トップページへ戻る

河内(若江郡)の式内社/御野県主神社
大阪府八尾市上之島町南1丁目
祭神−−角凝魂命・天湯川田奈命
                                                               2010,06.06参詣

 延喜式神名帳に、『河内国若江郡 御野県主神社二座』とある式内社。社名はミノ アガタヌシと訓む。

 八尾市の中央北部、近鉄奈良線・河内山本駅の北約700m、駅の東を南北に走る府道15号線(八尾茨木線)を北上、山本南交差点を東へ入った先、鬱蒼と茂った鎮守の森の中に鎮座する。交差点の北西角地は山本高校。

※祭神
 当社の縁起には、
 「古代豪族、美努連・三野県主が祖神を齋き祭った神社」
とあり、角凝魂命(ツヌコリムスヒ)・天湯川田奈命(アメノユカワタナ=天湯川桁命・天湯河板挙命)ともに、古代氏族・美努連の祖神という。

 大阪府誌(1903)など明治以降の古資料は、祭神を上記両神とするが、江戸時代の史料・河内志(1733)には、
 「上島村御野郷の辻に在り。今天日と称す。式に若江郡に在りと載る」
とある(河内名所図会-1801-も同じ)
 河内志の著者・並河誠所が畿内の式内社を調査比定するなかで、当地・上島村にあった天日社(祭神:天日大明神)を式内・御野県主社に当てたものだが、その理由・祭神の神格など詳細不明。

 今の祭神・ツヌコリムスヒとは、渡会氏系図では神皇産霊神(カミムスヒ)の御子とされるが、これは後世の付会であって出自は不詳。また新撰姓氏禄(815)で、三世(四世ともいう)の孫とされるアメノユカワタナについて、書紀・垂仁紀23年条に
 「天皇の皇子・ホムツワケ命は30歳になるまで物が云えなかった。ある時、白鳥(クグイ)が空を飛んでいくのを見て、『あれは何物か』と云った。天皇が『誰か、あれを捕らえて献上せよ』と云われたので、鳥取造の祖・アメノユカワタナが『私が捕らえましょう』と云って、出雲まで鳥を追いかけて、捕らえ献上した。
 ホムツワケは之をもてあそび、物が云えるようになった。天皇は之を賞して、ユカワタナは鳥取造の姓(カバネ)を贈り、鳥取部・鳥養部・誉都部を定めた」(大意)
との説話がある。

 この説話が何を意味するのか諸説があるが、古代人の感覚では、白鳥とは魂を運ぶもの、あるいは魂そのものとも見られていた。そこから、この説話はホムツワケ本来の魂が戻ってきた、為に言葉を発するようになったとも解される。
 折口信夫は、ユカワタナのユカワは斎河(ユカワ)で、川の淵・池・湖の上の棚にいて、神の訪れを待ち神の妻・タナバタツメであるというが、とすれば女神となり、当社祭神としては似つかわしくない。
 これに対して谷川健一は、火中から誕生した皇子・ホムツワケは(垂仁の后でホムツワケの母・サホヒメは兄サホヒコの反乱に荷担して、天皇に攻められ、燃え上がる稲城の中で皇子を生んだという)、タタラの炉の中から生まれたことを意味し、またユカワタナの“湯”は炉の中で金属が溶融した状態を指すとして、この説話にいうユカワタナは鍛冶集団が奉斎した神ではないかという(大意・青銅の神の足音・1979)

 このユカワタナと鳥取氏とのつながりとして、姓氏禄に
  「山城国神別(天神) 鳥取連 天角己利命三世孫天湯河板挙命之後也」
  「和泉国神別(天神) 鳥取 角凝命三世孫天湯河桁命之後也」
があり、鳥取氏が祖神を祀った社として、河内国大県郡に「式内・天湯川田神社」(柏原市高井田)がある。

 当社の祭祀氏族とされる美努連(ミノ ムラジ)とは、新撰姓氏禄(815)に、
 「河内国神別(天神) 美努連 角凝魂神四世(三世ともいう)孫天湯川田奈命之後也」
とあるように大県郡の鳥取氏と同族とされる氏族で、当社は、美努連がその祖神・ツヌコリムスヒとアマノユカワタナとを祀った社という。 

※創建由緒
 社名・県主(アガタヌシ)の“県”(アガタ)とは、大化(645--50)以前の皇室の直轄地とも、地方行政区画ともいい、その首長をアガタヌシと呼ぶ。

 御野は三野・美努ともいった地域で、書紀・天武紀13年(685)条に
 「春1月17日、三野県主・内蔵衣縫造の二氏に姓(カバネ)を賜って連(ムラジ)といった」
とあるように、三野県主(=御野県主・美努連)は古くから古中河内地方に勢力を張っていた豪族で、その三野県主が祖神を祀る当社は、大化以前からの古社と考えられる。

 ただ当社は、延喜式には若江郡にあるというが、当社縁起に
 「江戸時代は河内郡上之島村の氏神で、天日大明神として崇め祭った」
とあるように、河内国河内郡(上ノ島村字宮ノ前西)に属し若江郡ではない。郡境の変更があったのかもしれないが、倭名類聚抄(937)に美努(三野)の地名はみえず、文献上からの鎮座地の確定はしがたい。ただ地元には、中世以降、河内郡玉串莊の一部を三野郷と呼んだという伝承があり、それが現在地辺りではないかという。
 社名が、天日大明神から御野県主神社へと復したのは、明治5年(1872・当社縁起)

 なお古事記・崇神紀によれば、祟り神・オオモノヌシ(三輪山の神)を祀るべく求められたオオタタネコは、河内国の美努村で見つかったというが、書紀では茅渟県陶村(現堺市上之附近)で見つかったとあり、こちらが有力視されている。

※社殿等

 中世までの状況は不明。縁起には「元和元年(1615)大阪夏の陣で被災・再建。宝永4年(1707)地震により崩壊、翌年再建」とあり、その後も何度か新改築を繰り返している。現在の社殿は昭和63年(1988)に改築されたもの。
 鳥居を入った参道奥に、東面して、拝殿(間口三間・奥行二間)その奥白壁に囲まれた中に本殿覆屋(本殿:間口四尺・奥行一間)が鎮座する。

御野県主神社/鳥居
御野県主神社・鳥居
御野県主神社/拝殿
同・拝殿
御野県主神社/本殿
同・本殿

◎末社
 社殿右手奥に、末社合祀殿・稲荷神社2棟が並ぶ。
 ・末社合祀殿−−日吉社(三王権現)・菅原社(菅原道真)春日社・皇大社(アマテラス・トヨウケ大神)・八幡社(仲哀・応神・神功皇后)・厳島社(イチキシマヒメ)

御野県主神社/末社合祀殿
御野県主神社・末社合祀殿
御野県主神社/末社・稲荷社
同・末社・稲荷社

◎旧大和川堤防跡・御野県池
 当社は旧大和川の分流・玉串川の右岸(東岸)堤防に近接していたようで、境内奥(西側)には旧堤防の一部(約63m)が残り、古木が鬱蒼と茂っている(内5本は八尾市指定保存樹)。今の玉串川の当社付近での川幅は5mほどだが、曾ては200mほどもあったという。

 また境内南側に“御野県池”が“く”の字形に残っている。曾ての堤防決壊時に流れ出た水が溜まった遊水池の跡であろう。

旧大和川堤防跡
堤防跡
御野県池
御野県池

トップページへ戻る