トップページへ戻る

河内(石川郡)の式内社/大祁於賀美神社
大阪府羽曳野市大黒(オグロ)
祭神--高龗神
                                                           2011.06.05参詣 

 延喜式神名帳に、『河内国石川郡 大祁於賀美神社』とある式内社。社名は諸資料ともオオケオカミと読むとあるが、社頭にはオオオカミとの振り仮名が振ってある。

 近鉄南大阪線・駒ケ谷駅の南約400m、駅南の踏切のある路を南西に進んだ先、大黒寺(大黒天出現霊場とある)敷地の角を南に回りこんだ先に鎮座する。大黒寺の裏手・墓地の東に当たる。

※由緒
 当社由緒を記す資料少なく詳細は不明だが、社頭に掲げる由緒には
 「以前は大黒寺の東方丘陵上にあったが、丘陵が土砂の採取工事で消失するに当り現在地に移転され、大黒地区の氏神となっている」
とあるが、古資料には
 ・大黒(オグロ)村に在り、今山王と称す--河内志(1733)
 ・大黒村にあり、延喜式に石川郡に属す。今山王と称す。此所の本居神とす--河内名所図会(1801)
 ・大字大黒の東北、大黒寺の東に鎮座せる式内神社にして・・・高龗神(タカオカミ)を祀り・・・此の地の産土神たり--大阪府誌(1903)
 ・駒ケ谷村大字大黒の東北、大黒寺の東隣に鎮座せる古社なりしが、近年同所大字壺井の村社八幡神社に合併せり。
  祭神は伊奘諾尊の子高龗神を祀る。此地の産土神として信仰深く、一に山王権現と称す--大阪府史蹟名勝天然記念物(1927)
などがある。

 式内社調査報告(1979)によれば、元々の鎮座地は現在地の南約100mの大黒村字丸尾の葡萄山の上にあったが(当時の参道の名残の石段があるというが未確認)、明治末期の神社の統合整理によって明治40年(1907)11月、現在地の南約3kmの村社・八幡神社(現壺田八幡宮)に合祀されたという。上記の“近年、大字壺井の八幡神社に合併せり”とは、このこと。

 その後、昭和30年(1955)12月、氏子らの願望により、大黒寺の所有地である現在地(借地)に復社したという。

※祭神
 現在の祭神・高龗神(タカオカミ)とは、イザナミが死んだことを悼んだイザナギが、イザナミ死去の原因となった火の神・カグツチを剣で切ったとき生まれた神で、オカミとは龍を意味し、水神とされる。

 社頭の由緒には
 「タカオカミ神は水神であるが、何故この地に水神を祀るのか不明である。おそらく石川流域で早くから開けた土地であり、弥生時代の水田耕作に必要な水神を祀るという風習が残ったものではなかろうか」
とある。とすれば、当社の基は水神信仰であって、古代からの自然神信仰を今に残す貴重な神社ということができる。

 なお、河内志他に“今山王と称す”とある。山王(サンノウ)とは比叡山麓・坂本の日吉神社から発した信仰で、本来は比叡山の山の神であったが、天台宗および延暦寺の鎮守神として信仰されたという。
 当社と日吉神社との関係は不詳だが、山の神は水をも支配し里に下れば水神へ転ずるから、タカオカミ・サンノウの何れであっても、農耕に必要な水を司ることでは同じ神といえる。

※社殿等
 一の鳥居・二の鳥居をくぐり、石段(途中に鳥居数基が立つ)を登った小高い丘の上に、拝殿(切妻造・瓦葺)が、その後・白壁に囲まれた中に本殿(一間社流造・銅板葺)が鎮座する。
 鳥居に掲げる神額、鳥居横に立つ社標柱、拝殿に掲げる神額など、すべてが「高龗神」となっている。

大祁於賀美神社/一の鳥居
大祁於賀美神社
一の鳥居
大祁於賀美神社/拝殿
同・拝殿
大祁於賀美神社/本殿
同・本殿

 今の境内に末社等はない。
 資料によれば、当社が字丸尾にあった時代、境内末社として天照皇大神社・八雲神社・春日神社(何れも由緒不詳)があったが、当社とともに壺井の八幡神社に合祀され、当社が現在地に復社した以降も、末社だけは八幡神社に残されたという。

トップページへ戻る