トップページへ戻る

河内(若江郡)の式内社/意支部神社
                                                           

                   論社  天神社(アマツカミノヤシロ)−−東大阪市御厨1丁目
                           祭神−−大名持命・少彦名命
                        長田神社−−東大阪市長田2丁目
                           祭神−−品陀別命・息長足姫命・多紀理毘女命
                                                                2010.04.03参詣

 延喜式神名帳に、『河内国若江郡 意支部神社』とある式内社だが、その後継社として、上記・天神社と長田神社の2社が挙げられ、河泉神社記(明治7-1874)に、
 「已に所在を失う、本郡御厨長田両邨之を争い、未決」
とあるように、明治初年からの論争が決着せず、今もって論社(候補社)となっている。
 後継社が確定しない理由として、社名・意支部・オキヘの意味が不明であること、また、当社の祭祀氏族もはっきりせず、その創建由緒・経緯などが不明のため、という。なお、社名は“イキヘ”と読まれた可能性もあるという。

 この2社ともに、大阪市地下鉄・長田駅の南に位置し、天神社は長田駅の西南約900mに、長田神社は駅の南約300mに鎮座する。いずれも、長田駅の西・府道2号線(旧大阪環状線)の長田交差点を南下、
 ・長田神社−−約350m先の信号(3ッ目)を左(東)へ約200m、
 ・天神社−−そのまま南下し、約400m南の第2寝屋川(新御厨中橋)を渡ってすぐを右(西)へ約300m
に鎮座する。

※論社の由縁
 両社それぞれの社頭に掲げる案内に、
 ・天神社
   「創建年代は文献等がなく分からないが、延喜式神名帳にみえる意支部神社が、この神社であるとも伝えられている」
 ・長田神社
   「延喜式内社に列記されて意支部神社と称し、広大な境内を有した豪壮な神社である」
と記し、ともに式内・意支部神社の後裔社であると記している。

 天神社・長田神社のいずれかを、式内・意支部神社とする理由として、その鎮座地の地名からくるとの説があり、
 ◎天神社では
   「当地の旧地名・河内国若江郡御厨村奥方の“奥方”が、意支部に通じるから」
という。
 字名・奥方を、オクガタではなく“オクヘ”と読むことで、社名・オキヘに通じるというのだろうが、そう読んだかどうか確証はない。
 なお、明治時代の地名・若江郡“意支部村”大字御厨をもって社名の由縁ともいうが、この村名は明治22年(1889)の町村制施行後の村名で、御厨の天神社が意支部神社であるとの主張に基づいて付けられた村名という。

 ただ、当地名・御厨について、社頭の案内には、
 「御厨という地名は、朝廷に御供えする魚介類を獲るため、平安時代の延喜5年(905)、附近に拡がる湖沼一帯を“大江御厨”と定めたことに由来する」
とあり、他にも
 ・延喜式・内膳司に「造雑魚鮨十石 味塩魚六斗河内国江厨所進」とある“江厨”が当地に当たる、
 ・文武天王が吉野に行幸したとき、当地から供膳したので此の名を賜った、
 ・称徳天皇が由義宮を造られたとき御厨が設置された
などの地元伝承があり、古くから、朝廷に魚介類を収める厨房的役割を果たしてきたこと、あるいは当社北側に神宮寺と思われる大きな寺院跡があることなどから、この辺りに式内社があってもおかしくはないが、
 一方では、当地に残る古文書(河若江郡御厨村明神一樋神社記・江戸時代)には、
 「孝謙天皇白雉2年(651)、中臣鎌足公勅を奉じて氷神を祭祀した。祭神・ミツハノメ命也。此を汀宮(ミギハミヤ)と称し、神号・一樋明神を賜る。
  一樋明神の神籬を御厨子明神とも御厨神社とも云う。又生土神の在名とも云う。此の神社は“延喜式に洩れたり”」
とあり(式内社調査報告・1979)、ここでいう御厨神社が天神社であると言い伝えられているようで、とすれば、天神社は式内・意支部神社ではないことになる。

 ◎長田神社では、
   「神社北方に、“意伎宮(イキノミヤ)屋敷”および“弓場”との小字があり、昔を物語っていること(社頭案内)
    当社所蔵文書・意支部神社儀敷次第の巻末に、河州若江郡長田村 月日 右衛門座株とあること(式内社調査報告)
などから、式内・意支部神社の後継という。
 これも、小字名・意支宮屋敷・弓場が何時の頃のものか不明だし、儀敷次第なる古文書が書かれた時期もはっきりせず(江戸時代ともいう)、根拠としては弱いのではという。
 また、当社が御厨地区より新しい自然堤防上にあり、御厨よりも新しいとみられること、長田村は中世の頃に開発された新しい村との説もあり、当社をもって式内・意支部神社とするには難があるという。

 以上のことからみて、天神社・長田神社いずれにしても、式内・意支部神社の後継社とするのは無理であり、といって当地区には、他に式内社に該当するような神社もなく、式内・意支部神社の鎮座地不明とする他はないらしい。

※祭神
 今、両社の祭神は上記のように
 ・天神社−−オオナモチ(オオクニヌシ)・スクナヒコナ
 ・長田神社−−ホムタワケ(応神天皇)・オキナガタラシヒメ(神功皇后)・タギリヒメ(宗像3女神の一)
とするが、
 ・天神社のそれは明治以降に持ちこまれた祭神であり、
 ・長田神社の3神のうちホムタワケとオキナガタラシヒメは合祀された八幡宮の祭神で、タギリヒメは度会延経著の神名帳考証(1670頃)に「祭神はオキツシマヒメ(=タギリヒメ)か」とあり(ただし、根拠不明という)、この説にもとづいて付け加えられたのではないかという(式内社調査報告)
 いずれにしろ、両社とも明治以降に定められた新しい祭神で、本来の祭神ではないということになる。

 このように、両社(即ち、意支部神社)とも本来の祭神は不明だが、祭神を当地に関係すると思われる古代氏族に求めると、
 ・御厨の天神社に関係する氏族としては、新撰姓氏禄(815)
  「河内国皇別 江首 彦八井耳命七世孫来目津彦之後也」
とある“江首”(エノオビト)が考えられるという。ヒコヤイミミとは神武天皇とヒメタタライスズヨリヒメとの間に生まれた三皇子の一(古事記)で、茨田連・尾張部・豊島連など多くの氏族の祖神とされるが、日本書紀には登場しない。

 ・長田の長田神社のそれについては、同じく姓氏禄に
 「河内国未定雑姓 長田使主 百済国人為君王之後也」
とある“長田使主”(ナガタオミ)ともいい、とすれば百済からの渡来人の後裔となる(未定雑姓とは、出自がはっきりしない氏族を指す)

 しかし、江首にしろ長田使主にしろ、意支部神社との関係が不明のため、これらの氏の祖を祭神とするのは無理という。

 一方、意支部をイキヘと呼んだ場合、続日本後紀・承和2年(835)条に、
 「河内国人左近衛将鑑伊吉史豊宗及び其の同族十二人に慈生宿禰を賜る。唐人揚雍七世の孫貴仁之苗裔也」
とある“伊吉史”(イキノフヒト)などが考えられるが、これも確証はないという(以上、式内社調査報告)

 いずれにしろ、意支部神社本来の祭神は不明というしかない。

※社殿等
◎天神社
 鳥居をくぐった正面に、唐風破風の向拝をもつ拝殿が、その奥に一間流造の本殿が建つ。
 本殿−−間口一間・奥行一間二尺
 拝殿−−間口31尺・奥行18尺
 いずれも昭和9年(1934)の改築という。

意支部神社論社/天神社・鳥居
天神社・鳥居
意支部神社論社/天神社・拝殿
同・拝殿
意支部神社論社/天神社・本殿
同・本殿

 社殿の左に小祠があり、元の本殿というが、今の本殿とは様式が異なり、現本殿との関係も不明。
 社殿の右手に、末社の小祠が4棟並ぶ。左から、愛宕神社(カグツチ)・須賀神社(スサノヲ)・水神社(タカオカミ)・稲荷神社(ウガノミタマ)の4社。
 なお、稲荷社の代わりに智葉神社(アメノクヒザモチ)を挙げる資料もある。アメノクヒザモチとは、イザナギ・イザナミの国生みによって生まれた水神だが(古事記)、これが稲荷社と変わった由縁は不明。また智葉神社が本来の末社とした場合、末社群には水神・タカオカミを祀る水神社があり、あえて水神2座を並べた理由も不明。
 また、末社群内の稲荷社とは別に、境内には稲荷社があり、これも詳細不明。
 
 境内には樹齢800年ともいわれる楠の巨樹(高約20m、幹廻6m)があり、樹の下に小さな祠が祀られているが、祭神不明。

意支部神社論社/天神社・元本殿
元本殿という小祠
意支部神社論社/天神社・末社群
末社群
(左から、愛宕社・須賀社・水神社・稲荷社)
意支部神社論社/樟の巨樹
楠の巨樹

◎長田神社
 入口の明神鳥井脇に立つ社標には、「式内社 長田神社」とある。当社が式内社の後継社という意味だろうが、式内社という限り、それは“意支部神社”であり、長田神社を式内社と称するのは誤解を生む。
 境内の奥に、拝殿が、その奥の透塀に囲まれた神域内に二間流造の本殿が鎮座する。
 本殿−−間口二間・奥行二間
 拝殿−−間口五間・奥行二間半

意支部神社論社/長田神社・社標
意支部神社論社・長田神社社標
意支部神社論社/長田神社・鳥居
同・鳥居
意支部神社論社/長田神社・拝殿
同・拝殿
意支部神社論社/長田神社・本殿
同・本殿

 境内には、末社合祀殿及び塞神社・龍王明神社との末社がある。
 合祀殿−−愛宕社(カグツチ)・水神社(ミクマリ)・琴毘羅社(コトシロヌシ)を祀る。
 塞神社(ヤチマタヒコ・ヤチマタヒメ)は邪神・悪霊の侵入を遮る神で、古く都の四方の大路でおこなわれた道饗祭で祭神として祀られたという。これが俗信仰と習合したのが道祖神信仰で、塞神社として祀られるのは珍しい。
 龍王明神社の案内には、「御祭神 巳様(ミィさま=ヘビ) 招福・築財の神」とある。

意支部神社論社/長田神社・末社合祀殿
意支部神社論社・長田神社
末社合祀殿
意支部神社論社/長田神社・末社・塞神社
同・末社・塞神社
意支部神社論社/長田神社・末社・龍王明神社
同・末社・龍王明神社

◎おかげ灯籠
 境内に、慶応3年(1867)銘のある「おかげ灯籠」と称する石燈籠が一対残っている。高さ:約2.9m。
上から“おかげ”・“まいり”・“世話方子供中”と刻まれた3層の台座上に、灯籠本体が立つ。

 この石灯籠は、当地の人々が、慶応3年の“おかげ詣り”に参加したことを記念して建てたもので、長田地区には他にも4基のおかげ灯籠が残り、うち1基には天保2年(1831)の紀年銘があるという。

 おかげ詣りとは、中世以降の伊勢信仰の広がりを背景に、江戸時代に流行した伊勢神宮への大量参詣をいい、お伊勢さん信仰に浮かれた人々が、勝手に仕事・家事を放り出して伊勢への旅に出ていったという特異な流行病的な社会現象をいう。
 知られたものだけで、寛永15年(1638)から幕末の慶応3年までの2世紀半に15回を数え、特に慶安3年(1640)・宝永2年(1705)・明和8年(1771)・文政13年(1830)のそれは大規模だったという。
 これが幕末になると、単なる庶民の大量参詣というより、「えゝじゃないか」の囃しに合わせた踊りを伴った、世直し願望を込めた大衆運動的なものへと変貌していったという。
意支部神社論社/長田神社・おかげ灯籠
おかげ灯籠

トップページへ戻る