緒などは記しておらず、又これらの出典資料も不明。

トップページへ戻る