トップページへ戻る

伯耆の神社/唐王神社
鳥取県西伯郡大山町唐王
祭神−−須勢理毘売命
                                                        2012.08.28参詣

 山陰本線・大山口駅南方の集落のはずれにある神社だが、記紀はもちろん延喜式なとの古史料にもみえず(伯耆国風土記は残っていないため不明)、その当時(10世紀以前)にはなかったと思われるが、その創建年代は不明。社名は“トウノウ”と訓む。

※由緒
 社頭に掲げる案内(大山町教育委員会掲示)には、
 「当社は、大国主命の妻、須勢理毘売命(スセリヒメ)を御神体とし、唐王御前(トウノウゴゼン)といわれ、古事記の神話によって毒虫よけ、マムシよけの神として崇められ、玉垣内の砂をいただいて、田畑にまけば毒虫が去り、家屋敷にまけば蟻や百足が退散するご利益があるといわれています」
とあり、創建由緒というよりご利益主体の案内となっている。

 これに対して、ネットに見える当社公式サイトには、鳥取県神社誌からの引用として
 「スセリヒメ命は古来唐王御前神社と称し、普く庶民の尊崇他に異なれる旧社なり。
 社伝に曰く、スセリヒメ命はオオクニヌシ大神と共に夜見の国より帰り座して、土地経営の神功を畢(オ)へ、稼穡(カショク・農業)の道を立て、疾苦患難の神咒(カジリ)の法則(コトワリ)を萬世に垂訓し給ひて、オオクニヌシ大~は永く日隅宮(ヒスミノミヤ=出雲大社)に鎮座し、スセリヒメ命は此地に鎮座す。
  ・・・・・
 社伝口碑によるに、此の所は正しくスセリヒメ命の御陵ならむと、太古より一社の伝説あり。
 往古は、此地も出雲の国境なるや詳かならざれども、出雲風土記に『持ち引ける綱は夜見の島なり云々』とある。中世海洋を隔つる外国は総て加羅(カラ)と称せり、故を以て夜見国より帰り給ひしをも唐土より来り給へるものとし、又、オオクニヌシ大~の后神なるを以て唐王御前(トウノウゴゼン)と称(タタ)へ奉りしなり。云々」
と記している。

 簡単にいえば、スサノヲの娘・スセリヒメはオオクニヌシ(オオナムチ)とともに根の国から帰って、農業の道・病苦治癒の方法をお教えになり、オオクニヌシは出雲大社に、ヒメは当地に鎮座された。
 社伝によれば、当地はスセリヒメの御陵という伝承がある。
 当社を唐王御前神社というのは、昔、海の向うの地をすべて加羅と呼んだことから、スセリヒメが夜見国から帰られたのを唐土(カラノクニ)からやって来られたとして、このように呼んだ、となる。
(古く、中国大陸・朝鮮半島を大きくカラノクニと呼んで、漢・韓の字を充てた例は多いが、これに唐の字を充てトウと呼ぶのは珍しい)

 社頭の案内にいう、「毒虫よけ・マムシ除けの神」とは、スサノヲのいる根の国(地底にあるとされる異境、黄泉の国・死者の国とされるが、ニュアンスはやや違う)で、スサノヲがオオナムチに課した、蛇・ムカデ・蜂の部屋に入れられるという試練を、スセリヒメから与えられた比礼(ヒレ・災難除けの呪力をもつというスカーフ状の布、物部氏に伝わる十種の神宝の一つで死者をも蘇らせる呪力があるとされた)によって切り抜けたという説話によるもの。

 オオナムチの根の国訪問について、古事記には、概略
 ・八十神の迫害から逃れたオオナムチは、八十神からの迫害を避けるためにスサノヲのいる根の国に赴き、スサノヲの娘・スセリヒメと出逢い結婚しようとされた。
 ・それを聞いたスサノヲは、オオナムチを試すために、まず蛇のいる部屋に寝かせたが、スセリヒメが蛇の害をはらう呪力をもつ比礼を与え、『蛇が噛みつこうとしたら、これを三度振って打ち払いませ』と告げたので、ヒメがいうとおりにしたら、蛇が鎮まり、無事に一夜を過ごすことができた。
 ・次にスサノヲは、蜈蚣(ムカデ)と蜂のいる部屋に入れたが、今度も、ヒメが与えたムカデとハチの害を祓う比礼の呪力のおかげで、無事に一夜を過ごせた。
 ・次に、野の中に射込んだ鏑矢を探してこいと命じられ野に入ったオオナムチに対して、その周りから火を放って焼き殺そうとしたが、鼠の助けを得て、無事に鏑矢を持って帰ることができた(スセリヒメの助けはない)
 ・最後に、スサノヲは自分の頭に巣くうシラミ(実はムカデ)を取るよう命じたが、スセリヒメが与えた椋の実と赤土を噛み砕んで吐きだし、ムカデを取っているように見せかけたので、スサノヲは心を許し眠ってしまった。
 ・オオナムチは、寝込んだスサノヲの髪を家の垂木に結びつけ、扉の前に大石を置き、スサノヲの宝物である生太刀(イクタチ)・生弓矢(イクユミヤ)・天の詔琴(ノリゴト)をたずさえ、スセリヒメを背負って逃げ出した。
 ・しかし、詔琴が木に触れて大きな音を立てたことから目を覚ましたスサノヲは、黄泉比良坂(ヨミノヒラサカ・異界と此世との境界)まで追いかけ、遠くを行くオオナムチとスセリヒメに対して、
 『その生太刀・生弓矢を以て腹違いの兄弟を追いはらい、偉大なる国の主・大国主(オオクニヌシ)となって、スセリヒメを正妻として、宇迦(ウカ)の山(出雲大社北方の出雲御埼山とされる)の麓に大きな宮殿を建てて住め』
と仰せられた。
 ・オオナムチは、生太刀・生弓矢(邪霊撃退のための呪的武具)を以て八十神たちを追い払い、国造りを始めた。
とある。

 この種の説話は、オオナムチに加えられた八十神の迫害と同じく、古代の秘事集団・巫覡集団への入門式において候補者がうける種々の苦行による死と冥界入り、そこからの復活を説話化したものというが(松前健・出雲神話1966)、一般には「英雄求婚・呪術遁走型説話」ともいう。
 それは
 @青年英雄が敵人(他界の王者・巨人・怪物・敵国など)の所へ赴く
 A敵人は青年英雄に、死をもたらすような種々の困難な業務を課す
 Bその度毎に、敵人の女が英雄を救い助ける
 C最後に、青年英雄はこの女を連れてその国から逃亡する
 D追ってくる敵人を、いろんな物(障害物となって逃走を助ける呪具)を投げることで防ぐ
 E帰国して、二人は幸福を得る
というもので(高木敏雄説を簡略化)、世界各地に広く残っているといわれ、上記オオナムチの根の国訪問譚は、Dは欠いているものの、典型的な英雄求婚譚という。

 当社は、オオナムチの正妻・スセリヒメを主祭神とする神社だが、それが、オオナムチが坐す出雲・杵築の地から東へ約80kmも離れた伯耆国の当地にあるのは解せない。
 上記の公式サイトは、
 「タカミムスヒが、国を譲られたオオクニヌシに娘・三穂津比売姫(ミホツヒメ)を娶せたことから、スセリヒメは、この天つ神の娘である新しい后を怖れて、身をひいて当地に移られたと想像できる」(大意)
という。

 この話は、書紀・葦原中国平定の段・第2の一書によると思われるが、そこには
 「オオナムチの国譲りに従って帰順した首長は、オオモノヌシとコトシロヌシである。そこで八十万神を天高市に集めて、この神々を率いて天に上って、その誠の心を披露された。
 そのときタカミムスヒが、オオモノヌシに、『お前がもし国つ神を妻とするなら、吾はお前がなお心を許していないと考える。それで、いまわが娘のミホツヒメをお前に娶せて妻とさせたい。八十万の神たちを引き連れて、永く皇孫のために守って欲しい』といわれて、還り降らされた」
とあり、ミホツヒメを娶ったのはオオモノヌシであってオオナムチではない。

 ただ、オオモノヌシとオオナムチ(オオクニヌシ)は同一神とされることから(書紀・一書6)、オオナムチともとれるが、前後の記述からみて、この段のオオモノヌシは別神と解するのが適当と思われる。
 また、記紀にいうオオナムチ(オオクニヌシ)の数多い后たちのなかにミホツヒメの名はない。

 これらは全て神話上の話だから、どのように解釈するかは自由だが、上記の想像はやや無理筋であろう。

 ただ、古事記に、オオナムチがスセリヒメを連れて根の国から帰ってきたため、先にオオナムチと結ばれ出雲に来ていたヤガミヒメが、「その本妻・スセリヒメを怖れて、その生んだ子を木の股に差し挟んで因幡へ帰った」(大意)とあり、これからの類推かもしれない。

 また地元には、オオナムチがミホツヒメを娶るに先立って、オオナムチとスセリヒメの二人がヒメが住むべき土地を探してまわり、最後に、当地に落ち着いたとの伝承があるというが(現地ガイド)、後世、当社にスセリヒメを祀る理由として作られたものであろう。

 ただ、記紀ではスセリヒメはオオナムチの正妻とされるが、出雲国風土記にスセリヒメの名はみえない(当社が属する伯耆国風土記は残っていない)
 ただ、神門郡滑狹郷(カンドノコオリ ナメサノサト、現出雲市神西町付近)の条に、
 「滑狹の郷 郡家の南西8里 須佐能袁命(スサノヲ)の御子、和加須世理比売命(ワカスセリヒメ)(イマ)しき。
 その時、所造天下大御~(アメノシタツクラシシオオミカミ=オオナムチ)、娶(ア)ひて通ひ坐(マ)しし時、その社の前に盤石(イハ)有り。その上甚く滑らかなりき。即ち、『滑盤石(ナメシイハ)なる哉』と詔りたまひき。
 故、南佐(ナメサ)と云ふ。神亀3年、字を滑狹と改む」
とあり、ここにいうワカスセリヒメがスセリヒメの原姿ではないかというが、オオナムチの后ということ以外に両者の関連性は薄い(今、出雲市東神西町に、ワカスセリヒメを祀る式内・奈売佐-ナメサ-神社がある)

※祭神
  須勢理毘売命

※社殿
 鳥居をくぐり参道を進んだ先に拝殿(入母屋造・瓦葺)が、その奥、一段高くなった玉垣内に本殿(大社造・瓦葺)が鎮座する。
 何処にでもある村の鎮守といった雰囲気で、特記するものなし。

唐王神社/鳥居
唐王神社・鳥居
唐王神社/拝殿正面
同・拝殿正面
唐王神社/拝殿側面
同・拝殿側面
唐王神社/本殿
同・本殿

トップページへ戻る