トップページへ戻る

山城(綴喜郡)の式内社/酒屋神社
京都府京田辺市興戸宮前
祭神−−津速魂神・応神天皇
                                                        2012.01.13参詣

 延喜式式内社に、『山城国綴喜郡 酒屋神社』とある式内社。社名は“サカヤ”と訓む。

 JR学研都市線(片町線)・同志社前駅の西約1.1km、同駅西側から広い道を同志社正門に向けて西進、正門前を右折して府道22号線(山手幹線)を北上、二つ目の信号近くの小川に架かる小さい橋を渡ってすぐの小道を左折すれば、両側に石燈籠が立つ参道入口に至る。

※由緒
 社頭に掲げる由緒には
 「社伝によれば、神功皇后が通ったとき3箇の酒壺を神社背後の山上に安置して諸神を祀り、再度通ったとき社殿を創立したとある。
 また、河内国の酒造りを業とする中臣酒屋連の一族が来住して酒造りを伝え、祖神を祀ったものともいう」
とあり、
 式内社調査報告(1979)は、
 「社名からの連想か、些少なりとも歴史的事実を反映したのかは詳らかではないが、佐牙神社神記(1185か)には、『敏達天皇2年(573)、勅により酒部連友夏をして佐賀彌豆男神・佐賀彌豆女神を祀る佐牙神社を咋岡山本に鎮座せしめた。さらに津速魂神19世真人連公の孫・中臣酒屋連が神託によって酒彌豆男神の子・酒彌豆倉神を西側の山上に祀ったのが酒屋神社』という」(大意)
とある。

 当社由緒前段がいう神功皇后云々とは信ずるに足りないが、当社の西方山上に酒器を埋めた“酒壺”との区画があることからみて(式内社調査報告・1979)、古くには、そういう伝承が信じられていたのかもしれない(当地一帯は、神功皇后の出身氏族・息長氏と関係ありという)

 由緒後段と佐賀神社神記とは同じものと考えられ、中臣酒屋連(ナカトミノサカヤノムラジ)がその祖神・津速魂神(ツハヤムスヒ)または酒彌豆倉神(読み不明)を祀ったというもので、いずれも酒造りに関係している神という。
 当社境内社の中に、土の神・埴山比売(ハニヤマヒメ)を祀る壺神社、火の神・火産霊神(ホムスヒ)を祀る火産霊神社があることから、式内社調査報告は
 「当社の南西約3.km強にあって、宮中・酒造司との繋がりをもつとされる式内・佐牙乃神社(別稿・「佐牙乃神社」参照)に対して、当社は酒器製造にかかわる社として親密な関係にあったのかもしれないが確証はなく、空想の領域に属する」(大意)
という。

 中臣酒屋連とは、新撰姓氏禄(815)
 「河内国神別(天神) 中臣酒屋連 津速魂命十九世孫真人連公之後也」
とある復姓氏族(大氏族との婚姻あるいはその姓を下賜されて一族に連なり、二つの姓を重ねた氏族)で、中臣氏の下で酒造りに関係していたものが、中臣の姓を名乗ることを許されて一族に連なり中臣酒屋連と称したのであろう。
 ただ、この氏族は姓氏禄にあるように河内国を本貫とする氏族で(中臣氏の本貫も河内)、それが山城国の当地に進出して酒造り、あるいは酒器製造を業としたと思われるが、その確証はない。
 なお、延喜式神名帳の河内国丹比郡にも酒屋神社があり、今、大阪府松原市にある屯倉神社の境内社・酒屋神社がそれだという。

※祭神
 主祭神・ツハヤムスヒ神とは中臣氏が祖神の一とする神で、中臣氏系譜ではアメノコヤネ命の曾祖父というが、その実体は不詳。中臣氏系譜が成立する際に加上されたともいう。
 中臣酒屋連が中臣系氏族の傍系氏族であることから、本家が祖神とするアメノコヤネではなく、加上された神を祖神として祀ったのかもしれない。

 佐牙神社神記にいう由緒からすれば、神託によって祀ったという酒彌豆倉神を祭神としてもおかしくないのに、今、それが祀られている痕跡がないのは疑問。
 酒彌豆倉神の神格は不詳だが、その父神・酒彌豆男神(サケヤズオ又はサケミズオ)とは、延喜式神名帳の宮中神のなかに
 「造酒司坐神(サケツクリノツカサニマスカミ)  酒殿神社二座−−酒彌豆男神・酒彌豆女神」
とある神で、酒造りを司る神として宮中に祀られているから、当神も酒造りに関係する神であろう。

 併祭神・応仁天皇とは、伝承にいう神功皇后との関係で祀られたと思われるが、詳細不明。

 ただ、当社祭神については諸説があったようで、式内社調査報告によれば、
 ・祭神不詳−−山州名跡志(1711)・山城名跡巡行志(1754)
 ・ツハヤムスヒ−−神名帳考証(1733)・神社覈録(1870)
 ・ツハヤムスヒ・応神天皇−−山背綴喜郡誌(1908)・神社明細書(1876)
 ・酒彌豆倉神・後漢霊帝−−特選神名牒(1876)
 ・伊波比主神(イハイノウシ)・応神天皇−−社伝
などがあるが、いずれも確証のない憶測によるもので、ツハヤムスヒとするのが無難な説であろうという。

※社殿等
 参道入口から、やや長めの参道を進み右折、鳥居をくぐって境内に入る。
 鳥居の先に拝殿(切妻造割拝殿・間口五間・奥行二間・瓦葺)、その奥に中門(四脚門・瓦葺)から左右に伸びる透塀に囲まれた神域がある。
 神域中央に、千鳥破風・唐破風をもつ切妻造の本殿(間口1.5間・奥行一間)が鎮座するが、全体像はよく見えない。

酒屋神社/参道入口
酒彌神社・参道入口
酒屋神社/鳥居
同・鳥居(奥に拝殿が見える)
酒屋神社/中門
同・中門
酒屋神社/本殿正面
同・本殿正面
酒屋神社/本殿側面
同・本殿側面

◎摂末社
 境内の神域左手に、境内社合祀殿があり、
 ・佐多彦名神社(猿田彦) ・錦津姫神社 ・伊邪那美神社 ・豊受神社 ・壺神社(ハニヤマヒメ)
 ・三神社(アマテラス・応神天皇・タケミカツチ) ・火産霊神社 ・市杵島姫神社(厳島宮) ・事比羅神社(オオモノヌシ)
を合祀している。
 また、境内右手の広場に、末社の
 ・若宮春日社 ・天満宮社 ・多賀社
背後の林の中に、同じく
 ・龍王神社(周りに涸れた池がある)
が鎮座している。

酒屋神社/境内社合祀殿
境内社合祀殿
酒屋神社/末社・若宮春日社
末社・若宮春日社
酒屋神社/末社・天満宮社
末社・天満宮社
酒屋神社/末社・多賀神社
末社・多賀社

トップページへ戻る