トップページへ戻る

河内(大縣郡)の式内社/鐸比古鐸比売神社
大阪府柏原市大県4丁目
祭神−−鐸比古命・鐸比売命
                                                           2011.04.29参詣

 延喜式神名帳に、『河内国大縣郡 鐸比古神社』および『同 鐸比売神社』とある式内2社を一社にまとめた神社で、江戸時代には高尾大明神と称したが、明治になって本来の鐸比古鐸比売神社と改称したという。
 “鐸”の読みには“タク”・“ヌデ”・“カネ”などがあるが、今、当社社頭の案内には“ヌデヒコ・ヌデヒメ”とある。

 近鉄大阪線・堅下駅の東北東約700m、駅東を南北に通る国道170号線(旧東高野街道)・大県交差点の一本北の辻を東へ入った突きあたり、高尾山(H=277m)山麓の微高地に鎮座する。

※由緒
 社頭に掲げる案内には、
 「成務天皇21年の創建と伝えられ、延喜式内の古社にして、従三位の神階を給う(両神とも)
 往古、鐸比古命は当社奥之院高尾山頂に祭祀され高尾大明神と称し、また鐸比売命は高尾山麓姫山に祭祀され比売御前と称し、雨乞いの勅願所でもあった。
 中世、現在地に祭祀されるも兵火に遭い、現本殿は元禄時代の再建である」
とある。

 大阪府全志(1903)によれば、
 「鐸比古鐸比売神社は中山の中腹にあり、延喜式内の神社にして鐸比古命・鐸比売命を祀れり。・・・もと両社とも大字法善寺の内にありて別社たりしが、鐸比古神社は元禄3年(1690・江戸中期)高尾山より此の地に移り、鐸比売神社は字姫山より此に遷座して同社となれり。社名を一に高尾神社と称せるは、高尾山にありしに依れり。・・・・・}
とあるが、大阪府史蹟名勝天然記念物(1928)には
 「堅下村大字大県。大県の東方、高尾山麓に鎮座す。・・・鐸比古神社はもと高尾山頂に鎮座せしが、延歴年間(782--796・奈良末期)現今の地に遷宮。鐸比売神社も亦高尾山の東・姫山に鎮座せしが、年代不詳今の地に遷せり」
とある。
 いずれも、両社ともに現当社の背後に聳える高尾山中にあったものを山麓に遷座して一社になしたとするが、その時期について江戸中期と奈良時代では大きく異なっている。

 しかし、大阪府全志には
 「天正年間(1573--92)松永弾正久秀の信長に叛くに及び、織田信長の信貴山城攻取計画の間之が明渡を命じ、陣払いの節、兵略上焼払ひければ灰燼となりしも、乱定の後天正5年(1577)9月新池五拾石を寄せ、且石燈籠一対を奉納せり」
とあ.る。
 当社が、信長によって軍営地として利用されたことからみると、険しい磐山の山頂ではなく山麓(現在地)にあったと思われ、また、案内に“中世、現在地に祭祀されるも兵火に遭い”というのが“信長による焼払い”を指すとすれば、江戸前期の遷座とするのは平仄があわない。
 鐸比古神社は室町以前には現在地に遷座していたと思われるが、その時期は不詳。

 また堅下村誌(1929・昭和初期)添付の“堅下村略図”をみると、
 ・当社現在地付近に“鐸毘古神社”との表示はあるが、“鐸比売神社”の表示はみえない、
 ・神社の北・高尾山表示の右(東)に“姫御前”の表示がある、
ことから、この略図が描かれた当時、鐸比売神社(姫御前)は鐸比古神社に合祀されていなかったともとれる。
 この古地図が何時頃のものかは不詳だが、安堂地区に大正13年(1924)に合祀創建された“二宮神社”の名が記されていることから、大正末期から昭和初年の頃かと推測され、これからみると、鐸比売神社の合祀は昭和に入ってのことかもしれない。
 (ただ、同時期に出版された大阪府史蹟名勝天然記念物には、“年代不詳今の地に遷せり”とあり、大正末以後の合祀をとする推測とは食い違う)

※祭神
 社名からみて、当社祭神が鐸比古命(ヌデヒコ)・鐸比売命(ヌデヒメ)であることは確かだが、記紀等にその名が見えず、出自不明。
 社頭に掲げる案内には、
 「鐸比古命は垂仁天皇の御子にして、記紀には沼帯別命或は鐸石別命とある」
とあり、古資料にも
 ・鐸比古命は和気清麻呂の遠祖なる垂仁天皇の皇子・鐸石別命の裔ならん−−大阪府全志
 ・垂仁天皇第四皇子・鐸石別命並びにその妃を祀り、・・・−−大阪府史蹟名勝天然記念物
とあり、垂仁の御子・鐸石別命(ヌテシワケ・書紀、古事記では沼帯別命・ヌタラシワケ)を充てている。

 その根拠となるのが、岡山県備前市で発見された“備前国赤磐郡佐伯本村宇佐八幡宮縁起”(建武元年・1334)に記す、
 「弘文院記(和気氏関係の古記録・平安末期)に曰く、鐸石別命は垂仁天皇の皇子也。成務天皇19年崩御。河内国大県郡高雄(高尾)山に葬る。同帝21年祠を建て之を祀り鐸彦(比古)神社と云ふ。
 応神天皇元年、弟彦王(鐸石別命の曾孫)が河内国より備前国~村山に遷座奉る」(堅下村誌・1925)
といわれ(大正3年・1914、京都護王神社の社司・半井眞澄氏−和気氏子孫−発表)、この縁起前段によって、高尾山に葬られた鐸石別命を当社の祭神・鐸比古命に充てたもので、ヌデヒコ=ヌデシワケとするのは大正3年以後のことという(式内社調査報告・1979)
 また当社案内に、当社の創建を成務21年とするのも、この縁起をうけたものであろう。
鐸石別命は和気氏の祖神とされ、新撰姓氏禄には
 「右京皇別 和気朝臣 垂仁天皇皇子鐸石別命之後也 
   神功皇后凱旋後起こった忍熊王の反乱のとき、皇后の命により、鐸石別命の曾孫・弟彦王が播磨と吉備の境に関(和気関)
   設けてこれを防いた功により、乱平定後、吉備磐梨県を賜った(大意)
とあり、忍熊王反乱時の功により弟彦王が賜った備前国磐梨郡(イハナシ)に勧請した鐸比古神社の分社(上記縁起後段)が、今、岡山県和気郡和気町に鎮座する和気神社で、当社から勧請した鐸石別命と弟彦命他を祀るという。

 この鐸比古命・鐸石別命同体説について、式内社調査報告は
 ・鐸比古命と鐸石別命の名前の違いについての説明がない
 ・当地(堅下地区)と和気氏との関係が不詳
 ・縁起そのものの信憑性
などから、「祭神の鐸比古命を鐸石別命と言いきることは大変難しい」という。

 これに対して
 ・古語拾遺(807)に、「天目一箇神(アメノマヒトツノカミ)をして雑(クサグサ)の刀・斧及び鉄の鐸(古語に佐那伎-サナギ-といふ)をつくらしむ」とあり、“鐸をサナギと読んで、鉄鐸を意味する”としている。
 ・サナギという地名が幾箇所かあり、そこから銅鐸が出土した事例が数例あることから、ここでは鉄鐸のみをサナギと思ったのかもしれないが、元々は銅鐸を含めて金属製の鐸をサナギと呼んだと思われる。
として、鐸とは銅鐸・鉄鐸なと金属製品に関係する呼称で、鐸石別命は金属精錬・製鉄に関係すると思われる。
 また
 ・播磨国風土記に、「鐸石別命の後裔である和気氏(和気清麻呂の出身氏族)の一族(風土記注記には部民とある)と思われる“別部の犬”という人物が、播磨国讃容郡の鹿庭山の付近から砂鉄を発見し、その子孫たちが初めて朝廷に奉った」
とあり、和気氏の根拠である備前国石生郷から銅鐸が出土しているから、
 ・和気氏は金属精錬に縁由をもつ氏族であり、その遠祖である鐸石別命も銅鐸と無縁ではないと思われる、
という。(谷川健一・青銅の神の足跡・1989)

 これらをうけて、
 「当社のある大県遺跡では、5世紀後半から6世紀にかけて製鉄がおこなわれていたが、物部本宗家が滅びた後(6世紀末)、大県郡の中心部(当社周辺)にいた金属精錬・製鉄にかかわる人々が、当社の南南東方の山中の地・雁多尾畑・青谷の地に移住したであろう。そこには鍛冶の神を祀る金山彦・金山姫神社がある。
 物部氏は倭鍛冶の管掌氏族であり、鐸石別命を祖とする和気氏も金属精錬・製鉄に係わったという点で物部氏と係わりがあるが、製鉄に関係する人々が祀っていたと推測される当社も又物部氏と関係があったとおもわれ、物部氏を回路として和気氏の祖の鐸石別命は当社と結びつく」
 「当社は神名帳に鐸比古・鐸比売神社とあるのだから、あえて祭神を鐸石別命とする必要はない。当社が鐸石別命としたのは、和気清麻呂にあやかって和気氏の祖を祭神にしたかったためであろう」(大意、大和岩雄・神社と古代民間祭祀・1989)
という。

 この鐸比古命・鐸石別命同体説の可否は判断できないが、当社は、金属精錬・製鉄にかかわっていた人々が、その守護神として銅鐸・鉄鐸に係わる名を持つ鐸比古命・鐸比売命を祀ったのであろう。

※社殿等
 国道170号線(旧東高野街道)に面した一の鳥居から民家に挟まれた参道を東へ、高尾山山麓の境内入り口から石段を登った上、石を積みあげて造成された狭い境内に、張り付くように入母屋造・瓦葺きの拝殿が建つ。
 その背後・塀に囲まれた中に本殿があるが、よく見えず詳細不明。


鐸比古鐸比売神社・一の鳥居

鐸比古神社・社標

同・境内入口

同・社頭全景(二の鳥居)

同・拝殿

同・拝殿内陣


※高尾山頂・旧鎮座地
 今、当社の背後(東)に聳える高尾山について、大阪府史蹟名勝天然記念物には、
 「高尾山は、もと法善寺所属の飛地たりしが、明治21年(1888)飛地の整理によりて本地(大県)所属となる。・・・
 山頂に鐸比古神社の址あり、高さ五丈・周囲凡九拾間・広さ百五拾坪の地にして、奇岩怪石屹立し、一小社を存して今に奥の院といふ。同所を下りて東方四拾間余の所に復た鐸比売神社の址あり。周囲参拾間広さ四拾四坪にして、巨岩累々雑木繁茂して人跡なし。里俗は其の地を比売御前と呼び、字を姫山と称せり」
とあり、柏原市史には
 「高尾山は高雄大宮の古跡にして、神石之有り」
とある。

 高尾山へ登るには、当社参道石段下の道を右(南)へ進んだ先(トイレ前)から山に入るハイキング道(狭い山道)がある。ハイキング道(ある程度整備されているので迷うことはない)を30分ほど登ると舗装道路(2車線道路)に出る。舗装道路を左(西)へ少し進んだ左に赤く塗られた木製鳥居が立ち、山頂への山道がはじまる。
 鳥居をくぐって少し進むと、山道の真ん中に大きな石があり傍らに“鐸比古大神”との石標がたち、その右に山頂へ至る細い山道がある(石標のみで案内表示なし)

 山頂への山道はやや急峻で足場は悪く、雑木が繁茂し見通しも利かない。途中にロープをたぐって登る箇所が2ヶ所ほどあり、登りきると頂上の大岩石の上に出る。
 山頂の岩場は畳2畳弱ほどの岩石で、周りに数個の大石がある。西方のみが開いていて柏原の市街地が望める。なお、石標前を直進した右手山腹にも、雑木に囲まれていくつかの巨岩群がある。

 この頂上一帯の磐座が鐸比古神社の奥の院と思われるが、何らの標示もない。祠があるというが、今の頂上付近には見えず、下を覗くと狭い平地があり、切りたった石壁(磐座)の途中に祠らしきものの片鱗が見える。この平池で、何らかの祭祀が営まれたのかもしれないが、足場が悪く、雑木が茂り磐座下に回りこむ路も見当たらず、全体像は不明。


奥の院・登頂路入口

頂上入口
(ここから右へ登る)

*高尾山頂上の磐座群
高尾山山頂の磐座1 高尾山山頂の磐座2 高尾山山頂の磐座3

 なお、高尾山の西方一帯には“大県遺跡”(オオガタ)・“高尾山遺跡”・“平野山遺跡”・“平野大県古墳群”などの古代遺跡があった。大阪府史・1巻(1978)によれば、
 ・大県遺跡−−−高尾山西麓の扇状地に立地した弥生前期から古墳時代に及ぶ集落址
 ・高尾山遺跡−−高尾山西側の山腹に拡がる防御的性格の強い弥生系高地性集落(標高200〜280m)で、
            弥生中期末もしくは後期始めから古墳時代初めまで続いた
 ・平野山遺跡−−高尾山遺跡の北西に拡がる高地性集落で、高尾山遺跡とほぼ同時期
という。
 今、頂上近くの山道脇に、平野大県古墳群から発見された小古墳2基(6世紀前半のもの及び7世紀初頭のものという)の石室石組の一部が移設復元され、また、高尾山頂上付近の急斜面からは“多紐細文鏡”(BC2世紀頃鋳造の舶載鏡、径21.7cm、わが国出土9面の中で最大)が出土したが(大正14年・1925)、出土地上方の鐸比売神社址付近から土砂と共に流下した可能性が大きいという。
(多紐細文鏡-タチュウサイモンキョウ−−鏡背にこまかい鋸歯文様がある白銅製凹面鏡で、中心からはずれた位置に2個の鈕が並んでいる古式の鏡で、朝鮮半島に多い。
 鏡面が凹面であることから、顔を映す化粧用の鏡というより、紐で吊り下げて太陽光線をキラキラと反射させるなど、宗教的・呪術的な用途に用いられたと想像されている)

トップページへ戻る