トップページへ戻る

河内(若江郡)の式内社/長柄神社
旧鎮座地−−大阪府八尾市東本町1丁目
祭神−−事代主命
                                                              2010.06.06参詣

 延喜式神名帳に、『河内国若江郡 長柄神社 鍬』とある式内社だが、明治末期の神社統合により、南南東約1kmの矢作神社に合祀され、旧社地には、「式内 長柄神社址」との石碑が立っている。

 近鉄大阪線・近鉄奈良駅の南約400m、駅の東を南北に通る広い道路を南下、東本町4丁目交差点を西へ入った北側、1丁目4番地街区の西北角に位置する。

※祭神
 旧社地に掲げる案内板によれば、
 「旧信貴道に面した長柄神社は、旧庄内村と旧東郷村の境にあり、祭神は事代主命(コトシロヌシ)で、別に八言事代主(ヤエコトシロヌシ)ともいわれ、大国主命の子とされている。
 古くから、子守勝手宮と呼ばれ、神の託宣(お告げ)をする神社といわれていた」
とある。
 コトシロヌシは神の託宣を司る神で、出雲系とするのが普通だが、奈良・葛城地方の土着神とする説もある。

 当社に関係するとされる長柄氏とは、新撰姓氏禄(815)
 「大和国神別(地祇) 長柄首 天乃八重事代主神之後也」
 「和泉国神別(地祇) 長公 大奈牟智神児積羽八重事代主命之後也」
とある氏族で、奈良県御所市には祖神・コトシロヌシを祀ると思われる同名の長柄神社(式内社)がある。当社も、この長柄氏の一族が祀った氏神社と推測されているが、長柄氏が当地にいたとする確証はない。

 なお、姓氏禄・河内国に長柄氏が見えないことから、「祭神不詳」とする史料(神社覈録-1870)もある。

※創建由緒 
 当社の創建年代・由緒など不明。
 中世以前の様子は不明だが、近世・江戸期の史料には
  「(若江郡)八尾村に在り。今子守勝手宮と称す」−−河内志(1733)
  「八尾村にあり。延喜式に出、今子守勝手祠といふ。此所の生土神なり」−−河内名所図会(1801)
とあり、八尾村のうち庄内村と東郷村の氏神・“子守勝手宮”と“三宝荒神社”として奉祀されていたようで、幕末の村絵図にはこの2社が描かれ、長柄神社の名は見えないという。

 河内志以下の諸史料は、この子守勝手宮を式内・長柄神社に当てているが、その根拠は不明。矢作神社の宮司が書いた資料には
 「長柄神社 荘内村、子守大明神・勝手大明神 東郷村」
とあり、長柄神社と子守勝手宮とは別社のようにも書いてあるという。

 子守勝手宮の祭神名・由緒などは不明だが、子守とは水分(ミクマリ・水の分配)が転じた(ミクマリ→ミコモリ→コモリ)ともいわれ、当社も農耕に必要な水を司る水神として崇拝されたのかもしれない。

 明治5年(1872)、子守勝手宮が村社に列されたとき、社名を長柄神社に、祭神をコトシロヌシに変更し、その後、明治40年(1907)、政府の神社統合整理によって矢作神社に合祀されている。

※現状
 式内社調査報告(1977)によれば、合祀前(明治12-1879)には本殿(桁行一間・梁行五尺)・拝殿(桁行三間・梁行二間)があったというが、今、社殿はなく鳥居のみが残っている。
 その鳥居の奥、玉垣に囲まれた旧社殿跡に、「式内 長柄神社址」との石碑が立つ。背面には、「祭神 事代主神 東郷・庄ノ内氏子一同建之」とある。昭和7年10月建立。

元長柄神社/鳥居
元長柄神社・鳥居
長柄神社/跡地
同・跡地

長柄神社址の石碑
同・石碑

トップページへ戻る