トップページへ戻る

山城(綴喜郡)の式内社/内神社
京都府八幡市内里
祭神−−味師内宿禰
                                                        2012.01.13参詣

 延喜式神名帳に、『山城国綴喜郡 内神社二座』とある式内社。神名帳頭注(1503)には「内神社 内里村に在り。祭神内臣祖かと云ふ」とある。社名は“ウチ”と訓む。

 JR学研都市線(片町線)・松井山手駅の北約3km、駅西側を南北に走る府道736号線を北上、内里南交差点を北に渡った左斜め前方、田畑の向こうに白壁に囲まれた鎮守の森が見える。社域の東には内里集落の民家が接しているが、他の三方は田畑に囲まれている。

※由緒
 社頭に掲げる由緒書によれば、
 「旧村名内里と称するは、山城内臣(ヤマシロノウチオミ)の居住たりしをもって、味師内宿禰(ウマシウチノスクネ)を祭神とする。
 往古、内里の巽(南東)の方700m距てた地に在りしが、天永(1118--19・院政初期)の乱で社殿頽敗せしにより、天正年間(1573--92・室町末期)現在の地に移せり云々。旧社地も今尚古宮と云う」
とある。
 この創建由緒について、管見した諸資料にも異論はみえず、古く、当地に居住していた山代内臣(ヤマシロノウチオミ・山城内臣とも記す)一族が、その祖神を祀ったのが始まりで、中近世以降、内里集落への人々の定着が進んでいく中で、集落の鎮守となっていったのであろう、という(式内社調査報告・1979)

 山代内臣とは、新撰姓氏禄(815)
 「大和国皇別 内臣 孝元天皇皇子彦太忍信命之後也」
とある皇別氏族で、和名抄(937)にいう山城国綴喜郡宇智郷・雄略紀(15年条)にいう山背国内村、すなわち当地一帯に住んでいたことから“内”を姓としたという(特選神名牒・1876)

 江戸中期の古書・山城名跡巡行志(1754)によれば、江戸時代には春日宗像神社と呼ばれていたらしい。
 春日社と呼ばれた理由について、神社明細書(1876)には
 「中古春日神社と称するは、土人(村人)藤原氏多きを以て内神社の氏神社とせしより誤りたるものなり」
とあるというが、文意不詳。なお宗像神社とした理由は不明。

 当社の旧社地・古宮の位置は不明だが、当社の南東約700m付近といえば第二京阪道路付近で、今は田畑が拡がり、付近に旧社地らしき痕跡は見えない。
 ただ、当地一帯(古宮を含む)が木津川の南から西側に拡がる低地・氾濫地域であることから、古くから当地ににあったことを疑問視し、もう少し高い土地(例えば、南西方の美濃山付近)にあったのではないか、ともいう(式内社調査報告)

※祭神
 社頭由緒に掲げる祭神・ウマシウチノスクネとは、孝元天皇の皇子・比古布都押之信命(ヒコ フツオシノマコト:古事記、書紀では彦太忍信命)の御子で、古事記には、
 「ヒコフツオシノマコト命、尾張連の祖意冨那毘(オホナビ)の妹、葛城の高千那毘女(タカチナヒメ)を娶して生みし子、味師内宿禰(ウマシウチノスクネ)こは山代の内臣(ウチオミ)の祖なり
とあり、景行から仁徳まで五代の天皇に仕えたという伝説上の人物・武内宿禰(タケウチスクネ)の異母弟にあたるという。

 ただ、延喜式には祭神二座とあることからみると、特選神名牒にいうように、ウマシウチノスクネとともに父君・ヒコフツオシノマコトの二座を祀るとするのが妥当であろう。
 なお、祭神一座を“山代内臣”とする資料(神社明細書他)もあるが、これは氏族名であって個人名ではなく、祭神・山代内臣の祖、即ち上記二座とすべきであろう。

 ただ、今の史的解釈でいえば、8代・孝元天皇はその実在が疑問視されている天皇(欠史九代)の一人であることから、その御子・ヒコフツオシノマコト命の実在性もまた疑問といえる。
 また、その御子・ウマシウチノスクネも、応神紀に異母兄・タケウチスクネと争った記事があることをみると、兄と同じく何代もの天皇に仕えた伝説上の人物ではないか、ともいえる(応神紀・9年条に、タケウチスクネの忠誠心を巡って両者が争い、天皇の前でのクガタチによる占いをおこないウチノスクネが敗れた−大意−とあり、ウチノスクネも兄と同じく応神朝まで生きた長命の人物としてでてくる)
 古事記に、ウマシウチノスクネを内臣の祖と記すことは、当時、内臣一族がそう主張し、それが一般に認められていたことを示すもので、今の史的解釈でヒコフツオシノマコト命・ウマシウチノスクネの実在性を云々しても意味はない。

※社殿等
 田畑に面した南側の鳥居を入った参道正面に拝殿(入母屋造・瓦葺)が、その奥、低い石垣上の木柵内に本殿(一間社流造・銅板葺)が南面して鎮座する。
 社頭の案内(八幡市郷土史会・平成16年)によれば、平成13・14年度に“内神社造営事業”がおこなわれたとのことで、社殿はまだ新しい。

 本殿左に、旧本殿が移築されている。案内によれば、
 「神社造営事業の際、現本殿の鎮座地よりこの地に移築保存された。
 建立年代は、蟇股の形などから江戸中期の建築物と伝えられてきたが、造営事業の折におこなわれた調査で、外陣右側腰板から寛保3年(1743)の墨書が発見されたことにより、ある程度の建築年代の特定がなされた」(大意)
とあり、京都府登録有形文化財(昭和58年指定)という。

内神社(鎮守の森)/遠景
内神社(鎮守の森)・遠景
内神社/南側鳥居
同・南側鳥居
内神社/拝殿
同・拝殿
内神社/現本殿
同・本殿
内神社/旧本殿
同・旧本殿(京都府有形文化財)

 境内東側に内集落からの鳥居が立ち、鳥居と社殿との間に、厳島神社(祭神:イチキシマヒメ)と奇神社(祭神:スクナヒコナ)の小祠2基があるが、その鎮座由緒・時期等は不明。

トップページへ戻る