トップページへ戻る

河内(高安郡)の式内社/御祖神社・址
大阪府八尾市大窪
祭神−−不詳
                                                             2010.06.25訪問

 延喜式神名帳に、『河内国高安郡 御祖神社』とある式内社だが、今は玉祖神社に合祀され、跡地の小公園の一画には『式内 御祖神社』との石碑が立っているのみ。御祖はミオヤと訓む。

 近鉄信貴線・服部川駅の北約500mにある八尾市歴史民俗資料館の角を東へ入って約400mほど進むと、南側の畑の先にある児童公園が跡地。公園入口に“御祖神社”との幟が2本立っていたが、常設かどうかは不明。

※祭神
 社名の御祖(ミオヤ)とは祖先神を指すが、当社に関係する古代氏族不明のため、古史料が「祭神不詳」とするように、特定祖神の名指しは不能。
 ただ、推定祖神名として
 ・賀茂御祖神(京都・下鴨神社祭神)−−神社覈録(1870)・大日本史神祇志(1873)
 ・丹波多々須玉依比売(出自・神格不明)−−特選神名牒(1925)
とする史料もあるが、その根拠不明であり、推定の域を超えない。

※創建由緒
 当社創建の時期・由緒ともに不明。ただ、神社のある大窪地区は、古代の高安郡屯倉郷との伝承があり、大化以前(6世紀頃)からの神社ではないか、ともいう(式内社調査報告・1979)
 三代実録に、「貞観二年(860)十一月 御祖神・御子宮神 並授正五位下」とある古社とされるが、この御祖神・御子宮神を上賀茂神社・下鴨神社とする説もあり、定説とはなっていない。

 江戸時代を通して大窪村に鎮座していたが、玉祖神社の支配下に入って氏神の地位も奪われ、為に、明治初年の神社整理によって玉祖神社に合祀され、跡地は小公園として現在に至っている。

御祖神社/跡地
御祖神社・跡地の小公園
(左手隅に石標あり)
御祖神社/石標
同・石標

トップページへ戻る