トップページへ戻る

河内(若江郡)の式内社/若江鏡神社
大阪府東大阪市若江南町2丁目
祭神−−大伊迦槌火明大神・足仲彦命・気長足姫命
                                                               2010.04.28参詣

 延喜式神名帳に、『河内国若江郡 若江鏡神社』とある式内社。

 近鉄奈良線・荒本駅の西南西約1.2km。駅の東を南北に走る府道21号線(八尾枚方線)を南下、バス停・若江南から西へ入った先にある。バス停近くの電柱に“鏡神社参道”との標示あり。まわりは住宅・小工場などの混在密集地。

※祭神
 今の祭神は、上記の大伊迦槌火明神(オオイカツチホアカリ)・足仲彦命(タラシナカツヒコ=仲哀天皇)・気長足姫命(オキナガタラシヒメ=神功皇后)の3神となっているが、古くから、次のような諸説があ.る。
 @稚彦霊命・大己貴命−−神名帳考証(寛文年中-1661--73)
 A大雷火明神−−河内志(享保18-1733)・河内名所図会(享和元-1801)
 B祭神不詳−−神社覈録(明治3-1870)
 C火明命−−大日本史神祇志(明治4-1871)・特選神名牒(大正14-1925)
 D祭神未詳、俗称足仲彦天皇・息長足姫皇后−−河泉神社記(写本・明治6-1874)
 E大伊迦槌命−−大阪府誌(明治36-1903)・大阪府史蹟名勝天然記念物(昭和3-1928)
 F大雷大神・仲哀天皇・息長足姫命−−大阪府全志(大正11-1922)

 @の稚産彦命との神名はみあたらない。死に瀕したイザナミの尿から化生した稚産彦命(ワクムスヒ、カグツチとハニヤスヒメとの子ともいう、農業・穀物の神)の誤記かとも思われる。
 オオナムチはオオクニヌシの別名で、出雲神話系での国土造成の神。ただ、この2神を祭神とする根拠は不明。
 Cの火明命(ホアカリ)は、記紀ではアマテラスの孫でニニギの兄とされるが(古事記・書紀一書6)、ここでいうホアカリは太陽の光や熱を神格化した自然神・太陽神を指すと解すべきであろう。古い太陽神・天照御魂神(アマテルミタマ)を人格化したのがホアカリ命と見ることもできる。
 Eの大伊迦槌命とFの大雷大神は同じ神(オオイカヅチ)で、自然神である雷神を意味する。雷神は水神であるとともに太陽神でもあり、ホアカリとも通ずる。
 Aの大雷火明神(オオイカヅチホアカリ)は、同じ自然神であるホアカリとオオイカヅチを合体したもので、そこからホアカリ・オオイカツチ・オオイカツチホアカリは同一神といえる。

 当社に関する資料は少なく詳細不詳だが、文徳実録(879)・斉衡元年(854)条にある、
 「夏4月乙卯朔丙辰 河内国大雷火明神に従五位下を授く」
を当社祭神への神階授与の記録と見(異論があり、大阪府誌は、この神は当社祭神ではなく、他の式外旧社の祭神という)、また当社に残る雷神手形石伝承(後述)などから、オオイカツチホアカリを以て当社祭神とする説が有力だが、この神が祀られだしたのは大阪府誌刊行(明治36-1903)以降ともいわれ、河泉神社記(明治6-1873)・大阪府神社財産目録(明治12-1879)・大阪府神社明細帳(大正12-1923)が、仲哀天皇・神功皇后とすることから、明治・大正の頃までは仲哀天皇・神功皇后の2座のみが祀られていたのでは、という。
 しかし、この2神奉斎も、当地が平安時代に石清水八幡領の若江莊であったことから、ともいわれ(以上・式内社調査報告・1979)、この2神を以て古来からの祭神とするには疑問がある。

 これらからみると、当社本来の祭神は不明とするのが妥当かとも思われるが、畿内には、ホアカリを祭神とする神社として“天照御魂神社”が3社ある(鏡作坐天照御魂神社・他田坐天照御魂神社・新屋坐天照御魂神社)
 天照御魂(アマテルミタマ)とは皇祖神・アマテラス大神が伊勢に祀られる以前から、各地で祀られていた自然神としての太陽神であり、その鎮座地は、冬至・夏至あるいは春分・秋分という季節の節目において朝日を拝する地、即ち日読み(日知り)の地に立地している。

 このことは当社にも当てはまり、案内栞に示されている方位図によれば、当社の本殿は、真正面に春分秋分に生駒山系の山(山名不明)から登る太陽を望み、南に30度振った方位に冬至の日の出を望む地に立地するとみられ、そこから、当社は季節の節目である春分秋分の朝、昇る太陽を正面に拝する日読みの聖地だったことが窺われる。
 当地一帯を支配する豪族が、この地で、節目の太陽を拝することで季節の移り変わりを知り、それを元に農耕開始時期など生活に必要な情報を人々に知らせるなど、日を読むことを統治の手段としていたと思われる。

 このことから、当社もまた節目における太陽神を拝する日読みの地として創建された聖地であり、そういう意味では、当社祭神をホアカリあるいはそれと合体したオオイカツチホアカリとするのが妥当かと思われる。

社殿と太陽の関係を示す図

※創建由緒
 当社の創建由緒は不詳。その理由として、祭神不詳ということもあるが、若江鏡神社との社名の由緒もまた不詳ということがある。
 社名の由緒については、“若江”を氏族名とする見方と、地名とする見方がある。
・氏族名とする見方
 新撰姓氏禄に
 「右京諸蕃(漢) 若江造 出自後漢霊帝苗裔奈率張安力也」
との渡来系氏族があり、これが当社に関係するのではないかとの見方で、大阪府誌には
 「若江姓は外人の末なれども、河内国には神社にも大狛神社(大県郡)・許麻神社(渋川郡)等ありて、蕃別との関係深きが如きを以てみれば、若江郡と若江姓との関係全く無しとも限る可からず。思うに若江姓より出たる名なるべし」
として、若江氏の氏神が当社だとしている。
 ただ、姓氏禄・河内国には若江氏の名は見えず、また当地に居住していたとの確たる証拠はない。

・地名とする見方
 当社の案内栞によれば、
 「神功皇后4年6月、大干魃があり、近郷一帯の人々が困窮して神前で大般若経を昌読したところ、14日目に神社裏から清水が湧き出し村々を潤した。そこで、大般若経の“若”と清水が湧くもとの“江”をとって“若江”と呼ぶようになった」
とある。
 古来から。旱魃に際して神前で雨乞いの神事がおこなわれるのは通例だが、それを以て地名の起源とするのは根拠薄弱で、まして、神功皇后の御代に神前で大般若経が読まれたなど、如何に伝承とはいえ、後世の創作であることを露呈している。
 なお地名・若江とは、河内潟の奥まった入江の名から起こったのだろうという。

 若江が地名だとすれば、当社は“若江に坐す鏡神社”の意となり、鏡が問題となる。
 大日本史神祇志によれば、
 「三代実録・貞観8年(866)条に、美濃国に各務氏(カガミ)との氏族名が見える。各務と鏡とは音訓(カガミ)が通じるから、その一族がこの地に居住し、その祖神を祀ったのが当社であろう」(大意)
と記しているが、これは、音訓の共通性から美濃の各務氏をもってきたもので説得力は弱い。
 ただ、社名に同じ鏡をもつ神社として大和国城下郡に鏡作坐天照御魂神社(奈良県田原本市)があり、その地は日読みの聖地であるとともに、鏡作氏の遠祖・ホアカリを祀っている。
 当社が鏡神社と称することからみて、鏡作氏あるいはそれに連なる鏡作に関係する氏族が、その祖神であるホアカリを祀ったのが当社ではないかともいう(式内社調査報告)

 当地に鏡作に関係する氏族がいたとの資料はみあたらないが、鏡が宝器として重要視されていた時代、鏡作工人達が大和の鏡作社3社の周辺や河内の若江地方に居住させられ、大和王権の直接支配下に置かれていたのではないかともいう(和田萃-1995・大意、ただ、鏡作氏の祖神は天糠戸-アマノアラト-とする)。当地が日読みの聖地だったことを勘案すると、太陽神の形代としての鏡が作成されていたとも考えられる。

◎別名・塚本神社
 当社は、江戸中期の頃には“塚本神社”と呼ばれていたようで、河内鑑名所記(延宝7-1679)に「若江鏡神社塚本神社」と並記され、境内にも“塚本大明神”銘の石燈籠(元禄16-1703、正徳3-1713)があるという(未確認)
 この名は、境内右奥にある“鏡塚”からくるものと推測されている。

※社殿等
 八尾枚方線から住宅の間(昔の参道)を抜けた突き当たりに大鳥居が立ち、神額には“鏡神社”とある。境内に入り、古い石燈籠と大樹に囲まれた参道先に、東面して拝殿が、その奥に本殿が建つ。

 江戸時代のガイドブック・河内名所図会(享和元年-1801)には、街道からの長い参道奥の透塀に囲まれた神域内に本殿が鎮座し、その手前に雷神の手形石が描かれているが、拝殿らしき建物は見えない。街道からの長い参道の周りが宅地化してはいるものの、街道と社殿との位置関係は今とほとんど変わっていない。

若江鏡神社/大鳥居
若江鏡神社・大鳥居
若江鏡神社/参道
同・参道
若江鏡神社/河内名所図会
河内名所図会

 ◎本殿(東大阪市有形文化財)
   三間社流造(間口三間二尺・奥行二間)だが、実体は一間社流造2殿を中央の相殿によって連結したもので、中央部の相殿は四方が壁で中には入れず、前面の階段もない。しかし相殿部分は両間より一尺広くなっていて、あたかも主祭神を祀るかのような形となっているという。この社殿形式から、祭神を2座とする説が出たものと思われるが、この形式が創建当時からのものかどうかは不明。
 今の本殿は、文政11年(1828・江戸後期)再建されたもので、今、極彩色の飾りのほとんどが落剥するなど大分古くなっているが、文化・文政当時の華やかな面影をかろうじて残している。

 ◎拝殿
   唐風破風をもつ入母屋造(間口六間・奥行三間)。昭和60年(1985)、集まった浄財により新築再建されたもの。

若江鏡神社/拝殿
若江鏡神社・拝殿
若江鏡神社/拝殿内陣
同・拝殿内陣
若江鏡神社/本殿
同・本殿
(右下に雷石を囲む玉垣が見える)

 ◎雷神の手形石
 本殿と拝殿にはさまれた中庭に、玉垣に囲まれて『雷神の手形石』(雷神岩・雷手形石ともいう)と称する2個の石がある。 
 案内栞には、
 「神功皇后の時代、雷が誤って神前に落ち、神の怒りに触れ天上に帰れなくなった。そこで、二度と落ちない約束の手形を神前の石に残し深く誤ったので、許されて昇天した」
とあり、この伝承から、若江村一帯には雷が落ちないという俗説が信じられていたという。
 不定楕円形の石で、2個ともに長さ約1m強、地表に20cmほど出ているが地下部分の大きさは不明。

 案内栞には、「大昔の祭祀の場所か、大事なものを埋めてあると思われる」とあるが、常設の社殿が造営される以前の古代祭祀場・神籬(ヒモロギ)の跡であろう。
若江鏡神社/雷神の手形石

 ◎鏡塚
 社殿を囲む裏庭の右隅に小祠があり、『鏡塚』との神額が掛かっている。
 案内栞には、
 「神功皇后が三韓からの帰途、当社に立ち寄られ、鏡を埋め、塚が築かれたと伝えられ 別伝では、外国から移り住まれた豪族の后を祀った処ともいう」
とあるが、これは伝承であって、本来の由緒などは不明。
 祠の中に、宝篋印塔を模した石塔(約1m強)が立つが、一見して、それほど古いものではない。
 その奥に立石があり、これが本来の祭祀対象(磐座)かもしれない。
若江鏡神社/鏡塚小祠
小祠・鏡塚
若江鏡神社/鏡塚・石塔
同・石塔
若江鏡神社/鏡塚・磐座?
同・磐座?

 ◎末社
 境内には、天照皇大神社・熊野権現社・水神社・鏡竜社・塚本稲荷社の末社と御縁地蔵堂がある。

若江鏡神社/末社・熊野権現社
末社・熊野権現社
若江鏡神社/末社・水神社
末社・水神社
若江鏡神社/末社・鏡竜社
末社・鏡竜社
若江鏡神社/カヤの巨木と鏡竜社
カヤの巨木と鏡竜社

 ◎石燈籠
 境内参道の両側には古い石燈籠が並んでいる。紀年銘のほとんどが摩耗しているが、中に“宝暦2年(1752)銘”・“寛保元年(1741)銘”のものがある。

若江鏡神社/宝暦2年銘・石燈籠
宝暦2年銘・石灯籠
若江鏡神社/寛保元年銘・石燈籠
寛保元年銘・石燈籠

トップページへ戻る