トップページへ戻る

河内(安宿郡)の式内社/伯太彦神社・伯太姫神社
伯太彦神社−−大阪府柏原市玉手町
祭神−−伯太彦命・広国押武金日命(安閑天皇)
伯太姫神社−−大阪府柏原市円明町
祭神−−伯太姫命
                                                               2011.05.14参詣

 延喜式神名帳に、『河内国安宿郡 伯太彦神社 鍬』、及び『同 伯太姫神社 鍬』とある式内社。伯太には“ハクタ”・“ハカタ”の読みがあるが、“伯太彦神社御縁起”に記す祭神名・伯太彦命には、“ハクタヒコノミコト”とのルビが振ってある。

 伯太彦神社は、近鉄大阪線・河内国分駅の南西約800m、玉手丘陵(玉手山公園)の北側山腹に鎮座する。駅西側の大通り・銀行横の道を西進、道なりに進み玉手山公園北側西端近くに左へ下る小道(ヘヤピンカーブ)があり、その小道を少し進んだ左に鳥居が立つが、小道の入口に表示なくわかりにくい。当社の南東に隣接して安福寺(元神宮寺か)がある。
 玉手丘陵には4世紀中葉から5世紀後半頃の玉手山古墳群が残り、丘陵東側裾部には6世紀から7世紀にかけての横穴古墳が群集する。

 伯太姫神社は、近鉄南大阪線・道明寺駅の南南東約1.2km、駅の東側・石川に架かる玉手橋(古い吊り橋)を渡り南へ約800mの交差点を右折(橋から信号二つ目)、円光寺へ至る角(信号あり)から寺の南側石垣沿いに神社への小道がある。伯太彦神社から玉手山公園をはさんで南約600mの住宅地内にあり、公園内の散策路をつたっても行ける(東入口から入って南入口に出て西進、円光寺北側へ出る)

※由緒
 伯太彦神社境内に掲げる縁起によれば、
 「近都飛鳥(チカツアスカ)の安宿郡(アスカベノコホリ)資母郷(シモノサト)にあたる柏原市玉手山の安福寺に隣接した天王臺と称する丘陵に伯太彦神社がある。古くは躑躅尾社(ツツジオシャ)とも牛頭天王(ゴズテンノウ)とも称せられる。
 創建年代は不詳であるが、平安末期偕従五位下、延喜式内の古社にして、文徳天皇天安2年(858)2月官社に列せられる」
 (文徳天皇実録・天安2年2月26日条に、「河内国に在る従五位下伯太彦・伯太姫神、共に官社に預かる」とある)

 江戸後期の古書・河内名所図会(1801)には、
 「延喜式に出、天安2年2月官社に預かり云々。玉手村坂路天王臺にあり安福寺の鎮守とす。今牛頭天王と称し玉手の生土神とす。此辺躑躅多くありて春は艶色をあらはす。故に躑躅尾社ともいふ」

 また昭和初期の資料・大阪府史蹟名勝天然記念物(1927)には
 「伯太彦神社は玉手山安福寺々内の天王臺と称する一丘陵に在る延喜式内の古社なり。・・・・・久しく玉手山安福寺の鎮守として祀りしが、明治維新後神仏混淆を排して独立し、古市町誉田の誉田神社(誉田八幡宮)に移転合併せり」(大意)
とある(昭和21年、誉田神社から分離独立)

 中・近世時の両社については、伯太彦神社が玉手山安福寺の鎮守として牛頭天王社とも称し、伯太姫神社が円明地区の産土神だったという以外、両社に関する資料は殆ど残っていない。
 明治以降の経緯について、上記縁起には
 「明治4年太政官布告(神仏分離令)により、寺より独立し、明治5年国史に於ける村社に列せらる。
  明治42年2月に誉田神社に合祀され、その後自然災害が続いた為白木村より御神殿を新に求め、当地に祀られる。
  昭和21年5月、社殿を合祀先より当地に御復帰し、若宮殿として並び再祀される」
とある。明治の神仏分離による独立、明治末期の神社統廃合による誉田神社への合祀、戦後になっての旧社地(現在地)への復帰を示すものだが、簡略すぎて意味が通じ難い。

※祭神
【伯太彦神社】
 伯太彦命神社御縁起には
  本  殿 御祭神 伯太彦命(ハクタヒコ・伯太比古とも記す)・広国押武金日命(ヒロクニオシタケカナヒ) 
  若宮社 御祭神 大物主命(オオモノヌシ)
とし、続いて
 「御祭神である伯太彦命は、古書伝承によれば伯孫百尊(ハクソンハクソン)とも称され、田辺史(タナベノフヒト)の祖で、崇神天皇の皇子の豊城入彦命(トヨキイリヒコ)の四世大荒田別(オオアラタワケ)の子孫の努賀君(ヌカマキミ)の子とされる。
 百尊の孫の斯羅(シラ)が、皇極の御代に田辺一族として安宿郡資母郷に居を構えたとの伝承がある」
とある。主祭神が伯太彦命であり、これを伯孫に充てることについて、諸資料とも異論はない。

 広国押武金日命とは27代・安閑天皇(アンカン)を指す。66歳で父帝・継体の後を嗣ぎ4年間(1年説・2年説もある)皇位にあったというが、当社とのかかわりを示唆する史料・伝承は見えず、当社に祀られた由緒・年代など不明。
 ネット資料・Wikipediaによれば、“神仏習合の教説では蔵王権現と同一視されたため、明治の神仏分離以降に、従来蔵王権現を祭神としていた神社で安閑天皇を祭神としたところが多い”というが、その出典資料等不明で未確認。また、当社に修験道の主神・蔵王権現を祀っていたとする資料も見えない。

 なお継体紀25年条には、継体天皇の崩御記録(継体25年・辛亥年)に続いて、百済本紀(朝鮮半島・三国時代の歴史書・1145頃)の引用という形で、
 「また聞く、日本の天皇および皇太子・皇子、倶に崩御されたという」
との注記がある。古事記・書紀に記す継体崩御年・安閑宣化欽明の即位年などに混乱・不整合があることから、継体の死後、安閑・宣化天皇の勢力と欽明天皇を擁する勢力との間で抗争があったとして、安閑・宣化天皇の即位を疑問視する説もある。

【伯太姫神社】
 伯太姫神社の祭神について、諸資料ともに
  主祭神  伯太姫命(ハクタヒメ)
  配 祀   大年大神・八幡大神(応神天皇)・子守大神・厳島姫大神
とある。ただ、境内に案内表示などはなく、今の神社でどうしているのか不明。

 伯太姫命について、大阪府史蹟名勝天然記念物には
 「大日本神祇志(1873)は『蓋紀田辺史之先伯孫妻也』と誌し、地理志料(?)には『祀伯太首祖天表日命妻』と見ゆ、即ち伯太彦は男神・伯太姫は女神にして夫婦偕老の間柄なるべし」
とある。
 地理志料にいう“伯太首祖天表日命(アメノウワヒ)”とは、新撰姓氏禄にいう
 「和泉国未定雑姓 伯太首神人 天表日命之後也」
を指し、伯太彦(伯孫)の異名同人としているようだが、伯太首が姓氏禄で未定雑姓(出自不詳氏族)に分類されていることもあり、その真偽は不明。
 なお、配祀されている大年大神以下の鎮座由緒・年代等については不明。

◎祭祀氏族
 伯太彦神社・伯太姫神社の祭祀氏族である田辺史について、新撰姓氏禄によれば、
  ・右京諸蕃(漢) 田辺史 漢王の後、知惣(チソウ)より出る也」
  ・右京皇別    田辺史 (崇神天皇の皇子)豊城入彦の四世孫、大荒田別命の後也
との2系統があるが、本来の出自は、右京諸蕃にいう渡来氏族という(漢王の後というが百済系と見られている)

 田辺史を皇別氏族とすることについて、続日本紀の孝謙天皇・天平勝宝2年(750)3月条に、
 「中衛院外少将で従五位下の田辺史難波らに上毛野君の賜姓を賜った」
とあるが、豊城入彦命を祖神とする名族・上毛野氏(カミツケヌ)と何らかの縁で主従関係を結び、その系譜に連なることを許されたのであろうという(日本の神々3・伯太彦伯太姫神社・2000)。伯太彦神社縁起にいう“崇神天皇の皇子云々”とは右京皇別氏族としての田辺史を指す。
 (上毛野氏について、姓氏禄には、「右京皇別 上毛野朝臣 崇神天皇皇子豊城入彦命之後也」とある)

 田辺史は、飛鳥時代から奈良時代にかけて、中堅官僚として国家の租税収納事務とか出納事務などに携わったとされる百済系渡来人といわれ、正史上では雄略紀9年条にある
 「飛鳥戸郡の人・田辺史伯孫が、娘が産んだ孫の祝いに婿の家行った帰り、月夜の中、誉田陵(応神陵)の下で素晴らしい駿馬に乗った人と出会った。欲しくなった伯孫は自分が乗っていた馬と交換して家に帰り、秣を与えて寝た。翌る朝、この駿馬をみると埴輪の馬と化していた。驚いて誉田陵に戻ってみると、自分の馬が埴輪の馬の間に立っていた」(大意)
との記録(埴輪馬伝承)が初見だが、そこには飛鳥戸郡(和銅6年-713-以降、安宿郡と改称)の人・田辺史伯孫とあり、田辺史一族が5世紀末頃に当地に居たことは確かという。

※社殿等
【伯太彦神社】
 玉手山公園北側の道からヘヤピンカーブ(細い山道・表示なく分かりにくい)を下った左手に鳥居が、脇に“式内 伯太彦神社”の石標が立つ。
 鳥居を入り、緩やかな石段を登った左に白壁の割拝殿(切妻造平入・瓦葺)が、拝殿奥の狭い境内中央、中門を構えた神域内に本殿(一間社流造・銅板葺・中に小祠あり)が、いずれも南面して建つ。
 境内右手に境内社・若宮神社(大物主命、春日造朱塗・銅板葺)、及び稲荷神社(保食神)があるが、由緒など詳細不明。

伯太彦神社/鳥居
伯太彦神社・鳥居
伯太彦神社/割拝殿
同・割拝殿
伯太彦神社/中門
同・中門
伯太彦神社/本殿
同・本殿
伯太彦神社/末社・若宮社
同・末社・若宮社
伯太彦神社/末社・稲荷社
同・末社・稲荷社

【伯太姫神社】
 円光寺への角から寺の石垣沿いの細い道を東へ進んだ先に鳥居が立ち、やや急な石段を登った上に割拝殿(切妻造平入・瓦葺)がある。境内に入ると、中門を有する板塀を巡らした神域内に本殿(一間社流造・銅板葺)が、西面して鎮座する。
 境内に小祠一社がある。式内社調査報告には“たのみさんの祠(祭神不明)”とあるが、詳細不明。

伯太姫神社/鳥居
伯太姫神社・鳥居
伯太姫神社/割拝殿
同・割拝殿
伯太姫神社/中門
同・中門
伯太姫神社/本殿
同・本殿
伯太姫神社/末社
同・末社(社名不明)

トップページへ戻る