トップページへ戻る

山城(綴喜郡)の式内社/粟神社
京都府城陽市市辺字粟谷
祭神−−不詳
                                                        2012.04.29参詣

 延喜式神名帳に、『山城国綴喜郡 粟神社』とある式内社。

 JR京都線・山城青谷駅の東約1.5km、駅東の府道70号線を南下、青谷橋交差点を左折(北東方)、青谷川右岸沿いに北東行、二つ目の橋を渡って左岸側の細い道を道なりに進んだ右側に位置する。昔は、この辺りに市辺の集落があったというが、今は一面樹林に覆われ、その面影はない。

※由緒
 樹林に囲まれた道路脇(右側)に鳥居が立ち、傍らに「式内 粟神社」の石標が立つが、境内に案内表示なく、創建由緒・時期等不明。以下、式内社調査報告(1979)による。

 当社創建由緒にかかわって、城陽市史が引用する綴喜郡櫟野邊粟神社記(1556)によれば、
 「孝安天皇の御代、平間山の麓・百舌ヶ原に神が降臨し、一柱は椎の樹に、一柱は榊の木に留まり、百舌野に住める乙足彦連なる者に『社殿を建てて、われを祀れ』と夢告された。
 よって林中に分け入ってさがすと、椎木のもとに粟の穂があり、榊のもとには稲穂が生えていたので、そこに社殿を建てて祀ったのが当社の始まりという。2神とは、少名彦名尊と高御産霊神である」
という。

 当社の社名・“粟”の由縁は不明だが、上記神社記は
 「粟の穂が椎木にかかっていたのにちなんで粟神社と名づけた」
というが、古く、“粟明神”(山城名勝志-1705・江戸長喜)・“稲粟明神”(大日本神祇志-1873・明治初年)・“稲粟大明神”(特選神名牒-1873)と称していたことから、上記由緒は、粟(あるいは稲粟)を説明するために作られたものであろうという。

 城陽市史によれば、この伝記は室町末期の弘治2年(1556)、神官沙門淨宗得葉生なるものが記したもので、従来からの言い伝えを潤色荘厳化したものとあり、信はおけない。
 因みに、孝安天皇は実在が疑問視されている天皇(欠史8代の一)で、孝安朝創建というのも、当社を古くみせんがための創作か。

 当社は今、木津川に濯ぐ青谷川中流域の左岸(東側)山麓にあるが、城陽町史(1969)によれば、
 「もと今のところより東へ約5・600m余り、小字松尾(鎮守屋敷という)にあったが、中古、今の地に遷したと伝えられる」
との伝承が記されており(今、当社の東約1.7km付近の青谷川支流左岸に松尾の地名がある)、これが事実なら、現在地より川上に鎮座していたことになる、という。
 今、当社のあたりは鬱蒼たる樹木に囲まれているが、曾ては市辺の集落はこの辺りにあったが、青谷川の氾濫により現在地へ移動したといわれ(時期不明)、また、当地に青谷川沿いに田原へ抜ける古道沿いにあったことなどからみて、当初の鎮座地が粟谷・小松のいずれで゜あったにしろ、青谷川一帯に居住した人々によって祀られた社で、その始まりは山の神・水の神への祭祀であったと思われる。

 当社創建にかかわる古代氏族は不明。
 神名帳考証(1733・江戸中期)は、新撰姓氏禄(815)にある
 「粟田朝臣 山城国皇別 孝昭天皇皇子天足彦国押人命三世孫彦国葺命之後也」
との関係を示唆しているというが、
 それより、神社覈録(1870・明治初頭)が、当社の氏人として、続日本紀に記す光仁天皇・宝亀7年(776・奈良後期)6月8日条の
 「近衛・大初位下の粟人道足(アワノヒト ミチタリ)ら十人に、“粟直”(アワノアタイ)の氏姓を賜る」
との記録を引用しており、粟直の氏神社とするのが最も可能性が高い推測であろう、ともいう。
 ただ、新撰姓氏禄などに粟直の氏姓名は見えず、その出自は不明。当社の南約1.3kmに鎮座する高神社に、渡来系氏族・多可連(タカムラジ)の関与が推測されていることからみて、粟直氏も渡来系であった可能性はある。

※祭神
 当社祭神を特定できるだけの史料・伝承はなく、祭神については諸説があるが、いずれも確証はない。
 ・不詳あるいは不記−−特選神名牒(1876)・神社明細書(1876)
 ・粟直祖神か−−神社覈録
 ・少名彦名−−綴喜郡誌(1908)
 ・天日方奇日方命−−神名帳考証(1733)

 このうち、スクナヒコナとは冒頭に記す綴喜郡櫟野邊粟神社記によるものだが、ひとつの伝承にすぎず、特選神名牒がいうように「祭神名不詳」とするのが妥当だろうが、あえて特定すれば、神社覈録がいう当社と粟直氏との係わりから、“粟直祖神”とするのが穏当かもしれない。

※社殿
 細い山道の脇に鳥居が立ち、参道を進み石壇を上がった上に拝殿(入母屋造・瓦葺)が、その奥、土塀に囲まれた神域内の覆屋の中に本殿(一間社流造らしいがよく見えない)が鎮座する。
 境内の清掃などはなされているようだが、市辺集落から離れていることもあってか、訪れる人もないようでさぴれている。というより、ここにこのような古社があることすら忘れられているらしい。

粟神社/社頭
粟神社・社頭
粟神社/拝殿
同・拝殿
粟神社/本殿覆屋
同・本殿覆屋

トップページへ戻る