トップページへ戻る

芝 山 神 社
京都府京田辺市三山木南垣内34-1
祭神--不明
                                               2019.11.29参詣

 JR学研都市線・三山木駅の南西約500m、三山木駅前から二つ目の信号を右折(西へ)、小さな川に架かる南垣内橋を渡った橋詰めを右(北)(案内表示等なし、お逢いした地元の方に教えてもらった)、道なりに進んだ先に鎮座する。

 参道入口に立つ鳥居に「芝山神社」とあるだけで、境内に案内表示等一切なく、また当社由緒等を記した資料も見あたらず、祭神名・創建由緒・時期等については不明。

※社殿等
 南垣内橋西詰めを右折、緩やかな坂道を道なりに進んだ先、竹藪と雑木林に囲まれて東面して鳥居が立ち境内に入る。


南垣内橋西詰め
(この小道を右に入る) 
 
芝山神社・参道
 
同・鳥居

 鳥居を入った先に横向きに社殿が建ち、左(南)に回り込んだ処に切妻造・平入りの横に長い拝殿が南面して建つ。
 拝殿前は狭く、前面は崖になっている。

 
同・拝殿

同・拝殿(正面) 
 
同・内陣(奥に本殿正面がみえる)

 拝殿の後ろ、ブロック塀に囲まれた中に、二間社流造・亙葺きの本殿が南面して鎮座する。

 
同・本殿
   
同・本殿(側面)

 ブロック塀の中、本殿の左に赤い鳥居をもつ小祠が南面して鎮座するが、社名・祭神名等は不明。
 また、本殿と小祠の間に、注連縄を張った立石が2基据わっているが、これが何なのかは不明。


本殿左の小祠 
 
同・立石 

トップページへ戻る