トップページへ戻る

河内(若江郡)の式内社/川俣神社
大阪府東大阪市川俣本町
祭神−−大己貴命・少彦名命・保食神
                                                              2010.04.03参詣

 延喜式神名帳に、『河内国若江郡 川俣神社 鍬靫』とある式内社。社名はカハマタ(カワマタ)と読む。

 大阪市地下鉄・高田駅(JRおおさか東線・高井田中央駅)の東北東約850m、地下鉄北側の道を東へ、西堤東交差点を北上、最初の信号を東へ、第2寝屋川(川俣大橋)を渡った先に鎮座する。
 曾ての川俣地区は、旧大和川の玉串川と長瀬川が合流して入江となっていた処で、旧大和川が河内湖沼に流入する最北端に当たっていただろうという。今も微低地であって、当社のすぐ西に第2寝屋川が北流し、コンクリート堤防が続いている。

※創建由緒
 当社の創建年代・由緒などは不明。神名帳(金剛寺本)の記載様式からみて、延喜式に先立つ弘仁式(840)の頃から小社に列せられていたのでは、という(式内社調査報告・1979、以下同じ)
 創建後の経緯もまた不明だが、江戸時代の古書・河内志(1733)には「川俣村」と、河内名所図会(1801)には「川俣村にあり。此所の生土神とす」とあり、川俣村の産土社をもって式内・川俣神社としたものという。当社を式内・川俣神社とする何らかの伝承があり、それをうけて、河内志の著者・並河誠所によって、当地にあった産土社を式内社に当てられたのかもしれない。
 今、正面に立つ鳥居(嘉永2年・1849、江戸末期)に、「奉寄進天神宮御宝前」とあり、江戸時代には菅原道真を祀る天神社として知られていたらしいが、今、その痕跡はない。

※祭神
 今の祭神は、オオナムチ・スクナヒコナ・ウケモチの3座としているが、延喜式での祭神は一座であり、当地を勢力基盤としていたいた古代氏族・川俣公の祖神である“彦坐王”(ヒコイマスオウ)が本来の祭神ではないか、という。

 川俣地区に関係すると思われる古代氏族には、川俣公(カハマタノキミ)と川跨連(カハマタノムラジ)があり、新撰姓氏禄には
 「河内国皇別 川俣公 日下部連同祖 彦坐命之後也」
   (「河内国皇別 日下部連 彦坐命子狭穂彦命之後也」)
 「河内国神別 河跨連 津速魂命九世孫梨富命之後也」
とある。
 川俣公の祖・ヒコニイマス王とは開化天皇(実在したかどうかは疑問視されている)の皇子で、古事記は日子坐王と日本書紀は彦坐王と記す。また川俣公と同祖とされる日下部連とは、河内湖東奥の入江にあった草香江(日下江・現東大阪市日下附近)を本拠とする氏族で、古事記には、「ヒコイマス王の子・サホヒコは日下部連・甲斐国造の祖」と記している。両氏相伴って河内湖の海上交通権・漁業権などを掌握して、河内湖周辺一帯を支配していたのではないかという。

 一方の河跨連とは、その祖とするツノハヤタマ命が中臣氏の祖神であることから、中河内に多い中臣氏系氏族で、大仏造営に際して銭一千貫を寄進したとの記事もあり(続日本紀)、相当の勢力・財力を持っていた氏族と推測される。

 この両氏のうち、当社に関係する氏族としては、同じ河内湖の草香江にいた同族の日下部連と一体となって、河内湖沿岸一帯を支配していたと推測される川俣公の方が可能性が強く、為に祭神をその祖神・ヒコニイマスとするのではないか、という。

 とはいえ、当社祭神については、
 ・祭神川俣公祖神か−−神社覈録(明治3・1870)
 ・川俣公の祖彦坐命を祀る−−大日本史神祇志(明治6・1873)
 ・祭所川俣公祖日子今簾命(彦坐命)、俗称大名持神・少彦名神・保食神−−河泉神社記(明治6・1873)
 ・彦坐命・大己貴神・少彦名神・保食神−−大阪府神社財産登録(明治12・1879)・大阪府神社明細帳(大正12・1923)
 ・大己貴神・少彦名神・保食神−−大阪府誌(明治36・1903)・大阪府全志(大正11・1922)
 ・川俣公の祖・彦坐命、或いは大己貴神・少彦名神・大年神−−大阪府史蹟名勝天然記念物(大正14・1928)
 ・宇気母智神(保食神)・少彦名神・大年神−−特選神名牒(大正14・1928)
のように諸説があり(式内社調査報告)、定説はない。
 
 これらからみて、当社本来の祭神は、川俣公の祖・彦坐王だが、明治になってオオナムチ・スクナヒコナ・ウケモチが加わり、次第にヒコニイマスに取って代わり、本来の祭神・ヒコニイマスが忘れられたのではないか、と思われる。あるいは、明治初年の神仏分離に際して、ヒコニイマスという古くて知名度の低い神を、オオナムチすなわち大黒さん以下の身近な親しみやすい神へと変えたのかもしれない。
 因みに、今のご神体は、俵の上に座す大黒天と、右手に鎌らしきもの、左手に薬草をもつ神で、農耕の神・医薬の神としてのオオナモチ・スクナヒコナ・ウケモチに見合うものだという(式内社調査報告)
 なお、オオナムチ以下の3座は江戸時代から祀られていたともいう(同)。可能性はあるが、それを示す史料はみあたらない。

※社殿
 境内には、拝殿(間口三間・奥行一間半)と覆屋(方三間)に収められた本殿(間口一間一尺・奥行一間に尺、明治28-1895:建造)があるのみで、末社等は見えない。


川俣神社・鳥居

同・拝殿

同・本殿(覆屋)

トップページへ戻る