トップページへ戻る

河内(高安郡)の式内社/鴨神社・趾
大阪府八尾市西高松町二丁目
祭神−−大田田根子尊・建角身命・伊邪奈美命
                                                         2010.06.25参詣

 延喜式神名帳に、『河内国高安郡 鴨神社』とある式内社だが、今は玉祖神社に合祀され、跡地には「式内 賀茂神社址」との石碑が立ち、傍らに小祠1殿が残っている。

 近鉄信貴線・服部川駅の北西約1.3km、大阪外環状線・水越交差点の北約150m先、工場北側の地道を西へ入った先、畑に囲まれた窪地にある。石碑の背後は、建設用重機の置き場に接している。

※祭神
 古代の豪族・鴨氏にかかわる神社とされるが、当跡地には祭神・由緒などにかかわる何らの案内もなく、詳細不明。また、当社が合祀されている玉祖神社(別項・玉祖神社参照)にも、鴨神社にかかわる言及はない。

 鴨(賀茂)氏には天神系と地祇系の2系統があり、新撰姓氏禄(815)によれば、
 ・「山城国神別(天神) 賀茂県主 神魂命孫武津之身(=建角身)命之後也−−(鴨県主も同じ)
   ここでいう武津之身命とは当社祭神・建角身命(タケツヌミ)のことで、カモタケツヌミともいう。
   タケツヌミについて、“日向の高千穂に天降りした神で、八咫烏となって神武天皇を先導して大和の葛城に留まり、
   山城を経て、石川の瀬見の小川溯った地に鎮座した”との伝承があり、今、京都・下鴨神社に祀られている
 ・「大和国神別(地祇) 賀茂朝臣 大国主神之後也 大田田祢古命孫大賀茂津美命[一名大賀茂足尼]之後也。奉斎賀茂神社也」
   オオタタネコとは、三輪山の神・オオモノヌシの4代の孫で、崇神朝に河内の美努村で見いだされ、
   祟り神・オオモノヌシを祀ることで天下泰をもたらした人物で、古事記では大神氏・鴨氏の祖神という。
とがある。
 ただ、当社にかかわる鴨氏が、どちらの系統かはっきりしない。また、イザナミを併祭する由緒は不明。

 しかし古史料によれば、
 ・神名帳に御祖神社の次ぎに鴨神社が記されていることから、この二社を京都にある賀茂御祖神社・賀茂別雷神社と同じとみて、当社の祭神を“賀茂別雷神”とする説−−大日本史神祇志(1873)・神祇志料(1871)
 ・古事記に記す“オオタタネコは鴨氏の祖神なり”との記事から、“オオタタネコ”一座とする説−−神名帳考証(1661--73)・河泉神社記(1873)
 ・鴨(賀茂)を名乗る氏族にかかわる神には同名異神が多いとして、“当社の祭神は分明ならず”とする説−−神社覈録(1870)
などの諸説があり、現祭神で異論がないわけではない。

 旧社地(西高安町)の西方・上之島町付近は旧三野郷村上之島と呼ばれ、往古の美努村に当たると推測されている。美努村とは、崇神天皇のころオオモノヌシを祀ったオオタタネコが見つかった処であり(古事記)、当社祭神・オオタタネコと関係するのでは、ともいう(式内社調査報告-1979)

※創建由緒
 当社創建の年代・由緒ともに不詳だが、三代実録(901)の貞観2年(860)条に記す
 「河内国従五位下豊稲売神・御祖神・御子宮神に従五位下を授く」
の、御祖神・御子宮神の記載順が神名帳の御祖神社・鴨神社の順と同じことから、実録にいう“御子宮神”を神名帳の“鴨神社”すなわち当社とする見方がある。とすれば9世紀からの古社となるが、確証はない。

 中世の頃には、当地東方にある玉祖神社の勢力拡大にともない、その支配下に入ったといわれ、玉祖神社に祀る三大明神の一つ“鴨森大明神”が当社だという。

 江戸時代の古史料・河内志(1733)には
 「(高安郡)大竹村鴨森に在り」
とあり、大竹村鴨森にあった鴨森大明神社をもって式内・鴨神社に比定しているが、社名・鴨と地名・鴨森とが符合するからではないかという。
 その後も、大竹村の鴨森明神(明治以降は鴨神社)として存続していたが、大竹村の氏神ではなかった(氏神は玉祖神社)こともあり、明治40年(1907)玉祖神社に合祀され、今に至っている。

※旧社地
 大阪外環状線・水越交差点の北西、畑に囲まれた小さな窪地が旧社地で、低い石壇上に『式内 賀茂神社趾 大竹氏子中』との石碑が、その前に簡単な注連柱が立つ。
 畑からの降り口に簡単な階段があり、「神社の境内で、犬のフンをさせるな」との立て札が立つ。
 往古の当地は、旧大竹集落の西のはずれの低地にあって、氏子らの集落とはおおきく離れていたといわれ、今も大阪外環状線の西側にあり、道路沿いに人家が連なっているとはいえ主要集落地との地理的関係は薄い。
 そういう地理的条件のためか、訪れる人もないようで、草も生え放題で、管理もいきとどいていない。

鴨神社/旧社地
鴨神社・旧社地
鴨神社/旧社地・石標
同・石標
鴨神社/旧社地・正面
同・正面

 跡地石標の左前(南)、東向きの覆屋の中に流造の小祠があり、屋根の上に“鴨神社”と記した板片が置かれている。
 明治40年の玉祖神社合祀後、大正12年(1923)に建てられた小社殿が消失したため、、昭和46年(1971)、地元大竹地区の氏子の浄財をもって建造されたという小祠だろうが、今は扉の鍵も壊れていて、訪れる人もないらしい。


鴨神社・旧社地・覆屋

鴨神社・旧社地・小祠

トップページへ戻る