トップページへ戻る

和爾坐赤坂比古神社
奈良県天理市和爾町
祭神--阿田賀田須命・市杵島比売命
                                                                  2014.02.12参詣

 延喜式神名帳に、『大和国添上郡 和爾坐赤坂比古神社 大 月次新嘗』とある式内社。社名は“ワニニマス アカサカヒコ”と読む。和爾(ワニ)は、和邇・和珥・丸邇・丸・和仁などとも記す。

 JR桜井線・櫟本駅の北東約1.4km、国道169号線沿いの森本・白河橋バス停の中間にある積水化成品工業の南を東に入った和爾集落の中に鎮座するが、集落内道路が輻輳しており経路記述困難。ただ、集落内にある和爾天奈会館(集会所らしい)が一つの目標で、その角を左(北)に曲がった先に鎮座する。

※由緒
 境内に創建由緒・年代等を記したものがなく詳細は不詳だが、現櫟本町・和爾町から北方一帯を本拠地とした古代豪族・和爾氏の一族が、その祖を祀った神社という。

 和爾氏とは、孝昭天皇(5代)の皇子・天足彦国押人命(アメノタラシヒコ クニオシヒト)を始祖とする大氏族で、孝昭紀には和爾16氏として春日臣・大宅臣・栗田臣・小野臣・柿本臣・壱比韋臣など名が見える。
 古代ヤマト朝廷時代には、奈良盆地西部の葛城氏に対して盆地東北方で大きな勢力を張っていたというが、政治的な動きとしては、崇神紀10年条(武埴安彦反乱)
  「大彦命と和珥氏の先祖・彦国葺を山背に遣わして埴安彦を討たせた。・・・」
とあるのみで、それよりも歴代天皇の外戚という色彩が強く、書紀によれば、開化・応神・反正・雄略・仁賢・継体など6人の天皇に妃を出したとある。
 これらからみると、和爾一族の盛期は4世紀から5世紀にかけてと思われ(その後は春日氏など幾つかの氏族に別れている)、遅くとも5世紀後半頃には、当社の前身となる祭祀施設(神社の形態があったかどうかは不明)があったのではないかと思われる。
 なお、和爾氏を出雲系氏族とする資料(先代旧事本紀)もある(下記)

 当社の初見は、大和国正税帳(正倉院文書・730)にある、
  「丸(ワニ)神戸 穀五十斛(コク)七斗九合耗九斗九升四合 定四九斛七斗五合替 稲四九七束一把半 穎四五二束 租一一三束 合千六二束一把半 用四束祭神
との記録で、その頭書に、「二所神戸 穀五十斛七斗九合 神亀元年以前」とあることから、当社は、神亀元年(724)以前から神戸が施入されていた添上郡屈指の大社であり、8世紀初頭に実在していたことは確かといえる。
 また、新抄格勅符抄にある大同元年牒(806、奈良以降の社寺に対する封戸施入の記録)に、「和爾神四戸 大和」とあるのも、古くからの神戸施入を引き継いだものであろうという。

 なお、当社に対する神階授与記録としては、三代実録(901)
  「貞観元年(859)正月27日  大和国従五位下和爾赤坂彦神・・・に従五位上を授く」
とあるのみで、その後の昇格記録はみえない。

 社伝によれば、当社の旧地は現鎮座地から東に登った和爾池の南、通称天神山にあったといわれ、山の下から塔(神宮寺の塔か)の礎石と伝えられる丸石が出土し、その辺りにあったことを示唆するが確証となるものではなく、あったとしても、現在地への遷座時期など不明という(日本の神々4・1985)
 和爾池とは、推古21年(613)築造(推古紀・21年11月条に「掖上池・畝傍池・和爾池を造った」とある)との由緒をもつ池だが、今、その所在地は不明。当社の東約300mにある丘陵部にやや大きめの池があり、これが旧和爾池で、その西側の小高い山が天神山かと思われるが、現地を歩いても確認はできない。

 その後の変遷については不詳だが、式内社調査報告によれば、
 ・康保4年(967・平安中期)年以前に、当地が東大寺尊勝院根本所領の和爾庄となり、
 ・やがて興福寺勢力の伸張とともに、和爾庄も東大寺から離れ、興福寺の所領となった(時期不明)
とあり、その間、当社は和爾庄の鎮守として、境内あった常楽寺(神宮寺であろうが、明治の神仏分離により廃寺)とともに住民の精神生活を支えてきたという。
 
 当社祭神名は、東大寺二月堂の修二会(お水取り)で読みあげられる神名帳(全国津々浦々の神々に修二会に参集せよと呼びかける一種の名簿)のなかに“和爾大明神”とあるというが、これも当社が嘗て東大寺と関係があったことによるものであろう。
 修二会は奈良時代の天平勝宝4年(752)に始まったといわれ、当社祭神名がその当初から読みあげられたかどうかは不詳だが、多分に、当社が東大寺と関係をもった平安中期以降からかもしれない。


※祭神
 今の祭神は
  ・阿田賀田須命(アタカタス)
  ・市杵島比売命(イチキシマヒメ)
とあるが、市杵島比売命は後世の合祀であり、延喜式にいう祭神一座とは阿田賀田須命のことで、社名にいう赤坂比古とはこの命を指すという。

 阿田賀田須命の名は記紀には見えないが、先代旧事本紀(地祇本紀・9世紀前半)
  「(素盞鳴尊の)八世孫 阿田賀田須命 和迩君等の祖」
とあり、新撰姓氏録(815)には
  「大和国神別(地祇) 和仁古 大国主六世孫阿太賀田須命之後也」
とある(両資料間で世代が一代違っている)

 これからみると、和爾氏は阿田賀田須命を祖とする出雲系氏族で、その一族に和仁古(ワニコ)氏があったとなるが、管見した和爾氏系譜に和仁古氏の名はみえず詳細不詳(九州肥後国に進出した和邇氏が和仁古氏を称したという-ネット資料・九州の人々)

 なお、姓氏録の河内国神別(地祇)・宗形君の項に、「大国主命六世孫吾田片隅命之後也」とあり、この吾田片隅命を阿田賀田須命と同一人物とする資料は多い(オオクニヌシ6世の孫という系譜、読みの一致からか)。とすれば、和爾氏(和仁古氏)と宗形氏とは同族となり、和爾氏は宗形氏と同じ海人族出身とする説があるのは、是によるものであろう。

 一方、記紀の孝昭天皇段によれば、
  ・古事記--(二人の皇子の内)兄・天押帯日子命(アメノオシタラシヒコ)は、春日臣・大宅臣・粟田臣・小野臣・柿本臣・壱比韋臣・・・(和爾16氏)の祖なり
  ・書紀--(孝昭天皇皇子)天足彦国押人命(アメノタラシヒコクニオシヒト=天押帯日子)は和珥臣らの先祖
とあり、
 新撰姓氏録には
  ・左京皇別  大春日朝臣 孝昭天皇皇子天帯(足)彦国押人命より出ず
  ・右京皇別  和迩部  天足彦国押人命三世孫彦国葺命の後也
  ・大和国皇別  柿本朝臣 大春日朝臣同祖 天足彦国押人命の後也
などがあり(他にも多数あり)、いずれも孝昭天皇の皇子・天足彦国押人命の後裔という。
 (古代の和爾氏は、時代が降るにつれ幾つかの氏族に別れたといわれ、その内、添上郡春日-春日大社から白毫寺の付近-に移り大春日氏を名乗った一族が和爾氏の嫡流で、その時期は雄略朝以降・5世紀末から6世紀前半頃だろうという-Wikipedia)

 これらによれば、和爾氏には皇別氏族(始祖・天押帯日子命)と神別氏族(始祖・阿田賀田須命)という二つの系譜があったことになるが、それが何故なのかははっきりしない。
 愚考すれば、古事記・序に「諸家に伝わる帝紀および本辞(系譜か)には誤りが多く、今それを改めなければ真実が失われるであろう」(大意)とあるように、古代氏族の系譜が乱れていたが、この天武天皇の発意をうけて整備されたと推測され、その時、大春日氏を中心とする和邇氏一族が始祖としたのが天足彦国押人命で、それを公的に認めたのが記紀にいう和爾氏(和爾16氏)はアメノオシタラシヒコ命の後裔とする記述かと思われる。

 一方、阿田賀田須命を始祖とする系図は、それが記紀編纂より1世紀ほど遅く成立した先代旧事本紀に見えることから、記紀編纂以降、和邇氏の一部(和仁古氏等)が何らかの理由で(そういう伝承があったのかもしれないが)阿田賀田須命を始祖と仰ぐようになったのではなかろうか。

 今、当社近くには、同じ和爾氏系の神社として、和爾下神社(別称:上治道社・櫟本町-当社の南南西約1km弱)が鎮座するが、その祭神は天足彦国押人命とあり、当社とは異なっている。
 同じ和爾氏系神社2社の祭神が異なる理由は不明だが、愚考すれば、当社は神別氏族である和仁古氏(?)の奉斎に関わるもので、和爾下神社は皇別氏族である柿本氏(大春日氏と同族)が奉斎した神社(別稿・和爾下神社参照)との区別があったのかもしれない。

 この祭神・阿田賀田須命と、社名にある赤坂比古との関わりは不詳。
 通説では、赤坂比古は阿田賀田須命を指すというが、その確証はなく、和爾坐赤坂比古が“和爾の赤坂に坐す神”を意味するとすれば、赤坂比古は古くからの在地の神とも解される。

 因みに、書紀に
 ・神武即位前紀--層富郡(添郡)の・・・和珥の坂本に巨勢祝(コセノハフリ)という者があり、・・・その三ヶ所の土賊は力を頼んで帰順しなかったので軍を遣わして皆殺しにされた
 ・崇神紀10年条--大彦と和珥氏の先祖・彦国葺(ヒコクニフク)を遣わして山背に行かせ、埴安彦(ハニヤスヒコ)を討たせた。その時忌瓮(イワイベ・神マツリの祭具)を和珥の武鐰坂(タケスキノサカ)の上に据え、精兵を率いて奈良山に登って戦った
とあり、ここでいう“和珥の坂下”・“和珥の武鐰坂”が当社周辺に比定されている。
 当社はなだらかな台地上にあって諸所に坂道が多く、数カ所で「和爾坂下遺跡道」との石標をみかけたが、それが何処を指すのか不明。

※社殿
 細い道路脇に鳥居が、傍らに「式内村社 和爾座赤坂比古神社」との石標が立つ。
 境内正面に西面して拝殿(入母屋造・瓦葺)があり、その奥、朱塗りの小鳥居の奥、石壇上の玉垣内が社殿域。
 社殿域の中央に本殿(一間社春日造・朱塗り・銅板葺)が、その左右に春日社(春日造・朱塗り、祭神:天児屋根命)・八幡宮(春日造・朱塗り、祭神:品陀別命)の小祠がある。

 
和爾坐赤坂比古神社・鳥居
 
同・拝殿
 
同・社殿域正面
 
同・社殿正面

同・本殿 
 
同・春日社
(本殿左)
 
同・八幡社
(本殿右)

トップページへ戻る