トップページへ戻る

河内(若江郡)の式内社/栗須神社
現社名−−八尾神社
大阪府八尾市本町7丁目
祭神−−宇麻志麻治命・品陀和気命・武甕槌命・須佐之男命・菅原道真
                                                                2010.06.06参詣

 延喜式神名帳に、『河内国若江郡 栗須神社』とある式内社で、今、『八尾神社』と称している(明41-1908改称)

 近鉄大阪線・近鉄奈良駅の西約300m、線路の一本南にあるトーアロード商店街の南に位置する。商店街から神社へ入る路地の上に“八尾神社”との提灯が数個掛かっている。

※祭神
 当社栞には、上記宇麻志麻治(ウマシマジ)以下5座となっているが、本来の祭神はウマシマジ一座で、他の4座は後世になって合祀された神々。

 当社の栞には、
 「八尾神社はもと栗須神社と称し、西郷・木戸両村の氏神である。古代においては物部氏の一族・栗須氏の氏神であったと思われる。
 八尾市の跡部に物部守屋の阿都の別業があったことからわかるように、八尾の近辺は物部氏関係の氏族が多く住んでおり、栗須氏もそのひとつとして、早くからこの地に住んだものと思われる」
とある。
 栗須氏とは、新撰姓氏禄(815)に、
 「河内国神別(天神) 栗須連 神饒速日命孫干摩志摩治命之後也」
とある物部系の氏族で、当社は、この栗須連がその祖神・ウマシマジ(神武記に「ウマシマジは物部氏の祖」とある)を祀った神社とされる。
 なお、同じ栗須を名乗る氏族として、
 「右京諸蕃(漢) 栗須首 文宿禰同祖 王仁之後也」
 「和泉国諸蕃(漢) 栗須直 後漢霊帝四世孫阿智王之後也」
があるが、当地一帯が物部氏にかかわる土地であることから、河内国神別の栗須連とするのが妥当だろうという。

 しかし、江戸時代の古史料・河内志(1733)・河内名所図会(1801)には
 「八尾西郷邑にあり、今天王と称す」
とあり、当時は、防疫神・ゴズテンノウを祀る牛頭天王社として崇拝されていたようで、今、スサノヲが合祀されているのはその名残と思われる。ゴズテンノウは江戸時代に流行した疫病除けの神で、時期は不明ながら、江戸期までに勧請されたものと思われる。
 明治初年の神仏分離に際して、社名を栗須神社に、祭神名を同体とされるスサノヲへと変更している。

 合祀されている品陀和気命(ホムタワケ−応神天皇)は、明治5年(1872)・木戸村の八幡宮を合祀したもの。
 栞には、本殿に武甕槌命(タケミカツチ)・須佐之男命(スサノヲ)・菅原道真を本殿に合祀するように記すが、今、この三座は末社合祀殿に祀られている。スサノヲは上記の通りだが、タケミカツチ・菅原道真の勧請由緒は不明。

※創建由緒
 当社の創建時期は不明だが、三代実録(901)に、
 「清和天皇貞観4年(862)夏4月 河内国正六位栗須神に従五位下を授く。
  同4年11月 詔を以て従五位下栗須神を官社に預かる」
とあり、貞観以前からあった神社として同4年に官社として認められている。

 中世の頃の様子は不明だが、南北朝の始め、西郷邑には八尾城があって南朝方として活躍したといわれ、当社も城内にあった常光寺の鎮守だったのではないかという。なお八尾城は何度かの焼失再建を繰りかえしながら戦国末期頃までは存続していたようだが、消失時期は不明。今、境内の一画に『八尾城趾』との石碑が立っている。

 当社が式内・栗須神社とされたのは、江戸中期の頃、畿内の式内社を調査した河内志の著者・並河誠所が、西郷邑にあった牛頭天王社を式内・栗須神社としたことからのものだが、その根拠は不明。

 江戸時代の牛頭天王社は、明治初年の神仏分離によって社名を栗須神社に、祭神をウマシマジへと変更し、同5年木戸村の八幡宮を合祀して西郷・木戸両村の氏神となり、同41年(1908)、社名を八尾神社へ変更している。

 なお明治41年、八尾中町の八坂神社、萱振の式内・加津良神社(別項・加津良神社参照)を合祀したが(いずれもスサノヲを祀る)、戦後になって、両社とも旧地に復している。

※社殿等
 鳥居をくぐった参道先に拝殿、その奥板塀に囲まれた中に本殿が鎮座する。
 ・本殿−−春日造(間口四尺二寸・奥行き三尺九寸)・明治中頃の建物という。覆屋の中に鎮座する。
 ・拝殿−−入母屋造(間口五間・奥行き二間)・天保12年(1841)の建物というが、その後の改修など不明。

栗須(八尾)神社/鳥居
栗須(八尾)神社・鳥居
栗須(八尾)神社/拝殿
同・拝殿
栗須(八尾)神社/本殿
同・本殿

◎末社
 ・末社合祀殿−−タケミカツチ・スサノヲ・菅原道真
   社殿の右手にある合祀殿、中に古い小祠3基が並ぶ。
 ・末社(稲荷社)−−白龍大神
   社殿と末社殿にはさまれてある小祠
 ・末社(稲荷社)−−玉光大神・玉姫大神
   境内左手、古木の下にある小祠

栗須神社/末社殿
末社合祀殿
(タケミカツチ・スサノヲ・菅原道真)
栗須神社/末社1
末社(白龍大神)
栗須神社/末社2
末社(玉光・玉姫大神)

◎八尾城趾の祈念碑
 栗須神社の所在地・西郷地区は旧八尾八ヶ村のひとつで、小字名を“城町”ともいった。中世のころ八尾城があり、八尾地蔵と呼ばれる常光寺や当社も、八尾城域内に含まれていたという。

 南北朝のはじめ、八尾別当権僧正顕幸が当地に八尾城を建てて南朝方として活躍したが、湊川の戦いの後北朝方の手に帰し、延元2年(1337)南朝方の攻撃により焼失したいう。
 その後再建されたようで、戦国末にはキリシタン大名・池田丹後守が居城していたというが、その後の経緯は不明(式内社調査報告・1979)

 今、境内右手奥に『八尾城趾』と刻した祈念碑が建っている。
八尾城趾の祈念碑
八尾城趾の碑

トップページへ戻る