トップへージー戻る

出雲の神社/須我神社
島根県雲南市大東町須賀
祭神−−須佐之男命・奇稲田比売命・清之湯山主三名狹遅彦八島野命
                                                        2012.08.28参詣

 松江市の南、雲南市の北東部の県道24号線沿いに鎮座する素戔鳴尊関連の古社。
 出雲風土記・大原郡条には「須我の社」(不在神祇官)とあるが、延喜式内社には列していない。

※由緒
 社頭に掲げる由緒によれば、
 「古事記(712)所載では、肥河上で八俣遠呂智(ヤマタノオロチ)を退治せられた速須佐之男命は、宮造るべき所を求めて此処出雲国須賀の地においでになり、『吾此地に来まして我が心須賀須賀し(スガスガシ)』と仰せになって、此地に宮殿をお造りになりました。
 その時、その地より美しい雲が立ち騰がるのをごらんになり、『八雲立つ出雲八重垣つまごみに 八重垣つくるその八重垣を』の御歌をお詠みになりました。
 即ち、此地が古事記・日本書紀等に顕れる日本初之宮であり、此処が三十一文字和歌の発祥地で、この御歌の出雲が出雲国名の起元であります。
 ・・・・・
 また、須賀山(御室山・八重山)の山懐には巨岩の夫婦岩(磐座)並びに小祠があり、須賀社奥宮として祭祀信仰されています」
という。

 この由緒は、須我にかかわる古事記の記述と略同じで、古事記には
 「(八岐大蛇を退治した後)速須佐之男命、宮造るべき地を求(マ)ぎたまひき。ここに須賀の地に到りまして詔りたまはく、『吾ここに来て、我が心すがすがし』とのりたまひて、そこに宮を作りて坐(イマ)しき。故、そこは今に須賀といふ。
 この大神はじめて須賀宮を作りたまひし時、そこより雲立ち騰(ノボ)りき。ここに御歌をよみたまひき。その歌に曰はく、
  八雲立つ、出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣を」
とあり(書紀も略同意)、当由緒はこれに依ったものといえる。

 この由緒からみると、当社はスサノヲにかかわる重要な神社ととれるが、出雲風土記では大原郡の条に“須我の社”と記されてはいるものの、同郡所属の神社39社の36番目(国の奉幣をうけない不在神祇官社)であって重要な神社とは見なされておらず(風土記の記載は社格順という)、また延喜式神名帳にも列していない。

 また、当地が属する出雲風土記・大原郡海潮郷(ウシホノサト)の項には
 「海潮の郷 郡家の正東16里33歩 古老伝へ云はく、宇能治比古命(ウノチヒコ)、御祖・須義祢命(スガネ、両神とも出自・神格不明)を恨みて、北の方、出雲の海潮を押し上げて、御祖の神を漂はすに、此の海潮至りき。故、得潮(ウシホ)という。神亀3年(726)、字を海潮と改む」
との地名説話を記すのみで、スサノヲに関する記述はない。

 上記由緒をうけて、スサノヲが始めて建てた宮が当社であるとして、社頭には“日本初之宮”との石碑が立っているが、出雲風土記では異なっており、飯石郡の説明のなかに、
 「須佐の郷 郡家の正西19里 神須佐能袁命、『此の国は小さき国なれども、国処在り(住むに良い処だ)。故 我が御名は木石には着けじ(地名としよう)』と詔りたまひて、即ち己が命の御魂 鎮め置き給ひき。然して即ち大須佐田・小須佐田(神田)を定め給ふ。故 須佐と云ふ」
とあり、須佐の地(現出雲市佐田町須佐)に鎮座する“須佐の社”(飯石郡の筆頭神社→現須佐神社)をもってスサノヲが御魂を鎮めた処即ち宮処という。

 出雲国風土記におけるスサノヲは、4箇所、
 ・意宇郡安来郷(現安来市)−−この地にやってきて、「私の心は安らかになった」といった→地名・安来の由来
 ・飯石郡須佐郷(現出雲市佐田町)−−「ここは小さいけれども住むに良い国だ」と述べ、御魂を鎮めた→地名・須佐の由来。
 ・大原郡佐世郷(現雲南市大東町)−−佐世の木の葉を頭に挿して踊った→地名・佐世の由来。
 ・大原郡御室山(御室)−−御室(ミムロ・窓のない建物)を造って宿った→山名・御室山(現室山)の由来。
にみえるが(他に、御子神関連7ヶ所があり、父子併せると出雲郡・楯縫郡を除く出雲国全域にわたっている)、その内容はほとんどが地名説話であって、記紀にいう荒ぶる神・スサノヲの面影はなく、また八岐大蛇にかかわる話はみえない。

 また、当社では、古事記にいうスサノヲが詠んだ“八雲立つ・・・”の歌を以て出雲国名の始まりとするが、出雲国風土記では異なっており、意宇郡条冒頭にいう
 「国引き坐しし八束水臣津野命(ヤツカミヅオミヅノ)が、『八雲立つ出雲国は、狭布(サヌノ、幅の狭い布)の稚国(ワカクニ)なる哉、初国小さく所作れり。故、作り縫はな』と詔りたまひて・・・」
との伝承、即ち、出雲土着の神・ヤツカミズオミヅノ神(国引きの神)の言・“八雲立つ出雲国”を以て国名の由来という。

 このように、古事記のおけるスサノヲ関連の事蹟と出雲風土記のそれとは、その内容が大きく異なっている。
 その理由として、風土記編纂指令(和銅6年-713)のなかに、“山川原野の名号の所由・古老の相伝する旧聞・異事を史籍として報告せよ”とあり、これをうけて当風土記は地名説話を中心に編纂し、それ以外の、既に中央に知られていた伝承・旧聞などは省いたのではないか、との説がある。
 しかし、出雲国以外の風土記が中央から派遣された国司等がかかわったのに対して、出雲風土記の編集責任者が出雲国造・出雲臣広島であることから、記紀等とは無関係に出雲国に残る伝承等を纏めたという説が有力で、とすれば、記紀にいうスサノヲ関連の事関は出雲での実態を写したものではないともとれる。

※祭神
 素盞鳴尊・奇稲田姫命(クシナダヒメ)は上記由緒にもとずく祭神で、C之湯山主三名狹漏彦八島野命(スガノユヤマヌシミナサロヒコヤシマノミコト)はスサノヲ・イナダヒメの御子神で、書紀8段一書1にスサノヲの御子神とあり(古事記では八島士奴美命−ヤシマシヌミ)、オオクニヌシの5代前の祖という。

 なお、栞には合殿神として“建御名方命”(タケミナカタ)の名がある。
 この神は、国譲り交渉に際して、これに反対して武甕槌命(タケミカツチ)と争って敗れ諏訪の地にまで逃れたという神(諏訪神社の祭神)で当社との関係はみえず、この神が当社に合祀されている由緒は不明。

※社殿等
 道路脇の鳥居の先、一段高くなった上に隨神門(入母屋造・瓦葺)があり境内に入る。
 境内奥の石垣の上に唐破風向拝を有する拝殿(入母屋造)が、その奥に本殿(大社造・銅板葺)が建つ。
 境内には、幾つかの小祠があり、末社と思われるが詳細不明。

須我神社/鳥居
須我神社・鳥居
須我神社/境内全景
同・境内全景
須我神社/拝殿正面
同・拝殿正面
須我神社/拝殿側面
同・拝殿側面
須我神社/本殿
同・本殿

◎奥宮
 当社参詣の栞によれば、
 「神々の宿る八重山(須我神社の北東約2km)−御室山の中腹にそそり立つ巨岩(夫婦岩)、大中小三つの磐座(スサノヲ・イナダヒメ・御子神に充てる)は、古代における須我神社の祭祀の地であり、須我神社奥宮として崇敬され、参詣に訪れる人々を神秘の世界に誘い込みます」
とある。

 この磐座が、須我神社の古代における祭祀の地ということは、当社の原姿は、八重山を神奈備山として拝した素朴な古代信仰・磐座信仰であって、そこに、古事記にいうスサノヲの事蹟を被せたのが現在の須我神社であることを示唆している。
須我神社奥宮/磐座
須我神社奥宮・磐座
(参道入口の案内板より転写)
須我神社奥宮/参道入口
奥宮・参道入口
 参詣当日は、あいにく小雨も降りだし、参道(山道)が険しいとのことで、参道入口まで行っただけで奥宮(磐座)は拝していない。

トップページへ戻る