トップページへ戻る

河内(高安郡)の式内社/都夫久美神社
大阪府八尾市水越8丁目
祭神−−宇摩氏摩治命
                                                                2010.06.25参詣

 延喜式神名帳に、『河内国高安郡 都夫久美神社』とある式内社。社名はツブクミ(orツフクミ)と訓む。

 近鉄信貴線・服部川駅の北北東約1km、府道170号線(旧東高野街道)・高安中前交差点を東へ約1km入った北側に位置する。前の道を東へ約600m進んだ高安山麓には、“式内・玉祖神社”がある。

※祭神
 社頭に掲げる案内(八尾市教育委員会)には、
 「古代の大豪族物部氏の祖神・ウマシマジを祭神とする。ツブクミという社名は、物部氏の一族積組連に由来する」
とある。
 “積組連”(ツブクミ ムラジ)とは、新撰姓氏禄(815)に、
 「河内国神別(天神) 積組造 饒速日神子干摩志摩治命之後也」
とあるように、八尾の辺りを本拠地とした物部氏に連なる氏族といわれ、その積組連が祖神・ウマシマジを祀った社と推測されるが、詳細不明。

 ただ、祭神不詳とする史料もあり(神社覈録-1870)、また、明治5年(1872)以降、軻遇突智命(カグツチ)と大歳神を合祀して3座を祀るともいう(大阪府誌・1903)が、今はウマシマジ一座のみとなっている。

※創建由緒
 当社の創建年代は不明だが、神階授与の記録もなく、創建後の経緯も不明。古い伝統をもつと推測される神社だが、物部氏本宗の衰亡後は積組連の勢力も振るわず、当社も衰微していったらしい。
 中世から近世にかけて、近くの玉祖神社(タマオヤ)が勢力を広げて高安の地全域の氏神へと化していくなか、最も近くにあった当社もその勢力下に組み入れられ、玉祖神社・三所大明神の一として“香森大明神(女神 中ノ森とも云ふ)”の名で祀られていたという(玉祖大明神縁起−−三所大明神:玉祖大明神・香森大明神・鴨森大明神(鴨神社)をいう)
 この香森大明神とは、当社が高安郡水越村中ノ森(中社-ナカノモリとも記す)にあったことから、字名・中ノ森に香森の佳字を当てたものだろう。

 江戸時代の当社は、水越村の氏神の地位を玉祖神社に取られたとはいえ、古くから水越村に在ったことから、明治5年(1872)には独立した神社として村社に列せられ、都夫久美神社の社名も復帰している。
 しかし明治40年(1907)、政府による神社統合整理により改めて玉祖神社に合祀され、社殿もまた佐麻多度神社の境内末社である天満宮の本殿に移設・転用され、跡地は田畑と化していたという。

 その後、水越地区の氏子たちの要望により、昭和49年(1974)10月に玉祖神社から独立し、旧社地(中ノ森)に社殿を新築して復帰し、現在に至っている。

※社殿等
 今、道路脇の一画を整地した旧社地の奥、背の低い鳥居の先に拝殿・本殿が一緒になった社殿1棟が建っている。明治49年の復帰に際して新築された社殿で、間口三間・奥行二間と小さい。

都夫久美神社/鳥居
都夫久美神社・鳥居
都夫久美神社/社殿
同・社殿
都夫久美神社/内陣
同・内陣(本殿正面)
都夫久美神社/境内全景
同・境内全景

 境内の左手に、「式内 都夫久美神社址」との石碑が立っている。大正15年(1929)11月、田畑となっていた旧社地跡に立てられたものだろうが、今となっては、曾て玉祖神社に合祀されていたことを示す祈念碑ともいえる。

トップページへ戻る