トップページへ戻る

河内(安宿郡)の式内社/杜本神社
大阪府羽曳野市駒ケ谷
  論社・杜本神社--大阪府柏原市国分東条町
 祭神--経津主命・経津主姫命
                                                                2011.06.05参詣

 延喜式神名帳に、『河内国安宿郡 杜本神社二座 名神大 月次新嘗』とある式内社で、社名はモリモトと読む。
 今、羽曳野市駒ケ谷に鎮座する杜本神社が式内・杜本神社として有力というが、柏原市国分東条町(コクブヒガンジョウマチ)の杜本神社を之に充てる説もある。
 なお、柏原市国分市塲1丁目・国分神社にも杜本神社があるり境内社となっているが、これは明治40年(1907)に国分東条町の杜本神社を合祀したもので、これも論社とみるべきかもしれない。

 近鉄南大阪線・駒ケ谷駅の東約450m、駅北側の飛鳥川に架かる逢坂橋を渡り右折、旧竹内街道を約200mほど行った左に一の鳥居が立ち、民家に挟まれた参道奥の小高い丘(古墳跡か)の中腹に鎮座する。
 柏原市の杜本神社及び国分神社境内社については下記。

※由緒
 当社の創建年代は不明。

 創建由緒について、境内には2基の案内板があり、その一つ(神社掲示か)には
 「杜本神社は、宮山に鎮座する延喜式の名神大社で、祭神は経津主命(フツヌシ)・経津主姫命の夫婦である。
  社伝によると、経津主命の14世紀の孫“伊波別命”(イワワケ)の縁の一族が代々管理にあたり、平安時代に“矢作忌寸”(ヤハギノイミキ)と称したという」
とあり、大阪府史蹟名勝天然記念物(1927・昭和初期)には、
 「社伝に依れば経津主命十四世の孫・伊波別命、石川の東辺に住し、此の地は其の祖・経津主命の御陵なるを以て、ここに同命を祀り、爾来伊波別命の子孫が代々当地に住して当社に奉仕してきた。弘仁の頃(810--24)には矢作忌寸と呼びきという。又当地現在の矢作氏の家伝も亦同様の事を伝ふ」
とある(河内名所図会・江戸中期末、大阪府全志・大正末にも同趣旨記事あり)

 矢作忌寸とは、姓氏家系大辞典(1969)
 「矢作忌寸 家伝によれば、経津主命十四世孫伊波別命・石川の東辺に住し、矢作忌寸と称す、と云う」
とあるのみで、新撰姓氏禄などの古資料に見えないことから、
 「名神大社という高い社格を誇った当社の祭祀氏族としては、いささか不釣り合いの感をまぬがれない」
とみる説もある(日本の神々3所載・杜本神社・2000)
 矢作忌寸は、その姓・忌寸(イミキ)からみて渡来系と思われるが、それが香取神宮(千葉県佐原市)あるいは春日大社(奈良市)の祭神である天つ神・経津主命(通常、霊剣の精とされる)を祖神とするのには疑義がある。
 また、伊波別命は経津主14世の孫というが、伊波別命の名を記す史料は見当たらず、経津主の別名である斎主・伊波比主(いずれもイワイヌシ)から造られた神名かもしれないという。経津主の陵墓が当地にある(あった)という伝承の出典先も不明。

 なお、同じ“矢作”を名乗る氏族として、新撰姓氏禄にいう
 「河内国未定雑姓 矢作連 布都奴志(経津主)乃命之後也」
があり、式内小社・矢作神社(八尾市南本町)は氏神社として経津主命を祀っている。
 矢向忌寸が後世になって連の姓を賜った可能性もあるが、それを証する資料は見当たらない。綏靖紀に「矢部(ヤハギベ)に箭(ヤ)を造らせた」とあり、矢作連とはその流れをひく古い氏族と思われ、渡来系の矢作忌寸とは別系統であろうという。

 この矢作忌寸祖神説に対して、羽曳野市が立てた案内板には、
 「杜本神社は駒ケ谷山の頂上近くに位置し、現在の祭神は経津主命・経津主姫命とされていますが、平安初期には百済宿禰永継(クダラスクネ ナガツグ・女性)とその祖先の飛鳥戸氏を祀る神社でした」
とあり、百済系渡来氏族・飛鳥戸造(アスカベノミヤツコ、安宿・安宿部とも記す)に連なる百済宿禰一族が、その祖神を祀った神社という。
 (新撰姓氏禄に「河内国諸蕃 飛鳥戸造 百済国主比有王男琨伎王より出る也」とある--別稿・飛鳥戸神社参照
  日本後紀・弘仁3年-812、右京人・飛鳥戸造豊宗と河内人・飛鳥戸造名継が百済宿禰の姓を賜っている)


 この百済宿禰(飛鳥戸造)祖神説について、羽曳野市史(1997)は岡田荘司説の紹介という形で
 「百済宿禰奈登麻呂の娘・百済宿禰永継は、藤原朝臣仲麻呂戸の間に冬嗣(775--826)を生んだが、その後、桓武天皇(781--806在位)の後宮に入り安世皇子(ヤスヨ、臣籍降下して良峯朝臣安世-吉峯とも記)を生んだ。冬嗣(藤原北家の祖)はやがて朝廷の実権を握り、娘・順子が仁明天皇(833--50)との間に生んだ道康親王が文徳天皇(850--58)として即位すると、その外祖父となった。
 こうした関係から、冬嗣の母であり良峯安世の母でもある百済永継とその祖先を祀っていた杜本神社が、国家的な祭祀の対象となった」(大意)
という(この説は戦後発表された説で、当然のことながら、それ以前の古資料にはみえない)。文徳天皇との関係とともに、藤原北家の隆盛ともあいまって、それに連なる当社も脚光を浴びたのだろう。

 当社で行われる公祭(朝廷関与の祭祀)として“杜本祭”があったという。
 延喜式(内藏寮)
 「杜本祭 夏四月 冬十一月 並上申日(サルノヒ)祭之 使等進発」
とあり、4月と11月の申の日におこなわれる杜本祭に朝廷から奉幣使が派遣されたが、この奉幣使派遣は、諸社根元記(1530~40頃・室町時代)
 「杜本祭 文徳仁寿三(853)癸酉 公家遣内藏寮使令使祭事 祭自此時始之 或云仁和五年(889・4月寛平と改元)始之 午日使立」
とあるように、文徳天皇・仁寿3年(853)に始まったという。
 なお、“或云仁和5年始之”とは、同じ延喜式に
 「當宗祭 夏四月 冬十一月 並上酉日(トリノヒ)祭之 杜本祭使便参」
とあり、杜本祭の翌日(酉の日)におこなわれる當宗神社の祭が仁和5年に始まりこれに杜本祭に派遣された同じ奉幣使が参加したことからの説のようだが、既に、貞観元年(859)の杜本祭に奉幣使が派遣されているから(三代実録)、それ以前・仁寿3年始祀というのが史実であろう。

 文徳朝以降の経緯ははっきりしないが、諸資料を総合すれば、三代実録に
 ・清和天皇・貞観元年(859)正月27日条--京畿諸社とともに神階を進められ、従四位下から正四位上を授与された
 ・同7月14日--諸社に遣使して神宝幣帛を奉った際、少納言兼侍従従五位下良峯朝臣経世を杜本社への使いとした
とあるように皇室の尊崇深く、殊に文徳・清和・宇多・醍醐の諸天皇には屡々勅使を参向させて神事がおこなわれたといわれ(大阪府史蹟名勝天然記念物)、平安時代には皇室関連の祖神を祀る神社として崇拝をうけていた
 ・南北朝時代に入ると、後醍醐天皇から社領の寄進をうけるものの、宮寺の金剛輪寺が南朝方の勅願寺になったため兵火にかかり焼失したという。
 ・その後、金剛輪寺とともに再建されたが、織田信長の高屋城攻城(天正5年-1573)に際し、その兵火に罹って社殿が灰燼に帰し、加えて、豊臣秀吉の為に社寺領を没収されて(天正14年-1586)衰微したといわれ、江戸時代には細々と続いていたと思われる。
 ・その後、明治の神仏分離により宮寺・金剛輪寺を廃寺とし、明治5年村社となっている。

※祭神
 当社の祭神については、次のような諸説がある。
 ①山神・水神--河内志(1733)
 ②杜本句々廼智神・水谷坐彌豆波乃売神--河内国式神私考(昭和初期の刊行らしいが不詳)
 ③當宗忌寸祖神(桓武天皇王子仲野皇子の室)--神祇志料(1871)・地名辞典(1907)・地理志料(1966)・大阪府史蹟名勝天然記念物
 ④事代主命・経津主命--大阪府誌(1903)・大阪府神社明細帳(1971)
 ⑤経津主命・経津主姫命--社伝・大阪府全志(1922)・大阪府史蹟名勝天然記念物(1928)
 ⑥百済宿禰永継・百済宿禰祖神--羽曳野市史(1997)

 ①②
  特定の祭神を祀るのではなく山神・水神などの自然神を祀るもので、わが国の古い神祇信仰を引き継いだものだが、河内志の著者・並河誠所が山神・水神とした理由は不明。
  ②いう句々廼智(ククノチ)は木の神、彌豆波乃売(ミズハノメ)は水の神(記紀)

 ③にいう當宗忌寸(マサムネイミキ)祖神とは、今誉田八幡宮に合祀されている名神大社・當宗神社の祭神(今は素盞鳴命とあるが、當宗氏祖神が本来という)と同じとみたもので、大阪府史蹟名勝天然記念物には、
 「本朝世紀(1159)・諸神本懐(1324)・公事根源(1922)などの資料に、杜本・當宗両社の鎮座地がそう離れておらず(今の両社間約2km)、4月の申日(杜本社)・酉日(當宗社)と続けて行われる祭祀(公祭)にあたって、独りの奉幣使が派遣されて両社への奉幣祭祀を行っていた。これは両社の間に密接な関係がありしより起れるものか」(大意)
とある。
 独りの奉幣使が派遣されて両社の祭祀を行っていたから、両社の祭神は同じだというのだろうが、論理に無理がある。

  當宗忌寸とは、新撰姓氏禄に「河内国諸蕃 後漢献帝四世孫山陽公より出る也」とある渡来氏族で、後漢最後の皇帝・献帝の末裔というが、実体は中部朝鮮・楽浪郡出身の渡来人であろうという。
 その當宗忌寸一族が祀る當宗神社が名神大社とされた由縁は、
 「桓武天皇の第12子・仲野親王が當宗忌寸出身の女性との間にもうけた班子(ハンコ)女王が、光孝天皇の後宮に入り宇多天皇を生んだ。こ外祖母方の祖神を祀るという縁から、寛平元年(889)宇多天皇の命によって勅使を派遣しての丁重な祭祀をうけるようになり、延喜式の名神大社に列したもの」
ものという(別稿・「當宗神社」参照)

 これに対して羽曳野市史は、
 「公祭としての杜本祭は仁寿3年(853)に始まっており、貞観元年(859)の祭には良峯朝臣経世(杜本神社関係氏族)が派遣されている。一方、當宗神社が国家的祭祀の対象になったのは寛平元年(889=仁和5年)であり(公事根源・1422に「寛平元年4月14日に始めて行はる」とある)、その間36年が経過している」
として、
 「杜本神社の祭神を當宗氏の祖先神とすることには無理があり、岡田氏の主張するように百済宿禰永継とその祖先神を祀ったとみるのが妥当である」
という。

 ⑤及び⑥は、由緒の項に述べたように当社の祭祀氏族によるものだが、杜本祭に際して、奉斎使として良峯朝臣安世の後裔が派遣されていることからみると、百済宿禰祖神説が有力か。
 なお、④にいう事代主命の根拠は不明。

※社殿等
 駒ケ谷駅から竹内街道を南西200m程の左に参道入口があり、その奥・山麓に一の鳥居が立つ。叢林に夾まれた参道(途中ににの鳥居あり)を登った先に拝殿・本殿が鎮座する。
 ・本殿--唐破風付き流造・銅板葺、旧社殿が織田信長の高屋城攻めの時焼失したため、高津神社の古い社殿を譲り受けたものという。
 ・拝殿--入母屋造・瓦葺、明治時代初期の建造という。

杜本神社/一の鳥居
杜本神社・一の鳥居
杜本神社/拝殿
同・拝殿
杜本神社/本殿
同・本殿

◎末社等
 境内右手(北側)の疎林のなかに維日谷稚宮(イヒヤワカミヤ・若宮社ともいう)が、その左に南木神社(ナギ)があり、その前に、藤原永手の墓なるものがある。
 ・維日谷稚宮--祭神・反正天皇・伊波別命・遠登売命
            駒ケ谷の南300m程の松林の中に鎮座していたものを移したもの(明治42年)
 ・南木神社--祭神・楠木正成
          正成の子・楠木正行が父の像を自作して祀ったものという。なお、境内に“楠木正成首塚”があるというが見えず。
 境内左手(南側)に、天満宮(菅原道真)・稲荷神社2社・天照皇大神宮(天照大神)が並ぶ。
 また、拝殿右前に“隼人石”との石碑がある(曾ては左右に2基あったという)。自然石の板石に人身獣面像を線刻したものというが、摩耗していて確認困難。

 史料によれば、上記以外に清少納言古塚・金剛輪寺を中興した覚峰阿闍梨の墓があるという。石製の小祠・注連縄を張った立石があるが、表示なく不明。

杜本神社/末社・維日谷稚宮
維日谷稚宮
杜本神社/末社・南木神社
南木神社
杜本神社/藤原永手の墓
藤原永手の墓
杜本神社/末社・天満宮
天満宮
杜本神社/末社群
左から、皇大神宮・稲荷神社2社

【論社・杜本神社】
  大阪府柏原市国分東条町(コクブヒガンジョウマチ)
  祭神--経津主命(杜本大神)、但し明治神社明細帳には“祭神不詳”とあるという。

 近鉄南大阪線・河内国分駅の東約2kmに鎮座する。駅前から国道25号線(奈良街道)を東へ、東条西交差点を右へ、ほぼ国道沿いに斜行する路を進み、国分小学校前を過ぎた先・“国分寺塔跡”の表示を右折(南へ)、塔跡遺跡を右にみて路なりに進んだ突きあたりに神社への石段がある。国道から国分寺塔跡を目指して南へ入るのが本道だが、国道に案内表示なく南へ入る角が分かりにくい。

※由緒等
 当社境内に創建由緒・年代についての案内なく、詳細不明。
 式内社調査報告によれば、
  「明治神宮明細書の由緒の項に、上記・三代実録の記事が挙げられ、延喜式内社である旨が記載されている」
というが、未確認。

 当社は、明治40年12月25日、国分神社へ合祀されたが、昭和47年、旧地に社殿を再興して戻ったという。その経緯について、境内に立つ故北野亀吉師之碑との石碑には
 「杜本神社は政令により国分神社に合祀されたる後にも霊験あらたかな徳を尊び奉り、信仰心事の外篤く、病に悩む人々を助け、又有志相図り社殿を再興せし功績を銘記し之を建つ 昭和4年4月9日没す。世話人一同 昭和47年3月吉日」
とある。

※社殿
 国分寺塔跡遺跡を右にみて、道なりに左へ回りこんだ先に神社への石段がある。
 南から続く丘陵地の突端部中腹、急斜面の一部を切り開いたような狭い境内に社殿が建つ。社殿は、一見民家風の建物で、入口上の神額には“杜本神社”とある。
 式内社調査報告には、「本殿・拝殿があり、昭和47年に再興されたもの」とあるが、一棟の社殿となっており、奥の部分に本殿があるらしいが、外からは見えず詳細不明。

 昔はどうだったか資料なく不明だが、今の姿を見るかぎり、名神大社という社格をもつ神社にしては、貧弱といえる。

論社・杜本神社への石段
論社・杜本神社への石段
論社・杜本神社/社殿
論社・杜本神社・社殿

※河内国分寺塔跡遺跡
 河内国分寺は、天平13年(741)聖武天皇の勅命により各国に建立された国分寺・国分尼寺の一寺で、眼下に大和川を望む丘陵上に建立され、丘陵北側には平城京と河内・難波を結ぶ旧竜田道(現国道25号線)が通っていたという。

 当国分寺は東西2町(216m)・南北2.5町(270m)の寺域をもつ大寺で、白鳳時代(7世紀末)の寺を改築・整備したものといわれ、塔はその東側丘陵上にあったという。
 塔は七重塔と推測されている。発掘調査(1934)によれば、周囲を凝灰岩切石を積んだ基壇(一辺63尺-19.2m・高さ5尺-1.6m)の上面に凝灰岩の切石を敷きつめ、枘(ホゾ)の出た礎石が配置されていたとあり、今、コンクリートで固められた基壇の上に、塔の礎石が復元されている。


河内国分寺塔跡

同・基壇

【論社・杜本神社-国分神社・境内社】
  大阪府柏原市国分市場1丁目(国分神社内)
  祭神--国分東条町にある杜本神社と同じだが、神社明細帳(1923)には“祭神不詳”とあるともいう。

 国道25号線(奈良街道)・東条西交差点から斜めに北行する先に鎮座する国分神社の、社殿右手に鎮座する。

 明治40年(1907)、政府の神社統合整理政策によって国分東条町にある杜本神社を合祀したもので、同社が昭和47年(1972)に旧地に戻った後も、そのまま祀られているものだが、国分神社の由緒書きに当社に関する記載なく、詳細不明。

 国分神社境内、社殿の右手にある切妻造平入の社殿が当社だが、社前に狛犬はあるものの社名の表示はない。中に入ると、格子戸の奥に祭壇があり、左右に杜本神社と記した提灯が下がっている。
 社殿裏の覆屋の中に本殿が鎮座しているようだが、実見不能。

国分神社(境内社)/杜本神社
国分神社(境内社)・杜本神社
国分神社(境内社)/杜本神社・内陣
同・内陣

◎国分神社
 祭神--大国主命・少彦名命・飛鳥大神

 由緒記には、
 「当社の創建年代は不詳だが、古書・口伝によれば鎌倉時代の建立といわれ、当時氏人達の信仰のあった大和桜井の三輪大明神のオオクニヌシ・スクナヒコナ、更に飛鳥部伴造の飛鳥大神を勧請したものという」(大意)
とある。
 なお、当社背後の山には松岳山古墳(前方後円墳・L=130m・4世紀末)を主墳とする中小古墳が点在し、地点不明ながら、“船氏王後墓誌”(王後の出自・経歴とともに、欽明13年-941-に死去し、天智7年-668、夫人とともに当地に葬ったと記す鍛造銅板墓誌)が出土しており(江戸時代)、古く、当地付近には渡来氏族・船氏一族が居住していたという。
 ネット資料によれば、平安末期の武士階級勃興により船氏が没落した後、当地の人々が創建したとあるが、それを証する資料等不明。

国分神社/一の鳥居
国分神社・一の鳥居
国分神社/拝殿
同・拝殿

トップページへ戻る