トップページへ戻る

河内(若江郡)の式内社/坂合神社
大阪府八尾市小坂合町2丁目
祭神−−瓊瓊杵命・彦火火出見命
                                                               2010.06.06参詣

 延喜式神名帳に、『河内国若江郡 坂合神社二座』とある式内社。坂合には“サカヒ”・“サカアヒ”の訓みがある。

 近鉄大阪線・河内山本駅の西南西約500mに位置し、府道5号線(大阪港八尾線)・小坂合町2丁目交差点の少し東、道路から北へ少し入った処に鎮座する。

※祭神
 今の祭神はホノニニギ・ヒコホホデミの2座となっているが、河泉神社記(1874)には「所祭坂合部氏祖神 俗称神代三皇」とあり、地元では、明治以降(明治5年-1872-村社になったときらしい)ホノニニギ・ヒコホホデミ・ウガヤフキアヘズの3座(神代三皇)を祭神としていたらしいが、その理由は不明、、という(式内社調査報告-1979)。明治初年の頃、多くの神社が古くからの祭神を記紀等に著名な神々に変えているが、当社もその一例であろう。

 当社本来の祭神は、社名・鎮座地名などからみて、坂合部氏がその祖神を祀ったものだろう、という。
 坂合部(境部・堺部とも記す)とは国境を定めることを職掌とした氏族という(姓氏禄考証)
 その出自について、古事記・神武天皇条に
 「(皇子)神八井耳命(カムヤイミミ)は・・・坂合部連(サカヒベ ムラジ)・・・等の祖なり」
とあり、先代旧事本紀(天孫本紀)には
 「火明命十六世孫 尾治坂合連 此連 允恭天皇御世寵臣として供奉す」
と、また新撰姓氏禄に
 「摂津国皇別 坂合部連 大彦命之後也 允恭天皇御世 造立国境之標 因賜姓坂合部連」
 「左京神別   坂合部宿禰 火明命八世孫邇倍足尼之後也」
 「和泉国神別 坂合部 火闌降命七世孫夜麻等古命之後也」
とあるように、幾つかの出自の異なる氏族がある。
 ただ、姓氏禄の河内国に見えないこともあって、当社に関係する坂合部氏が祀る具体的な祭神名は決定しがたく、神社覈録(1870)には“祭神分明ならず”とある、という(式内社調査報告)。 

※鎮座由緒
 江戸期の史料には創建年代は記載されず、明治期の史料は「創建年代不詳」としている。しかし三代実録(901)
 「陽成天皇・元慶7年(883)、河内国正六位栗須神・堺神に従五位下を授く」
とあり、ここでいう堺神が坂合神と見られることから、それ以前からあったことは確からしい。

 当社中世の状況は不明。近世になると、矢作神社の古文書(1831)に“小坂合村の坂合神社”とあるように、小坂合村の氏神として崇拝されたという。
 その後、明治末期の政府による神社整理統合により矢作神社(現南本町6丁目)に合祀されたが(明治40年-1907)、昭和になって神社再興の意向が高まって社殿を再建し、昭和32年2月、正式に旧社地に復帰し今に至っている。

※社殿
 鳥居を入った境内中央に拝殿(間口四間・奥行一間三尺)、その奥、ブロック塀に囲まれて本殿(流造・間口6尺・奥行7尺)が建つのみで、特記するものなし。
 境内社として、社殿左に朱塗りの鳥居をもつ“鳴戸神社”(豊玉姫命)がある。一般にトヨタマヒメは海神とされるが、その鎮座由緒など不明。

坂合神社/鳥居
坂合神社・鳥居
坂合神社/拝殿
同・拝殿
坂合神社/本殿
同・本殿

トップページへ戻る