トップページへ戻る

山城(紀伊郡)の式内社/飛鳥田神社
祭神−−別雷神・市杵島姫命
                                                         2011.12.04参詣

 延喜式神名帳に、『山城国紀伊郡 飛鳥田神社 一名柿本社』とある式内社で、神名帳頭注(1803、皇学叢書所収・1927)には「横大路村に在り。別雷神裔神を祭る」とあるが、論社(後継斜候補)として次の5社がある。社名はアスカタと読む。
 @飛鳥田神社−−伏見区横大路柿ノ本町
 A飛鳥田神社−−伏見区下鳥羽城ノ越町
 B田中神社−−−伏見区横大路天王後町
 C田中神社−−−伏見区深草薮ノ内町(伏見稲荷大社境内社)
 D田中神社−−−東山区本町(稲荷神社境外摂社)

※由緒
 当社に関する史料は少なく、管見した唯一の資料・式内社調査報告(1977)によれば、
 「孝謙天皇・白雉4年(653)、天皇貴布祢賀茂両神の神託によって横大路に宮を造り、別雷神を勧請し、翌5年4月廿日斎主・卜部倉見をして奉幣せしめられたのを以て当社の起源とする旨言い伝えているが、その確かな根拠はない」
という。

 ただ、史書・日本紀略(平安末期頃成立)の嵯峨天皇・弘仁7年(816)7月条に、
  「山城国紀伊郡 飛鳥田神・真幡寸神官社の例に預り、並びに(共に)鴨別雷神の別也」
とあり、9世紀以前からの古社であることは確かといえるが、それが論社5社のどの神社に相当するのかについては決め手がない。

 当社の論社には、飛鳥田神社・田中神社という二つの呼称がある。
 式内社調査報告によれば、
 「飛鳥田とはもと地名で、紀伊郡拜師庄に真幡木里・飛鳥里等と呼ばれる田地があったと東寺文書に見える。その位置は正確には考証しえないが、東福寺門前町(現東山区本町)にある田中神社(上記D)がそれに当たるかといわれる」
という。
 しかし、飛鳥里の田地にある神社なら飛鳥田神社が妥当と思われるのに、田中神社をこれに充てる理由はわからない。もと飛鳥田神社と称していたものが、近接する伏見稲荷の勢力が拡大するなか、同社にある田中社との関係で田中神社と改称したのかもしれない。

 一方の田中神社と呼ぶ由縁について、同報告は、
 「たまたま文永年間(1264--75)稲荷五社合祀のときの告文に、田中社に“飛鳥田”と分注されているところから、この社も亦稲荷に合祀せらるるに至ったものと考えられる。伴信友の神名帳考証(927)には“在稲荷上社傍”と記されている」
という。
 今、伏見稲荷大社の祭神五座の中に“田中大神”が祀られ、境内摂社の中に“田中社”との小祠(上記C)が、境外摂社に田中神社(上記D)があり、これらを上記分注により式内・飛鳥田神社とみたものであろうが、告文が飛鳥田と分注した理由は不詳。

 また、式内・飛鳥田神社神社を伏見稲荷の田中神社と見るには、祭神が水神という類似性はあるものの、当社由緒にいう横大路とは離れすぎていて(伏見区の泉南部と東北部とで約5〜6km離れている)、由緒との整合性がとれず違和感がある。

 当社に関する資料・伝承は、伏見稲荷社のそれとの混合・交錯がみられ、飛鳥田神社=田中神社とするのは躊躇せざるを得ない。

※祭神
 式内・飛鳥田神社の祭神は“別雷神”(ワケイカヅチ)・“市杵島姫命”(イチキシマヒメというが、当社由緒などからみて、本来の祭神はワケイカヅチで、イチキシマヒメは後世の合祀であろう。
 この両神はいずれも水神(=雷神)であることから、稲作に必要な水を司る神として祀られたと推測される。ただ、イチキシマヒメは同じ水神とはいえ、芸能神理財神的神格を併せもつ弁才天(弁財天・七福神の一)として合祀されたのかもしれない。

 しかし、この両神を祭神とするのは柿ノ本の飛鳥田神社(上記@)のみで、他社の祭神は異なっている。
 特に、伏見稲荷に関連する田中神社(上記CD)の祭神は田中大神という(伏見稲荷社)。この神の神格は不詳だが、一般には“田の神”といわれる。田の神は水神であり雷神でもあることから、ワケイカヅチとも通じる神格で、その点では飛鳥田神社=田中神社の祭神として違和感はない。

【@飛鳥田神社(柿ノ本)
 京阪電鉄・中書島駅の西南西約3.5km。国道1号線・横大路交差点を西へ、外環横大路交差点を左(南西方)に進んだ右手に見える巨樹が目標。正面の鳥居は南側道路脇にある。

 拝殿脇に立つ案内(「京都市指定有形文化財 飛鳥田神社本殿」)によれば、
 「当社は別雷(ワケイカヅチ)・市杵島姫命(イチキシマヒメ)を祭神とし、創建については確かなことはわからないものの、日本略記には飛鳥田神についての記載がみられる。
 ただし、式内社飛鳥田神社が当社であるかどうかについては明確ではないが、延喜式神名帳に“一名柿本社”とあることから、柿ノ本町に建つ当社が式内社である可能性は十分に考えられる」
とあり、
 式内社調査報告には、
 「もと村社で明治10年(1877)6月京都府から式内社たる認定を受けている」
とある。

 神名帳に“一名柿本社”とあること、神名帳頭注に“横大路村に在り”とあることから、式内・飛鳥田神社の後継社としては当社が有力と思われ、京都市が式内社として認定したのも、これによると思われる。
 ただ、当社が式内・飛鳥田神社の後継社とすれば、由緒にいう孝徳朝・白雉4年の創建となるが、それを証する史料はない。

 祭神はワケイカヅチ・イチキシマヒメの2座だが、本来のそれはワケイカヅチで、イチキシマヒメは正面の鳥居に嶋潟弁才天(1652)、手水槽に嶋潟弁才天(1657)との刻銘があり、江戸時代以前には合祀されていたらしい。

 中世以降の状況について、山城志(1734)に、応永25年(1418)に社殿造営、文明9年(1477)・天正4年(1576)・慶長19年(1614)に修理、文禄5年(1596)に屋根葺き替えが行われたとあり、17世紀中頃に境内整備が行われたらしいという(境内案内)

 ただ、当社は今、廃社同然の状態で、本殿覆屋全面や拝殿軒先などには青いシートが掛けられ、中には埃がたまり、数社ある末社もほとんど壊れかかっている。
 また、覆屋内には“一間社流造の本殿”(有形文化財)があるというが、暗いこともあって、それらしいものは見えず、ネット資料によれば、“近年、台風などにより損傷が激しく、修理の準備をしている”というが、そのようには見えない。

飛鳥田神社(横大路)/拝殿
飛鳥田神社(横大路)・拝殿
飛鳥田神社(横大路)/本殿
同・本殿覆屋

【A飛鳥田神社(城ノ越)
 近鉄京都線・伏見駅の西約1.7km。駅南の府道202号線を西へ、国道1号線との交差点・赤池を南へ、昭和シェル給油所(1号線東側)前の道を西へ入った先、城ノ越公園の北側に建つ高層住宅の西側駐車場横、生垣に囲まれた中に鎮座する。生垣内の鳥居が低く見つけにくい。@飛鳥田神社の北北東約2.2kmに当たる。
 
 入口(生垣の切れ目)は西側道路に面するが、生垣内の鳥居と社殿は南面する。
 鳥居及び社殿の神額には“飛鳥田神社”とあるが、社前の石燈籠に“安須加多神社 天明甲辰(4年・1784)九月 施主・星野某”との銘があることから、江戸時代からアスカタ神社として祀られていたらしい。

 境内に案内表示等なく祭神名不明だが、ネット資料によれば“荷田竜頭之遠祖霊”(カタリュウトウノエンソノレイ)とある。この神の出自・神格は不明だが、東寺に伝わる稲荷大明神縁起に“竜頭太”(リュウトウタ)との神が登場する。
 竜頭太は、秦氏系の伊奈利神が鎮座する以前から稲荷山にいた山の神であり、水を司る水神(雷神)でもあったといわれ、弘法大師が竜頭太から稲荷山を譲り受け、これを神として祀ったのが稲荷社のはじまりともいう(別稿・「稲荷神顕現伝承」参照)

 この縁起は、伏見稲荷の神官の一家・荷田氏に伝わるもので(竜頭太は荷田氏の祖神ともいう)、当社祭神が“荷田竜頭”を名乗ることからみると、この竜頭太なる山の神を祀るとも推測され、飛鳥田神社と称するものの伏見稲荷の摂社・田中神社との結びつきが強いともとれる。

 また、この竜頭太が山の神=水神・雷神であることは、由緒にいう祭神・ワケイカヅチと連なるもので、当社は稲作に必要な水の神(雷神)を祀った社かと思われる。

 式内社調査報告(1977)には、
 「著しく荒廃して小さな樹林の中に古びた祠の基壇を存するのみで、他に一基の神明鳥居と二基の石燈籠のみがあるのみ」
とあるが、今は社殿も復元され綺麗に整備されている。

飛鳥田神社(城ノ越)/全景
飛鳥田神社(城ノ越)・全景
飛鳥田神社(城ノ越)/鳥居
同・鳥居
飛鳥田神社(城ノ越)/社殿
同・社殿

【B田中神社(横大路)
 京阪電鉄・中書島駅の西約2km弱。駅南の府道188号線(京都外環状線)を西へ、国道1号線(横大路交差点)を越えた先の北側に一の鳥居が立つ。188号線を西へ進むと桂川に架かる羽束師橋に至る。@飛鳥田神社の北東約500mに当たる。
 境内西側の入口(鳥居なし)には、“勝ち馬・子宝・安産・子孫繁栄 馬の神様(朱記)”との看板が立っているが、当社と馬との関係は不明。

 当社由緒によれば、
 「下鳥羽・横大路の産土神である田中神社の御祭神は、建速素盞鳴命(タケハヤスサノヲ)・奇稲田姫命(クシイナダヒメ)・八俣遠呂智之霊(ヤマタノオロチノミタマ)で、遠く平安の昔・治歴年間(1065--68・平安中期)に祇園感神院(現八坂神社)から牛頭天王(ゴズテンノウ)を勧請し、地域の守護神として奉斎したのが始まり。
 御鎮座当初は山城国紀伊郡下鳥羽田中里(現在地不明)に社殿があり、牛頭天王田中神社と称していたが、天正年間(1573--92)に起こった大洪水によって罹災、現在地に遷座した」
とある。
 江戸時代までは、防疫神・ゴズテンノウ及びその眷属を祀っていたが、明治の神仏分離により同じ神格をもつとされるスサノヲ以下に変えたのであろう。

 由緒にいうように、当社の創建が平安中期の治歴年間とすれば、延喜式制定時(927)にはなかったことになり、式内社とみるには年代的に食い違う。また、祭神をゴズテンノウ(今はスサノヲ)とするのも飛鳥田神社の祭神とは神名・神格共に異なる。
 これらのから見ると、当社を式内・飛鳥田神社とみるのは疑問といえる。横大路にある田中神社という社名から論社とされているのかもしれない。

 南側道路(京都外環状線)北側に一の鳥居が、民家に挟まれた参道奥に二の鳥居が立ち、境内正面に拝殿(千鳥破風付き入母屋造・瓦葺)、その奥、透塀に囲まれた中に本殿(一間社流造・瓦葺)が鎮座する。
 上記由緒によれば、
 「天正年間の大洪水の時、社殿のほとんどが流されたが、本殿は無傷のまま現在地に流着したので、村人は、その奇跡に驚き境内を整備し、盛大なお祭をしたと伝える」
とある。
 ネット資料によれば、現本殿は文化13年(1816)の建立で、現拝殿は平成8年(1996)の再建とあるが、その出典資料は確認できない。

田中神社(横大路)/二の鳥居
田中神社(横大路)・二の鳥居
田中神社(横大路)/拝殿
同・拝殿
田中神社(横大路)/本殿
同・本殿

 拝殿の両脇と側面に末社合祀殿がある。
 ・西側−−出雲社(大国主命)・春日社(春日大神)
 ・東側−−道祖社(猿田彦命)・天満宮社(菅原道真)
 ・東側面−−草薙社(草薙剣・八俣遠智霊)
 ・不明社
 いずれも鎮座由緒・時期など不明。

田中神社(横大路)/末社殿1
同・末社殿(出雲社・春日社)
田中神社(横大路)/末社殿2
同・末社殿(道祖社・天満宮社)
田中神社(横大路)/末社殿3
同・末社殿(草薙社)

 境内南東の隅に“北向虫八幡宮”がある。
 低い鳥居の奥、木製透塀に囲まれた基壇上に一間流造の社殿が北面して建つ。

 祭神は応神天皇というが、西側入口に建つ看板には“夜泣き・虫封じ・心安らか 虫の神様(朱記)”とある。
 ネット資料によれば、
 「平安中期、村上天皇の皇子・憲平親王(後の冷泉天皇)が幼いころ癇の虫が激しかったので、母・藤原安子が当社に祈願したところ平癒したと伝える。・・・
 当社が北を向くのは、安子の父・藤原師輔(909--60)が“御所を守護するように”と北の御所の方に向けて建てたから」(大意)
とあり、曾て、桂川の草津湊(現在地不明)にあったが、明治5年(1872)に現在地に遷座したというが、それを証する資料など不明のため確認不能。

北向虫八幡宮/鳥居
北向虫八幡宮・鳥居
北向虫八幡宮/社殿
同・社殿

【C田中神社(伏見稲荷・境内摂社)
 伏見稲荷大社には、主祭神・宇迦之御魂神(ウカノミタマ)以下5座が祀られているが、その中に“田中大神”なる神があり、下社の摂社として本殿五座の左端に祀られている。
 また、本殿背後の“お山”を巡る参詣路が交差する“四つ辻”を左に登った“荒神峰”の頂きに“田中社”が鎮座し、田中大神を祀っている。

 この田中大神の神格ははっきりしないが、古書・社司伝来記に『荒神峰は山神を祀る処』とあるように古くからの山の神で、山の神は田の神(水神・穀神)でもあることから(山の神は、春に里の降りて田の神となって稲作を見守り、秋の収穫を見届けて山に帰るという)、ウカノミタマと同じ穀神として伏見稲荷社に合祀されたものと思われる。

 当社を式内・飛鳥田神社の論社とするのは、上記したように、伏見稲荷の田中社に飛鳥田との分注があることからのようだが、その根拠は示されておらず、また、横大路に創建したという由緒とは錯誤がある。

伏見稲荷・荒神峰/登坂口
荒神峰・登坂口
伏見稲荷・荒神峰・拝所
同・山上拝所
伏見稲荷・荒神峰・お塚
同・お塚

【D田中神社(稲荷神社・境外摂社)
 京阪電鉄・鳥羽街道駅の東側、商店・住宅等に夾まれてある小社。東福寺の西側に当たる。
 南北に通る道路(伏見街道)の西側に朱塗りの鳥居、その奥に朱塗りの社殿が鎮座し、鳥井脇の石標には「稲荷神社・境外摂社 田中神社」とある。
 上記Cに記すように、伏見稲荷大社には“田中社”との摂社があり、それと関連すると推測されるが、上記したように、曾て、この地付近に“飛鳥里との田地”があったといわれ、“飛鳥里の田”すなわち飛鳥田と解すれば、飛鳥田神社発祥の地はこの辺りだったのかもしれない。しかし、由緒がいう横大路とはおおきく離れており(約6km)由緒との整合性がとれない。
 稲荷神社とは伏見稲荷大社を指すと思われる。社頭に、一般の稲荷社にある“狐の置物”がないことから、祭神は稲荷神ではなく田中大神であろうが、境内に何らの説明もなく、詳細不明。

田中神社(伏見・境外摂社)/鳥居
田中神社(伏見・境外摂社)・鳥居
田中神社(伏見・境外摂社)/社殿正面
同・社殿正面
田中神社(伏見・境外摂社)/本殿
同・本殿

CDの田中神社に関連して、次のような伝承がある。
 「和泉式部(978--?)が稲荷に詣る途中、田中明神の辺りで時雨れてきた。稲刈りをしていた童から襖(アオ・上衣)を借りて参詣を済ませ、帰りには晴れてきたので童に返した。
 次の日、式部がふと見やると、部屋の隅に“大きやかなる童”が手に手紙を持って佇んでいた。手紙には『時雨れする稲荷の山の紅葉は あおかりしより 思ひそめでき』とあった。
 この歌に心うたれた式部は、童を部屋に招き入れた。・・・」

 この伝承にでてくる童が田中明神の傍らで稲を刈っていたことは、童が田中大神の化身であることを示唆し、そこから田中大神は山の神=水神(雷神)=田の神=穀神であったことを意味している。

トップページへ戻る