トップページへ戻る

河内(高安郡)の式内社/佐麻多度神社
付−式内・春日戸社坐御子神社(山畑神社)
大阪府八尾市山畑
祭神−−佐麻多度大神
                                                              2010.06.25参詣 

 延喜式神名帳に、『河内国高安郡 佐麻多度神社』とある式内社。社名は“サマダド”と訓むが、その意味は不明。

 近鉄信貴線・服部川駅の東約500m、駅前から北へ向かう道を100mほどいった交差点を東に約600m(交差点の西方すぐに天理教教会がある)、宝積寺前を右(南)に回りこんだ処に位置する。古くからの集落内のため道路が入り込んでいて分かりづらい。

※祭神
 社頭にある案内(八尾市教育委員会)には、
 「祭神は佐麻多度大神、旧社地は100mうえの扇状地の谷口天神山にあったが、明治31年(1898)現在地に移った」
とあるが、佐麻多度神に関する史料もなく、また当社にかかわる古代氏族も不明のため、その出自・神格ともに不明で、古史料のほとんどが「祭神不詳」とする。
 また、小字名が消滅しているため、谷口天神山が何処の辺りかも不明。

 これに対して、江戸時代の神名帳考証(1661--73刊・度会延佳著)には、
  祭神 “澤女神”・“埴安神”(ハニヤス)
とある。
 その理由として、式内社調査報告(1979)は、「佐麻は澤に通じ、澤女神、つまり水霊である。多度の度は多に通じ、多々波志、つまり埴安神(イザナミが病に伏したとき、そのタグリから生じた神)、土霊であろう」との著者・度会の説を紹介するが、佐麻が澤に通じるのは分かるが、多度は多々波志(タタハシだろうが読み不明)だとして埴安神とするのは分からない。
 ただ、曾て当社が鎮座していたという字天神山が、亦の名を“水垂れ”と呼ばれて、谷川の水源に近いところであったことから、佐麻多度神は水の配分などを司る水分神(ミクマリ)であろうとする説(同上書に紹介)は、度会説の澤女神にも通じるもので、分かりやすい。
 古代の人々にとって、農耕に必要な水を適時適所にもたらしてくれる水神を祀る社は多いが、これらを以て佐麻多度神の神格を水神とするには根拠不足であろう。

※鎮座由緒
 当社の創建時期・由緒ともに不詳。
 江戸時代の古史料・河内志(1733)・河内名所図会(1801)は、いずれも
 「(高安郡)山畑村にあり。灌頂録に見ゆ」
として、古くから山畑村にあったというが、古文書・灌頂録の詳細は不明。

 大阪府全志(1922)には
 「もと東方天神山にありて、白華山観音院といへる真言宗の宮寺ありて奉仕し来りしも、明治5年(1872)分離して寺は廃絶し、社は村社に列し、同年4月本地の山畑神社を合祀し、同31年(1898)現在の所に移転せり。旧地は坂路上にありて人の参詣に不便なりしに依る」
とあり、明治5年に天神山から現在地(宝積寺の隣接地)に遷座したという。
 これは、“山畑の天神社”と呼ばれていた江戸時代およびそれ以降の経緯を示すもので、社頭に掲げる当社由緒は、これに依っている。

※社殿
 鳥居を入った境内中央に拝殿(間口三間・奥行二間三尺)、その奥弊殿をはさんで、簡単な覆屋の中に唐破風をもった本殿(間口一間・奥行一間)が鎮座する。

佐麻多度神社/鳥居
佐麻多度神社・鳥居
佐麻多度神社/拝殿
同・拝殿
佐麻多度神社/本殿
同・本殿

◎末社
 境内右手、低い石垣の上に境内末社・『山畑神社』と『天満宮』が並ぶ。
 山畑神社は、式内・春日戸社坐御子神社(後述)とされる社で、明治5年に合祀されたもの(下記)
 天満宮とは、明治になって、当社がそれまでの天神社から佐麻多度神社と改称したとき、それまでの天神社の祭祀を続けるために建てられた境内末社で、今の社殿は、大正元年(1912)水越村にあった都夫久美神社(別項・都夫久美神社参照)の社殿を譲り受けたものという。

佐麻多度神社/末社
佐麻多度神社・末社
(左−山畑神社・右−天満宮)
佐麻多度神社/末社・天満宮
末社・天満宮


【春日戸社坐御子神社】(カスガベノヤシロニイマス ミコ神社)
 延喜式神名帳に、『河内国高安郡 春日戸社坐御子神社』とある式内社。
 今、佐麻多度神社の境内末社・山畑神社を当社とするが、それを証する史料はない。

※祭神
 社名からみて、“春日戸神の御子神”であろうが、御子神の神名・出自などは不明であることから、古史料はすべて「祭神不詳」という。

※創建由緒
 社名からみて、当社は“春日戸社の域内に祀られる御子神社”と解されるが、親神社である春日戸社の由緒などがはっきりしないこともあって、御子社もその創建年代・所在地ともに不詳。
 河内記以下の古史料には、高安郡内とはするものの「在所未詳」とある。

 今、佐麻多度神社の境内末社・山畑神社を以て当社とするが、山畑神社は明治5年に合祀されたもので、大阪府全志(大11-1922)の佐麻多度神社の条には
 「合祀せられたる山畑神社は、里人に高座明神と唱えらる。延喜式内の春日戸社坐御子神社ならんか。
 河内志及び河内名所図会には所在不明なりと記すれども、日本神祇誌(大日本史神祇志・明4−1873-か)には、『今在山畑村宝積寺域内。称神明。案土人伝説、本社例祭曰高座祭、蓋以其社高座御子神也。然神名今不伝』と記せり。
 社は貞観元年(859)従五位上に叙せられ給ひし旧社なるも、其の名を逸して伝へざりしは、宮寺宝積寺の盛なるに従ひ、その鎮守たるかの如き観を為して、いつしか其の社名を忘れられしものにはあらざるか。
 然れども里人に産土神と仰がれ、毎年9月11日を以て祭礼の行はれ来りしは、蓋し往時よりの旧慣を伝へしものにして、其の村名を附して山畑神社と称せられしも、此の部落との深き関係あるに依りしものと思はる。
 只其れ本名を逸せり、故に其の式内社たることに気付けるものなかりしで為め、明治5年の神社整理に際し、容易く当社(佐麻多度社)に合祀せられたるものならん」
とある。

 これによると、当社は山畑村の宝積寺域内にあったが、当社が由緒ある式内・春日戸社坐御子神社であることが忘れられ、寺の鎮守・神明社(or高座明神)と誤認されていたため、明治の神仏分離に際して山畑神社と改称して、天神山から遷ってきた佐麻多度神社に合祀された、となる。
 しかし、文面からみて断定しているとはみえず、また、曾て高座明神と呼ばれたとか、例祭・高座祭が行われたことを以て(当社の南約1.8kmにある天照大神高座神社の元名が春日戸神であることから、高座神を春日戸神と見てのことか)、山畑神社を以て春日戸社坐御子神社とするのに疑問も呈されている。
 なお、当社の宮寺(神宮寺)であったという宝積寺は、今も、佐麻多度神社の北に隣接して残っている。

 一方、鎌倉末期頃の恒例修正会勧請神名帳との史料に、河内国・山畠神社との神社があるという。この山畠神社が山畑村の山畑神社を指すとすれば、既に鎌倉末期には山畑神社があったことになり、大阪府全志にいう神明社→山畑神社=春日戸社坐御子神社との構図は成り立たないことになる。

 また神社覈録(1870)には、天照大神高座神社の相殿ではないかとあり、山畑神社を当社とすることに疑問を呈している。(以上・式内社調査報告)

 いずれにしろ、佐麻多度神社の境内末社・山畑神社を以て式内・春日戸社坐御子神社とする確証はない、となる。しかし、他に該当しそうな古社がないことから、山畑神社を式内・春日戸社坐御子神社と見ざるを得ないのかもしれない。 

※社殿
 式内・佐麻多度神社の境内末社として、簡単な覆屋のなかに春日造の社殿(小祠)が鎮座しているが、合祀以前は鳥居・拝殿・本殿を有する本格的な神社だったらしい。

春日戸社坐御子神社(山畑神社)
春日戸社坐御子神社(山畑神社)
春日戸社坐御子神社/本殿
同・社殿

トップページへ戻る