トップページへ戻る

河内(渋川郡)の式内社/跡部神社
大阪府八尾市亀井町1丁目
祭神−−天照皇大神・阿刀連大神・八王子大神
                                                             2010.05.30参詣

 延喜式神名帳に、『河内国渋川郡 跡部神社』とある式内社。

 JR関西線・久宝寺駅の南西約700m。駅東側を南北に貫く住吉八尾線を南下、跡部本町1丁目交差点を西へ、ふたつめの信号を南へ入ったすぐに鎮座する。緑の少ない住商工混在の密集市街地の中、此所だけが鎮守の森に覆われている。

※祭神
 当社社頭に掲げる由緒記によれば、
 「当社の創建年代・祭神ともに不明。然し、当地は昔から“古の跡部郷”といわれ、この辺りに居住していた阿刀連(アト ムラジ)一族が、その祖神を祀った社と伝えられている。
 明治5年4月、太政官符により天照皇大神と伊奘冉大神を一緒に合祀せられ、・・・
 八王子とは、北亀井の里の小さな祠に祀られていたが、昭和初期に合祀された」(大意)
とあり、主祭神は阿刀連の祖神・阿刀連大神という。

 一方、江戸時代の古資料・河内志などは、祭神について記しておらず、明治以降の諸史料も「その祭神詳かならず」とはするものの、
 「思うに本地に住せし阿刀氏の其の祖神を祀りしものならん」−−大阪府全志(大11-1922)
 「この地、古の跡部郷にして、物部守屋の阿都の第は此地なるべし。されば物部氏と同祖なる阿都連がその祖神を祀れるならん」−−大阪府史蹟名勝天然記念物(昭3-1928)
とあり、阿刀氏祖神を祭神とする伝承があったことを伝えている。

 阿刀連とは、新撰姓氏禄(815)
 「摂津国神別(天神) 阿刀連 神饒速日命之後也」
 「和泉国神別(天神) 阿刀連 神饒速日命六世孫伊香我色雄命之後也」
とある物部氏系の氏族で、肝心の河内国には見えないが、といって居なかったともいえない。

 日本書紀・用明天皇2年(586)条に、
 「(天皇の病気治療のため仏僧が呼ばれたことを物部守屋が怒っていると) 群臣が自分を陥れるために退路を絶とうとしていると聞かされ、直ちに別業(別邸)のある河内の阿都(アト)にしりぞいて人を集めた」(大意)
とある。ここでいう“河内の阿都”とは当地の辺り・“旧跡部郷”を指すとされる。
 また、崇峻天皇2年(587)条には、
 「秋7月、蘇我馬子が諸王子と群臣とともに物部守屋を滅ぼそうと謀り、軍勢を率いて志紀郡から守屋の渋河の家を攻めた。守屋は子弟と奴を率いて、稲を積んだ砦を築いて戦った」(大意)
とある。ここで守屋の家があった渋河とは、当地の東約1.7kmの現植松町の辺り(ニギハヤヒを祀る澁川神社がある)というが、当地・阿都の辺りとの説もある。

 河内の阿都・澁河あるいは当地南方の太子堂・木本町といった八尾市西南部一帯は、物部氏の本拠地、特に守屋の館があった地といわれ、物部氏にかかわる神社(跡部神社・澁川神社・樟本神社)・寺院(大聖勝軍寺)・史蹟(守屋の墓・稲城趾)などが集まっていて、当社もそのひとつである(別項・澁川神社樟本神社参照)

※鎮座由緒
 社殿前の案内および古史料のいずれもにも「創建時期不詳」とあるが、延喜式に載ることから10世紀初頭までには鎮座していたと思われる。その後の経緯など不明。

※社殿等
 鳥居を入った先に拝殿・その奥に本殿が鎮座し、境内右手に「式内 跡部神社」との社標が立つ。
 社殿前の案内には、
 ・本殿−−宝暦3年(1753)9月−−拝殿裏手に回れず実見不能。だいぶ荒れているらしい。
 ・拝殿−−文政12年(1829)12月−− 昭和48年(1973)10月改築とある。
 ・鳥居−−昭和13年(1938) 脇入口に立つ鳥居は文政12年建立。

跡部神社/鳥居
跡部神社・鳥居
跡部神社/拝殿
同・拝殿
跡部神社/社標
同・社標

トップページへ戻る