トップページへ戻る

河内(若江郡)の式内社/加津良神社
大阪府八尾市萱振町5丁目
祭神−−素盞鳴命
                                                              2010.06.06参詣

 延喜式神名帳に、「河内国若江郡 加津良神社」とある式内社。

 近鉄大阪線・近鉄八尾駅の北約1.3km、駅前から北へ向かう旧河内街道のバス停・萱振のすぐ北に鎮座する。道路(河内街道)が南北に貫通することから境内が二分され、東側に社殿が建ち、西側は小公園となっている。

※祭神
 社頭に掲げる案内(八尾市教育委員会)には、
 「祭神は素盞鳴命(スサノヲ)であるが、現在は牛頭天王(ゴズテンノウ)と称している。疫病を治める神として祀られた」
とあるが、これは誤記で、“祭神はスサノヲであるが、古くは(江戸時代まで)ゴズテンノウと称していた”と記すべき。

 古資料でも、河内名所図会(1801・江戸後期)には
 「今牛頭天王と称す、此の生土神とす」
とあり、明治に入っての大阪府誌(1903)にも
 「素佐男命を祀り、・・・」
とある。明治初年の神仏分離によって、江戸時代あるいはそれ以前から祀られていたゴズテンノウが邪神として排斥され、同神とされる素戔鳴に変更されている。
 ただ、ゴズテンノウあるいはスサノヲは、江戸時代あるいはそれ以前に勧請された防疫神で、本来の祭神ではない。江戸期には、当社本来の祭神は忘れられていたらしい。

 本来祭神について記す史料は少ないが、社名“加津良”を古代氏族・縵連(カツラノムラジ)の“縵”とみて、蔓・鬘・縵など頭髪の飾り物に関係する職能を持った氏族が、その祖神を祀った社ではないかという(式内社調査報告・1979、以下同じ)

 ただ縵連には
 ・新撰姓氏禄(815)に、「大和国諸蕃(百済) 縵連 百済人狛より出ず」とある渡来系氏族
 ・先代旧事本紀(9世紀後半)に記す、“奄智縵連”(アンチカツラノムラジ)・“三川縵連”(ミカワノカツラノムラジ)・“磯城縵連”(シキカツラノムラジ)・“比尼縵連”(ヒネノカツラノムラジ)といった物部氏系氏族
の2系統があったといわれ、当社にかかわる縵連がどの系統かは不明。渡来系・物部系いずれも可能性があり、どちらと決めがたい、という。

 上記以外に、“加都良命”とする史料(神社覈録・1870、特選神名牒・1925)もあるが、その出自および当社祭神とする理由は不明。なお、加都良命とは播磨国に関係の深い神らしい(兵庫県多可郡に加都良神社あり)

 これらのことから、当社本来の祭神は不明とするのが順当であろう。

※創建由緒
 当社創建に関して年代を記す史料はないが、三代実録(901)
 「清和天皇貞観9年(867)2月廿六日丙申 河内国若江郡加津良神を以て官社に預かる」
との記事があり、9世紀以前からの古社といえる。

 社頭の案内に、「昔は社地が広く、宮跡・神道森・鳥居・西松馬場などの地名が遺っている」とあるように、古くは広い境内をもつ大きな神社だったらしいが、中世以降の戦乱などにより次第に縮小したという。

 中世の頃から近世にかけては“牛頭天王社”として崇拝されたようで、河内名所図会(1801)には
 「今牛頭天王と称す、此所の生土神とす。祭事は生土の輩、神前にて松明を振りて神をいさむるなり。故に萱振の名あり」
と記している。

 明治41年(1908)、政府の命により栗栖神社(現八尾神社−JR八尾駅の西)に合祀されたが、社殿・ご神体はそのまま残り、戦後になって復社している。

※社殿等
 境内の真ん中を南北に河内街道が通っているため、境内奥行きが狭い。
 道路脇に鳥居(刻銘・享保五庚子-1720-三月吉日あり)が、その脇に「式内 加津良神社 萱振□」との石標が立ち、数十歩の位置に古びた社殿が建ち、社殿内に本殿の祠が同居している。

加津良神社/鳥居
加津良神社・鳥居
加津良神社/社標
同・社標
加津良神社/社殿
同・社殿
加津良神社/社殿内陣
同・内陣(奥に本殿の祠が見える)

 道路を隔てた西側に、金網に囲まれた小さな公園がある。分断された曾ての境内地だが、今、どうなっているかは不明。
 小公園の西南隅に、小さな祠が2社、曾ての境内神社・琴比羅社(大物主命)・水分社(ミクマリ・水分神−水神)が祀られている。

トップページへ戻る