トップページへ戻る

河内(渋川郡)の式内社/許麻神社
大阪府八尾市久宝寺5丁目
祭神−−牛頭天王・高麗王霊神・素盞鳴命・許麻大神
                                                              2010.05.30参詣

 延喜式神名帳に、『河内国渋川郡 許麻神社』とある式内社。

 JR関西線・久宝寺駅の北約500m。駅の東を南北に走る府道179号線を北上、同5号線に突き当たった先、駅南の家並み越しに鎮守の森が見える。

※祭神
 今の祭神は牛頭天王(ゴズテンノウ)以下4座となっているが、当社案内の“社名の由来”によれば、
 「往古、この辺りは朝鮮の高麗からの渡来系民族が各処に盤踞し、繁行した氏族が祖霊として祭祀した由緒をもって“高麗”と呼び慣はされていたことから社名となったもの」
とある。高麗からの渡来人がその祖神を祀った神社で、高麗王霊神がそれに当たるか。

 ただ、当社祭神について、古資料には
 ・牛頭天王−−河内志(享保18-1733)・河内名所図会(享和元-1801)
 ・許麻大神、昔は牛頭天王と称せり−−大阪府誌(明36-1903)
 ・高麗王霊神:大狛氏の祖神を祀りしものならん、昔は天王と称す−−大阪府全志(大11-1922)
 ・牛頭天王と称するも祭神詳ならず、又云う、高麗人の祖を祀ると−−大阪府史蹟名勝天然記念物(昭3-1928)
 ・牛頭天王・高麗王霊神・素盞鳴命・許麻大神−−大阪府神社名鑑(昭12-1937)
 ・高麗王霊神−−大阪府神社明細帳(昭46-1971)
などがあり、一定しない。
 この経緯からみると、渡来人・狛氏の祖神が表に出たのは明治以降で、江戸期までは防疫神・ゴズテンノウを祀る社として崇拝されていたらしい。

 現祭神名の最初に置かれるゴズテンノウとは、中世以降、特に江戸時代に疫病除けの神として崇拝された渡来系の防疫神で(諸説あり)、明治初年の神仏分離に際して邪神として排斥されたため、ほとんどの牛頭天王社では祭神名を同一神とされるスサノヲへと変更している。
 そんな中で、ゴズテンノウを祭神のトップに置くのは珍しいが、併祀されているスサノヲとともに当社本来の祭神ではない。

 高麗王霊神とは、当地に居たとされる高麗系氏族の祖神を指す一般的神名と解され、許麻大神もまた“許麻に坐す大神”を意味する一般名で、高麗王霊神と同体とも解される。
 河内国に居住した渡来人で“コマ”を名乗る氏族として、新撰姓氏禄(815)には
 ・河内国諸蕃    大狛連  高麗国溢士福貴王之後也
 ・河内国諸蕃    大狛連  高麗国人伊利斯沙礼斯之後也
 ・河内国未定雑姓 狛人    高麗国須牟祁王之後也
 ・河内国未定雑姓 狛染部  高麗国須牟祁王之後也
などがある。
 これら狛人のいずれが当地に居たのかは不明だが、大阪府史蹟名勝天然記念物(1928)は、
 「許麻神社は大狛連の祖神・溢士福貴王ならんか」
と記している。

※創建由緒
 当社の創建年代および創建後の経緯は不明。
 当社案内には
 「河内国内神名帳に“神位三位を授けらる”とあり」
とあるが、その出典・時期は記されておらず、確認不能。

 また、「久宝寺明細帳(文政10-1827)には『各社人は無御座候。惣村持にて御座候』とあり、久宝寺の氏神として村全体の維持管理とされて、現在に及んでいる」
ともあり、早くから特定氏族による祭祀は止んでいたらしい。
 参詣した時も、6月の各日曜におこなわれる大祓祭(夏越祭)の準備とかで、氏子らによる広い境内の清掃がおこなわれていて、氏子による管理は今も続いているらしい。

※社殿
 大鳥居をくぐり、参道を進んだ先に拝殿(入母屋造・五間×二間・瓦葺)、その奥、透塀に囲まれて本殿(一間流造・銅板葺・RC造)が鎮座する。
 現在の社殿は、昭和44年不審火による本殿全焼・拝殿類焼の後、同46年に再建したもの。

許麻神社/鳥居
許麻神社・鳥居
許麻神社/本殿
同・本殿
許麻神社/拝殿
同・拝殿

※末社等
  境内右手に末社6社が並ぶ。いずれも勧請由緒・時期など不明。

 境内右手手前から
 *金比羅神宮(崇徳天皇)

 *合祀殿−天満社(菅原道真)・秋葉社(迦具土神)・稲荷社(保食神)

 *八幡神社(応神天皇) 

 *厳島神社(市杵島姫命)
   境内右奥の池の中に鎮座する小祠。
   曾て、この地にカキツバタが群生していたとのことで、傍らに、  「許麻の里 沢辺に生ふる 杜若
     君が手毎に 水やかかさん」(九我通久揮毫−大正初年)
   との歌碑が立ち、池内にカキツバタが残っている。  
許麻神社/境内(末社)
許麻神社・境内
(右から金比羅社・合祀殿・
      八幡社・拝殿
拝殿と八幡社間の奥に厳島社あり)
許麻神社/末社・厳島社
厳島社

◎手水舎

 境内に入ってすぐの左手に手水舎がある。
 この手水舎は、当地にあった古寺・久宝寺観音院が、明治の神仏分離によって廃寺となったとき、その鐘楼を転用したもの。

 久宝寺観音院は、聖徳太子建立(本尊・十一面観音−−太子自作という)との縁起をもつ古寺だが、松永弾正久秀の乱(16世紀中葉)で全焼(本尊は避難)。その後再建されたが、明治初年に廃寺となったという。 
許麻神社/手水舎(旧久宝寺観音院鐘楼)
手水舎(旧久宝寺観音院・鐘楼)

トップページへ戻る