トップページへ戻る

大神神社・摂社/玉列神社
奈良県櫻井市慈恩寺
祭神−−玉列王子神・天照大御神・春日大神
                                                              2010.09.09参詣

 延喜式神名帳に、『大和国城上郡 玉列神社』とある式内社で、今は大神神社の境外摂社となっている。
 玉列は“タマツラ”と訓む。

 大神神社より山辺の道を南へ約3km(近鉄朝倉駅の北約1km)、初瀬川右岸沿いに走る県道199号線(慈恩寺三輪線)が、慈恩寺集落に入った山手の丘上に鎮座する。道端に案内表示あり。

※祭神
 主祭神の玉列王子について 境内にある案内には、
 「玉列王子神は、生活万般の守護神である父神・大物主王神の御神徳を受け継がれており、利用厚生の途に長け給うことから、息災延命の神として信仰され・・・」
とあるが、記紀などにはみえず、確たる出自・神格などは不詳。

 玉列とは“玉を貫ねる”を意味する美称というが、玉は魂でもあることから“魂貫”でもあり、そこから、オオモノヌシの神格をひきついだ御子神・玉列王子というのだろう。
 アマテラス・カスガ大神は後世の勧請というが、その時期・由緒など不明。

※鎮座由緒
 創建の年代・由緒ともに不明だが、社頭に掲げる由緒略記には
 「御祭神玉列王子神は、御本社三輪の大物主神の御子神で、延喜式神名帳にも見える初瀬谷に於ける最古の神社であります。
 昔から玉椿大明神として地元氏子区民は勿論、遠く京阪神東海地方に至るまで厚い信仰を集め、特に金色のお砂は招福のしるしとして尊ばれています」
とある。

 神名帳に「大神祭夏祭料緋帛一丈五尺玉列王子幣帛料盛筥一合」とあることから、9世紀以前から官社としての幣帛をうけていたのは確かとみられ、当社縁起には、「初瀬谷に於ける最古の神社」とある。
 中世・近世の経緯など不明だが、明治になって村社に列し、同10年に大神神社の摂社となっている。祭神・玉列王子をオオモノヌシの御子神とすることから、摂社となったのであろう。

※社殿等
 道路脇の石段上に立つ鳥居をくぐり、参道を進み少し長い石段を登り切ると、すぐに拝殿(切妻瓦葺・割拝殿)があり、その奥、石垣上に瑞垣に囲まれて本殿(春日造・桧皮葺)が建つ。叢林に囲まれた境内は狭い。
 今は叢林に囲まれて見通しはないが、曾ては当社から遠く三輪山が礼拝できたという。

大神神社・摂社/玉列神社・鳥居
玉列神社・鳥居
大神神社・摂社/玉列神社・拝殿
同・拝殿
大神神社・摂社/玉列神社・本殿
同・本殿

◎境内社
 境内には小祠4社がある。案内には当社末社とあるが、大神神社史では大神神社の末社となっている。
 ・祓戸神社(ハライト)−−参道左にある小祠
   祭神−−瀬織津姫神(セオリツヒメ)・速秋津姫神(ハヤアキツヒメ)・気吹戸主神(イブキトヌシ)・速佐須良姫神(ハヤサスラヒメ)
         通常・祓戸大神と呼ばれ、罪穢れの祓い浄めを司る神(別項・「綱越神社」参照)
 ・愛宕社・猿田彦社・金山彦社−−拝殿右に並ぶ小祠。
   愛宕社−−火産霊神(ホムスビ)−−火を司る神で、“かまど神”ともいう。
   猿田彦社−−サルタヒコ−−道案内の神であることから、塞神・道祖神として祀られることが多く、交通安全の神とされる。
   金山彦社−−金山彦(カナヤマヒコ)−−鉱山・金属・鍛冶などを司る神。

大神神社・摂社/玉列神社・境内社1
境内社−大神神社・末社
(左から愛宕社・猿田彦社・金山彦社)
大神神社・摂社/玉列神社・境内社2
同・祓戸社
玉列神社・誕生石(磐座?)
誕生石(磐座?)

 なお、石段下の右手の注連縄を巡らした神籬の中に、“誕生石”との石があり、案内には
  「祭神・玉列王子に因んで、“子宝石”として古くから信仰を集めている。
   この石の周りを回りながら“ヘイチュウ カイチュウ・・・と3度唱えれば、元気で健やかな子に育つという”」
とある。古い磐座信仰が姿をかえたものであろう。

トップページへ戻る