トップページへ戻る

山城(葛野郡)の式内社/伴氏神社
A:住吉大伴神社−−京都市右京区龍安寺住吉町
祭神−−住吉三神・天押日命・道臣命
B:伴氏社−−京都市上京区馬喰町(北野天満宮末社)
祭神−−菅原道真の母
                                                        2012.02.22参詣

 延喜式神名帳に、『山城国葛野郡 伴氏神社 大 月次新嘗』とある式内社だが、論社として上記2社がある。社名は“トモウジ”又は“トモノウジ”と訓む。

【住吉大伴神社】(京都市右京区)
 嵐電北野線・妙心寺駅の北約600m、府道183号線(きぬかけの路)が南から東へ大きく弯曲しはじめた東側に鎮座する。

※由緒
 当社略記によれば、
 「住吉大伴とは、古代の豪族大伴氏を祭る伴氏神社に、住吉大神を合わせ祭ったことによる。
 大伴氏は、はじめ大和国にあって勢力を振るっていたが、平安遷都によりこの地に移住し、その祖先の神・天押日命を祭った。
 続日本後紀(869)には、
 『承和元年(834・平安前期)正月、葛野郡上林地方一町を伴宿禰等に賜り、氏神を祀るの処と為す』
とあり、又、
 『嘉承2年(1107・鎌倉初期)12月、従五位下を伴氏神社に授く』とあり、・・・」
とある。

 続日本紀の記述からみると、伴氏神社は承和元年頃の創建と思われるが、当社略記以外に、嘉承2年に従五位下を授叙されたとの記録は見えない。
 神階・従五位下とは、通常、神社に授けられる最初のそれであることからみて、創建後300年近く経過した時点で、はじめて神階が授叙されたというのには疑問もあり(年号の誤記か)、式内社調査報告(1979)には、
 「(続日本紀)爾後、全く史上にその名を没し、近世に至るまでその所在不明のままであったが・・・」
とある。

 式内・伴氏神社本来の祭祀氏族である大伴氏とは、記紀によれば、降臨する天孫・ホノニニギに随行した天押日命(アメノオシヒ・天忍日命とも記す)を祖神とする古代の名族で、その四世の孫・道臣命が神武東征軍の先鋒を務めたとされるなど、物部氏とともに古代朝廷の軍事面を担った氏族(大伴氏は天皇の親衛隊的氏族で、物部氏は国軍的氏族という違いがあったともいう)
 大伴氏の盛期は大伴金村が大連(オオムラジ)として政権を担った5世紀末頃から6世紀前半頃(武烈〜欽明朝)で、その後は氏族間の政争のなかで盛衰を繰りかえし、清和天皇・貞観8年(866)の応天門の変(応天門炎上を巡って繰り広げられた政争)に関わったとして大納言・伴善男が伊豆に配流されたことから一族は没落したという。
 因みに、大伴氏は弘仁14年(823)・淳和天皇(即位前・大伴皇子)の名を避けて伴氏と改姓している。

 当社は今、住吉大伴神社と称しているが、その理由として、当社略記には
 「当社が、いつの世にか住吉神社と称せられるに至ったのは、伴氏の衰微と共に、当地を領した徳大寺家が住吉三神を和歌の神として崇め祀ったことにより、伴氏神社は住吉神社として祀られ」
とあり、江戸中期の古書・山城名勝志(1711・江戸中期)には、龍安寺条に続いて伴氏神社を掲げ、その説明として
 「鎮守住吉明神は龍安寺建立(1450・室町前期)以前の勧請なり」
と記しているという、

 略記にいう徳大寺家とは藤原氏一門に連なる家柄で、平安末期、左大臣・藤原実能(サネヨシ・1096--1157)が所領であった衣笠山の西南麓(当地付近)に別邸を営み、その中に持仏堂(徳大寺−家名の始まり)を建立した(1147という)といわれ、徳大寺家が当地一帯を所有していたことは事実のようで、これらからみて、当社に住吉大神が勧請されたのは平安末期から鎌倉初期にかけての時期と推測される(その後、徳大寺家所有の別邸は細川勝元(1417--73)に譲られ、その地に龍安寺が建立されたという)

 ただ、平安末期の伴氏はほぼ完全に衰頽していたことから、伴氏神社は祭祀も滞った名前だけの神社として衰微していたと思われ、徳大寺家による住吉大神の勧請は、伴氏神社への合祀というより、住吉神社としての再興であったと思われる。

 当社が住吉神社として知られていたのは江戸時代に入っても同じで、
 ・山城志(1734・江戸中期)−−龍安寺村に在り。今住吉と称す
 ・神名帳考証(1813・江戸後期)−−伴氏神社・・・今龍安寺村にありて住吉と云ふ
という。

 ただ、この龍安寺村に在ったということに関連して、式内社調査報告は
 ・和名抄によれば、龍安寺は馬代郷に属し、伴宿禰が賜った上林郷とは別であったこと
 ・当住吉神社は、かつて大伴神社と呼ばれたことはなかったこと
 ・龍安寺住職他から京都府知事への口上書(明治8年-1875)には、住吉神社・十禅師社の名はあるものの、伴氏神社の名は見えないこと
などから、
 「山城志が何を根拠に当住吉社を式内・伴氏神社と想定したかは不審といふべし」
として、当社が式内・伴氏神社に比定されたことに疑問を呈し、
 「(これらの疑問があるにも関わらず)それを式内伴氏神社に擬定しようとして、その社名までも住吉大伴神社と改称せしめたものと察せられる」(大意)
と記している。

※祭神
 ・住吉三神−−底筒男命・中筒男命・表筒男命
   徳大寺家による住吉大神勧請によるもので、住吉神社としての祭神

 天押日命・道臣命−−式内・伴氏神社の祭神
 ・天押日命(アメノオシヒ・天忍日命とも記す)
   大伴氏・佐伯氏の祖神とされる神で、古語拾遺ではタカミムスヒの子とされる。
   天孫降臨に際して、古事記ではアマツクメ命とともに、書紀(一書4)ではアマツオオクメを率いて、武具を帯してニニギを守護し、筑紫日向の高千穂まで先導したとある。
 ・道臣命(ミチオミ)
   アメノオシヒの後裔で、旧名:日臣命(ヒノオミ)
   神武東征に際して、天皇が熊野の山中で道を見失ったとき、ヒノオミ命が、アマテラスから遣わされた八咫烏(ヤタカラス)に導かれながら軍を率いて先導して宇陀までの道を拓き、その功により、神武から道臣(ミチオミ)の名を賜ったという。

※社殿等
 府道から東へ入った当社南側に鳥居が立ち、境内奥の一段高くなったところに横長の拝殿が、その後ろに住吉造・銅板葺の本殿が鎮座する。
 略記によれば、
 「現在の本殿は、昭和のはじめの建築にして、間口一間・奥行一間半の縮小型住吉造にて、全国唯一の建物である。昭和53年拝殿・神饌所新築と同時に、萱葺きの本殿屋根を銅葺きに変えた」
とある。その後、補修が行われたようで、美麗。

住吉大伴神社/鳥居
住吉大伴神社・鳥居
住吉大伴神社/拝殿
同・拝殿
住吉大伴神社/本殿
同・本殿

◎境内社

 当社略記には、境内社として
 「往古より境内外に十禅師権現社・斎の宮社・小松尾神社が奉斎されていたが、何時の頃にか末社小松尾神社のみが残り、合祀されて今日に至る」
とあるが、今、社殿の左に境内社・十禅師社の小祠が、右に小松尾神社・斎明社を合祀した小祠があり、略記とは異なっている。
 祠がまだ新しく見えることから、略記掲示の後に再建されたのかもしれない。

 略記には、「祭神は天照皇大神・大己貴命を祀る」とある。記述からみて、小松尾社のそれかと思われるが、詳細不明。

境内社・十禅師社

境内社・小松尾社・斎明社
 上記の明治8年口上書に、十禅師社の名があり、「十禅師社は谷口村氏神に御座候」とあるから、この社は明治以前からのものだろうが、他の2社の勧請時期・由緒は不明。


【伴氏社】
(北野天満宮末社)
 北野天満宮表参道に立つ三の鳥居の少し手前左側(西側)、疎林に囲まれて鎮座する小祠。

※由緒
 鳥居脇に立つ案内には、
 「御祭神  菅原道真公の母君
   菅原道真公の母君が大伴氏の出身であることより、伴氏社と称する。
   かつては、石造りの五輪塔が置かれていたが、明治維新の神仏分離政策により、当社南隣の東向観音寺に移された」
とある。

 この由緒からみると、当社は、単に社名が同じ“伴氏”を称することから式内・伴氏神社の論社とされたと思われるが、同じ伴氏でも氏族名としてのそれではなく、伴氏出身の女性としての伴氏であって、その意味するところが異なる。

 式内社調査報告は、
 「当社の位置するところには、もと“北野ノ石塔”と呼ばれる大きな五輪石塔があって、それは菅公の母・伴氏のために立てられたと伝えられていたのを、明治の神仏分離令により、明治34年(1901)に社地から撤去して、代わりに、その跡に営まれたもので、明らかに伴氏の社であるには相違ないが、承和元年に朝廷から土地を賜って氏神を祀ったという式内・伴氏神社ではないとせねばなるまい」
として、式内・伴氏神社であることを否定しているが、順当な見解であろう。

※祭神
 祭神である道真の母・大伴氏(?--872)については、
 ・菅原是善との間に道真を生んだこと(承和12年-845)
 ・文章生であった道真が方略試験に合格して未來が拓けようとした矢先の貞観4年(862)に亡くなったこと
以外は、実名を含めて一切不明という。

※社殿等
 北野天満宮表参道の三の鳥居の少し手前左に、ずんぐりとした鳥居が立ち、その奥、瑞垣に囲まれた中に一間社流造・銅板葺きの社殿が鎮座するが、樹木に囲まれていてわかりにくい。
 なお、社前に立つ石鳥居は鎌倉時代の作といわれ、台座に刻まれた珍しい蓮弁によって有名というが、だいぶ摩耗している(国指定の重要美術品)

伴氏社/鳥居
伴氏社・鳥居
伴氏社/社殿
同・社殿
伴氏社/鳥居台座
同・鳥居の蓮弁台座

トップページへ戻る