トップページへ戻る

大神神社・摂社/狭井神社
奈良県櫻井市三輪字狭井
祭神−−大神荒魂神・大物主神・姫蹈鞴五十鈴姫命・勢夜多多良姫命・事代主神
                                                                2010.07.26参詣

 延喜式神名帳に、『大和国城上郡 狭井坐大神荒魂神社五座 鍬靫』とある式内社で、正式社名も同じ。サイニマス オオミワノアラミタマと訓み、今は大神神社の摂社となっている。

 大神神社社頭から山辺の道を北へ約500m行った東側(右手)、道から少し入った奥に鎮座する。
 当社前の山辺の道を進んだ先に、川幅1mに満たない“狭井川”が道を横切っている。古事記・神武天皇条に、
 「この河を佐韋河(サイ)と謂ふ由は、その河の辺にヤマユリ草多(サハ)にありき。そのヤマユリ草の名をとりて、佐韋と号けき。ヤマユリ草の本の名は佐韋と云ひき」
とあり、一説では、当社名・狭井もこれによるという。

※祭神
 当社祭神は五座だが、主祭神は大神荒魂神(オオミワノアラミタマノカミ)で、本社の祭神・オオモノヌシの荒魂(アラミタマ)を祀る。

 古く、神は働きの異なるふたつの霊魂(あるいは側面)をもつとされ、荒ぶる猛々しい働きをなす霊魂で、天変地異を引き起こし、祟ることで疫病を流行らせる霊魂、あるいは生まれたばかりの若々しい霊魂を“荒魂”という。
 これに対して、穏やかな働きをなす霊魂は“和魂”(ニギミタマ)と呼ばれ、荒魂は祭祀をうけることで和魂へと替わるとも、神はまず荒魂として顕れ、祭祀をうけて鎮められることで和魂へと替わる、ともいう。

 当社のアラミタマは、オオミワの神・オオモノヌシのもつ祟り神・疫神といった荒々しい霊魂であって、それを祀ることで、人々に幸いをもたらす和魂(鎮疫神)へと転換させることを目的として祀られたものであろう。
 一方、大神本社の祭神はオオモノヌシの和魂を祀るともいう。オオモノヌシのもつふたつの霊魂を2社に別けてそれぞれ祀ったということで、一つの神を二つに別けて祀り、その二つが一体となることで完璧なものになるという観念は、洋の東西を問わず多い。

 配祀神のオオモノヌシは、当社祭神である荒魂に対する和魂としてであろう、またヒメタタライスズ姫はオオモノヌシの御子(書紀)で神武天皇の正妃、セヤタタラヒメはヒメの母神(古事記)、コトシロヌシはヒメの父神(古事記)で、古事記と日本書紀の神名が混在している。

※創建由緒
 確たる創建時期は不詳だが、社伝によれば、
 「垂仁天皇の御代、渟名城稚姫命(ヌナキワカヒメ)が勅命を奉じて創祀せりと伝へ、大神神社の管社とす。
 聖武天皇天平2年(730)神戸租稲三百九束を以て祭料とし、平城天皇大同元年(806)神封弐戸を充て奉り、醍醐天皇延喜の制、祈年祭弊に鍬・靫を加へて之を奉らしむ」(大神神社史・1975)
という。

 しかし書紀・垂仁紀には、垂仁朝創建とする社伝に対応する記述はなく、この伝承の出自は不詳。
 ただ、ヌナキワカヒメ(崇神紀ではヌナキイリヒメ)の名は、管見のかぎりでは垂仁紀25年条に、
 「(アマテラスが倭姫命とともに伊勢に遷った後、ヤマトオオクニタマが大水口宿禰に憑いて祭祀に不満を述べたので) 誰にヤマトオオクニタマを祀らせようかと占ったところ、ヌナキワカヒメと出た。そこで姫に命じて、神地を穴磯邑(アナシムラ)に定め、大市の長岡の崎に祀った。しかし姫は、体が痩せ弱って祀ることができなかったので、大倭直(ヤマトノアタイ)の祖・長尾市宿禰(ナガオチノスクネ)に命じて祀らせたと」(大意
として出てくる。

 社伝にいう創建伝承は、この垂仁紀をうけたものとも思われるが、ヌナキワカヒメが奉斎した神はヤマトオオクニタマであって、当社の祭神・大神荒魂神(オオミワノアラミタマ)ではない。
 ただ、ヤマトオオクニタマが当地を含む古代大和の地主神を意味することから、大和全体の神体山でもある三輪山に坐す神即ちオオモノヌシの荒魂と解されるが、やや無理もある。
 なお、ヤマトオオクニタマを主祭神とする神社は、現天理市新泉町の大和神社(オオヤマト)とするのが通説。

※鎮花祭(ハナシズメノマツリ)
 当社は三輪山の神・オオモノヌシのアラミタマを祀る社というより、疫癘鎮圧の祭り・鎮花祭の社として知られ、本社縁起には
 「本社と狭井神社の神前に忍草(スイカズラ)・百合根(ユリネ)などの薬草を神饌と共に供えて、春の花の散るころ即ち人間の気の一番ゆるむとき、疫病のおころうとするのを鎮める二千年来のお祭」
とある。
 この祭は、養老律令の注釈書・令義解(833)
 「季春(3月) 鎮花祭二座 大神と狭井の二祭なり。春花飛散の時において、疫神分散して癘(レイ−疫病・流行病)を行ふ。その鎮遏(チンアツ)のため必ずこの祭あり。故に鎮花(ハナシズメ)といふ」
と、律令に定められた重要な官祭で、今も古来からの伝統神祇として大神神社と狭井神社で同じ日に行われている(今も、4月18日の午前10辞から大神神社で神饌・三輪山の忍草・白百合などを捧げて祭祀を行い、終了後、狭井社に移って同じ祭祀を行うという)

 上記社伝には、
 「(当社は)俗称、花鎮狭井(ハナシズメ サイ)の神社と言ひ、古之を佐為神(サイ)と言へり。又、華鎮社或は鎮社とも言へり。
 例祭は3月18日(現在:4月18日)。旧記に、此祭大宝元年(701)より始まり、其後中絶。宇多天皇御世寛平9年(897)3月7日、詔勅に依り再興、とあり。祭儀に別に掲ぐべき式なしと雖も、神饌に忍草及び百合草等の薬草を奉る特例あり」
と記している。
 今はなくなったようだが、古く、忍草・百合草などとともに“弓七張”が両社に供えられたという(神奈備・大神・三輪明神−1997)。ここでの弓とは、その弓弦を打ち鳴らすことで邪霊・疫神を威嚇し追い払う呪具であり、鎮花祭に相応しい供物といえる。

 この祭については、管見のかぎりとして
 ・ここでいう“花”とは“桜の花”を指し、桜の花が散るとき(季節の変わり目)疫神もまた分散浮遊するので、桜花が散らないように鎮め、それによって疫癘(エキレイ・流行病)が流行しないことを願った祭(一般の解釈)
 令義解には、「鎮花祭 謂く 大神と狭井の二祭也。春の花飛散する時、疫神分散して癘(レイ)を行ふ。其の鎮遏(チンアツ)の為必ず此の祭有り」とある。
 ・桜の花が散るのは稲の花が散ることの予兆だから、“花よ 早々と散るな”と祈る(豊饒祈願)のがこの祭(折口信夫)
 ・春の終わりといった季節の変わり目には、満たされない霊や疫神が分散浮遊して疫病が流行するから、これら疫神を花に招き寄せて鎮まってもらう祭で、当社の祭神・オオモノヌシは“物の怪(モノノケ)の主”であり疫神でもあるから、これを鎮めるために始められたのがこの祭(五来重)
などの解釈がある(宗教歳時記・五来重・1982)

※社殿等
 山辺の道脇に立つ鳥居をくぐり、参道突きあたりの石段を登った上に〆柱が立ち、境内に入る。
 境内山際中央に檜皮葺の拝殿が、その奥、高さ2m強の石壇上に入母屋造檜皮葺の本殿が、西面して鎮座する。
 社殿はまだ新しくみえるが、造営時期など不明。明治初年には廃絶状況にあったが、其の後復興されたという。

狭井神社/鳥居
狭井神社・鳥居(山辺の道脇
狭井神社/〆柱
同・〆柱と拝殿
狭井神社/拝殿
同・拝殿
狭井神社/本殿
同・本殿

◎薬井(クスリイ)
 拝殿の左奥、社殿氏石壇とにはさまれた簡単な覆屋のなかに“井戸”がある。注連縄を張った半球形の石造物に3カ所の取水口が設けられ、上に掲げる扁額には『霊泉』とある。自由に汲むことができるという。

 当社社頭に掲げる案内の末尾には、
 「社名の“狭井”とは神聖な井戸・泉・水源を意味し、そこに湧き出る霊泉は太古より『薬水』として信仰の対象になっている」
とある。

 当社の北を流れる狭井川は古く“薬川”と呼ばれ、この川の水を呑めば病疾を免れる、との伝承があったという。当井戸を薬井というのも、この狭井川=薬川に関係するのかもしれない。

 境内右手に、三輪山頂への登山口が開いている。社務所に氏名等を届け、御祓いを受けて登ることができるが、登山ではなく礼拝のための登拝であるとして、山中の写真などは禁止されている。

※市杵島姫社(イチキシマヒメ)
 狭井神社境内・参道を入ってすぐ左、鎮池(シズメイケ)の中に鎮座する小祠で、大神神社の雑社。。

 祭神−−市杵島姫(宮島・厳島神社の祭神)

 昭和31年(1956)、鎮池の改修工事にあわせて、社殿を造営し、末社の厳島社(三輪字茅原)から分霊を勧請したという。 
大神神社・雑社/市杵島姫社
市杵島姫社
大神神社・雑社/市杵島姫神社・社殿
同・社殿

トップページへ戻る