トップページへ戻る

河内(大縣郡)の式内社/宿奈川田神社
俗称−−白坂神社
大阪府柏原市高井田
論社−−二宮神社(柏原市安堂町)
祭神−−宿奈彦根命・高皇産霊命・科戸辺命
                                                         2011.04.29参詣

 延喜式神名帳に、『河内国大縣郡 宿奈川田神社』とある式内社で、今、柏原市高井田にある白坂神社をこれに比定しているが、論社として、同市安堂寺にある二宮神社(白坂神社の北北西約900m)とする説もある。社名は“スクナカワタ”と読む。

宿奈川田神社(白坂神社)

 JR関西線(大和路線)・高井田駅を南側へ出た右手(西側)の角地に鎮座する。南は道路をはさんで大和川右岸に接し、狭い境内の北側・西側は宅地に接している(東側・南側は道路)

※由緒
 道路脇に立つ案内は、
 「白坂神社  
   祭神  宿奈彦根命(スクナヒコネ) 高皇産霊命(タカミムスヒ)  科戸辺命(シナトベ)
   日本最古の社の一つで、正しくは宿奈川田神社と申し、御神木は桃の木です」
という簡単なもので、宿奈川田神社の鎮座由緒・年代等には言及していない。

 当社に関して、式内社調査報告(1979)は、
 ・延喜式神名帳(金剛寺本)の記載様式からみると、すでに弘仁式(820制定)の時から官社であったと思われる、
 ・延喜式神名帳には、天湯川田神社の次ぎにあげられ、社名に同じ“川田”とあることから、両社の密接な関係が窺われる、
 ・天湯川田神社が神名・天湯川田奈命を社名としていることから、当社の社名・宿奈川田も祭神名を表すと思われる、
 ・大宮大明神末社帳(1467・室町期)によると、その当時から「当社は白坂大明神と称し、祭神は宿奈彦名命で天湯川田奈命の祖先の神である」としている、
として
 「これらのことから、古代において、当社は天湯川田神社とともに当地の鳥取氏の氏神として崇拝されていたのであろう」
という。

 また、大阪府全志(1922・大正末期)には
 ・宿奈川田神社は字白坂にあり。延喜式内の神社にして宿奈彦命を主神として、相殿に高皇産霊神・科長戸命を配祀せらる。
 ・崇神天皇の御宇に始めて祭典を行ひ、天平年中聖武天皇は天湯川田神社へ行幸の砌御参拝あらせられ、宝亀2年光仁天皇も行幸して御祈願あらせられ、爾後天皇の御不予或は天下騒擾の時には、勅を下して幣帛を捧げ給ふを例とせりと伝ふ。
 ・里人は白坂明神と呼べり、所在地の坂なるに依れるならん
とある(大阪府誌・1903、大阪府史蹟名勝天然記念物・1928も同意)

 大阪府全志にいう“崇神天皇云々”とは、書紀・崇神6年11月13日条の
 「(大物主大神・大国魂神を祀ったとき)他神(アダシカミ)を祀ろうと占うと吉とでた。よって八百万(ヤソヨロズ)の群神を祀った」
にいう“八百万の群神”のなかに当社を含めたものと思われ、根拠となる史料はない。逆に当社の創建が不詳であることを示唆しているともいえる。

 聖武天皇・光仁天皇の当社参拝とは、続日本紀(797)にいう
 ・聖武天皇・天平6年(734)3月17日 天皇は難波から出発して竹原井頓宮(タケハライノカリミヤ)に宿泊された。
 ・光仁天皇・宝亀2年(771)2月21日 天皇は(難波宮から)竜田道を通って帰路につき、竹原井行宮(タケハライノカリミヤ)に至った。
によるものと思われるが、そこには“竹原井行宮(頓宮)に宿泊した”とはあるものの、“神社に参拝した”とは記していない。

 ただ、続日本紀・孝謙天皇・天平勝宝元年(756)2月24日から28日までの一連の記事の中に、25日、行宮近くにあった智識寺以下の六ケ寺(智識寺・山下寺・大里寺・三宅寺・家原寺・鳥坂寺)へ参拝したとあり(同行していた聖武上皇の病気平癒を祈願したものという)、一日おいた27日に神社への奉幣祈願を示唆する記事があることから、府全志にいう当社参拝とは、当地に宿泊された天皇が寺院参拝とともに神社へも参詣されたのではないか、という推測による伝承であろう(別稿・石神社:智識寺の項参照)
 (「三宝の奴」と自称した聖武天皇にとって、寺院参拝こそが最重要な宗教行事であって、神社へのそれは付随的なものだったと思われる)

 当社は中世の頃から白坂(大)明神と呼ばれ、江戸時代の古書・河内名所図会(1801)には
 「高井田村の東南にあり、土人(地元の人)白坂明神と称す。此地の生土神とす。延喜式に出」
とある(他の古資料も同じ)
 白坂とは当社背後の竹原山の土色が白で、山路の坂が白く見えるからというが、旧村名を大縣郡高井田村字白坂というから、古くは白坂との地名があったのかもしれない。
 明治5年に村社に列し、社名も白坂明神社から古社名・宿奈川田神社に復したというが、今もって社頭案内や市販地図は白坂神社としている。

◎論社
 当社の通称を白坂神社と呼ぶ根拠となった白坂との字名が、当地の北西900mほどの安堂地区にあるとして、その地にある二宮神社(フタミヤ)を式内・宿奈川田神社(白坂神社)に当てる説だが、二宮神社の創建由緒(下記)からみて、これを式内社とするには疑問がある。

 ただ、今の宿奈川田神社が大和川に面して鎮座することから、氾濫の危険性がより高かった古代から当地にあったかどうかは疑問で、二宮神社辺りからの遷座も推測されるが、それを示唆する資料はない。

※祭神
 今、当社主祭神は“宿奈彦根命”(スクナヒコネ)というが、同じ鳥取氏が奉斎する神社であることから、天湯川田神社の祭神・天湯川田奈命(アメノユカワタナ)と対応した“宿奈川田”あるいは“宿奈川田奈命”(スクナカワタナ)とも考えられる。しかし、記紀や新撰姓氏禄などの文献に宿奈彦根命・宿奈川田奈命ともにみえず、その出自は不明。

 当社の祭神については次の説がある。
 ・少彦根命(スクナヒコネ)−−鳥取氏系譜
   先代旧事本紀(天神本紀、物部氏系史書)に、饒速日命(ニギハヤヒ)が天降ったとき供奉した32柱の神々の中に“少彦根命”(スクナヒコネ)がみえ、“鳥取連の祖”とあることから、鳥取氏が奉斎する当社の祭神としたもの。
   今の祭神を宿奈彦根とするのは、少彦根の“少”に同じ読み“スクナ”の“宿奈”を充てたのであろう。
   なお鳥取氏は、その祖・アメノユカワタナ伝承(垂仁紀)から鳥の捕獲・飼育などに関係する氏族といわれるが、元々は鍛冶・製鉄などにかかわった氏族といわれ、その点からみて、鍛冶・製鉄関係氏族を傘下におく物部氏系の神・スクナヒコネを当社祭神とするに違和感はない。

 ・少彦名命(スクナヒコナ)−−旧社家鳥取氏文書・大阪府誌(1903)・大阪府史蹟名勝天然記念物(1928)
   度会氏系推定系譜で、鳥取氏の遠祖・角凝魂命(ツノコリ)が神皇産霊尊(カミムスヒ)の子(四男)とあることから、古事記で同じカミムスヒの子(書紀はタカミムスヒの子という)とされるスクナヒコナを祖神とするのだろう(大宮大明神末社帳-1467、大阪府全志-1922は“宿奈彦名命”と表記する)
   ただ、記紀及び姓氏禄などにスクナヒコナの後継氏族の名はみえず、その事蹟からも後継氏族があるとは思えず、“スクナ”の呼称からの牽強付会との感が強い。

◎配祀神
 ・高皇産霊命(タカミムスヒ)
   日本書紀に少彦名命の親神とあることからだろうが、鳥取氏の遠祖ということでは、古事記にいう神皇産霊命(カミムスヒ)が順当と思われる。
 ・科戸辺命(シナトベ)
   書紀(第四の一書)によれば、ギミ双神の国生みに際して、イザナギが国土にかかっている朝霧を吹き払ったときに化生した神で、風を司る神というが、その風神を当社に祀る由緒は不詳。鳥取氏が鍛冶・製鉄に係わることから、タタラ鍛冶に必要な風を司る風神を祀ったのかもしれない。
   科戸辺命は書紀には級長戸辺命(シナトベ)とあり、級長津彦命(シナツヒコ・書紀、古事記では志奈津比古神)の別名という。

*社殿
 大和川沿いに走る道路をはさんで鳥居が立ち、その正面に横長の拝殿(切妻造・瓦葺)が、その奥に朱塗りの本殿(一間社流造・銅板葺)が建つ。資料によれば、拝殿は間口二間の平家造とあるが、一見して拝殿というより間口四間の社務所といった建物で、老人会館と接している。
 なお、境内東隅に稲荷社がある。

宿奈川田神社/鳥居
宿奈川田神社・鳥居
宿奈川田神社/拝殿
同・拝殿
宿奈川田神社/本殿
同・本殿


【二宮神社−−論社】

  大阪府柏原市安堂町
 近鉄・安堂駅の東北東約500m、安堂町集落東端の小丘上に鎮座する神社で、当地付近に白坂という字名があったとして、これを式内・宿奈川田神社とする説がある。

 当社に関する資料は皆無に近いが、数少ない資料の一つ ・大阪府神社史資料(1933)には、
 「二ノ宮神社(中河内郡堅下村大字安堂字小谷)
 杵築神社
  杵築神社は字小谷にあり、素盞鳴尊・武甕槌命・経津主命・天児屋根命・比売大神を祀れり。
  由緒詳ならず。明治5年村社に列せらる」
とあり、また堅下村誌(1929)は次のようにいう。
 「二宮神社
   創立 大正13年(1924)3月10日願
       大正13年3月21日許可
  元来、安堂部落は、杵築神社・春日神社の二社ありて、各氏子を異にし、同氏子互いに反目し常に物議絶えず、
  遂に村政に波及するを憂い、双方の有志奔走盡力の結果、大正3年(1914)10月31日、双方の土地財産を合併し一社を建設し、
  両社を合祀するに一致、調印を為せり。
  従って、前の二社は廃社に帰したり」

 村誌にいう二宮神社の創建由緒からみると、二宮神社を式内・宿奈川田神社とするのは無理で、白坂という字名からくる単純な誤解であろう。なお社名は“ニノミヤ”ではなく“フタミヤ”と読むらしい。

二宮神社/鳥居
二宮神社・鳥居
二宮神社/社殿入り口
同・社殿入り口
二宮神社/拝殿
同・拝殿
二宮神社/本殿覆屋
同・本殿覆屋

 合祀されたという杵築神社・春日神社について、同書(抄)には
 「元杵築神社
   祭神 大国主命
   古老の伝説
     当国石川郡水分大明神(スイブンダイミョウジン)の分社にして、
     昔は下水分社(シモスイブンノヤシロ)と称せしと申す。
     康平年中(1058--65・平安中期末)に勧請したと申す。
 元春日神社 同所に鎮座」
とあり、この社も宿奈川田神社との接点はない。
 今、二宮神社社頭を左(北側)に回りこんだ低い崖下に、「杵築神社跡」と刻した石標が立っている。

 また、古老のいう“石川郡水分大明神”とは、当社の南約12〜13kmほどにある建水分神社(タケミクマリ・南河内郡千早赤阪村、江戸時代には水分大明神と呼ばれたという)を指す。通常、水分神社(ミクマリ)といえば、水神を祀る社として川の上流部などに鎮座するが、建水分神社も葛城山中から発する水越川の畔にある。
 なお、富田林市宮町にある式内・美具久留御玉神社(ミククルノミタマ、祭神−水神)を、建水分神社(上水分社)に対応する下水分社とするのが普通という。

 春日神社の由緒などは不明。現二宮神社の辺りに鎮座していたらしい(二宮神社拝殿裏に春日神社跡との石標があるというが、不見)

トップページへ戻る