トップページへ戻る

葛城の式内社/葛木倭文坐天羽雷命神社
奈良県葛城市加守
祭神--天羽雷命
論社--博西神社
奈良県葛城市寺町
祭神--下照比売命
                                                             2014.08.30参詣

 延喜式神名帳に、『大和国葛下郡 葛木倭文坐天羽雷命神社 大 月次新嘗』とある式内社。
 社名は、社頭の案内には“カツラキシトリニイマス アメノハイカヅチノミコト”とあるが、“カツラギノシトリニマス アメノハツチノミコト”と読むのが通例。
 論社・博西神社(ハカニシ)は、古く倭文神社と称して天羽雷命を祀るとされ.たことからだろうが(下紀)、論社とはみない資料もある。

 近鉄南大阪線・二上神社口駅(ニジョウジンジャクチ)の西約600m、駅南を東西に走る道路を西へ、国道165号線を越え約300mほど進んだ先に鎮座する。
 市販の地図には「加守神社」、ネット地図には「掃守神社」とある。

※由緒
 境内手水舎上に掲げる案内(葛城市教育委員会掲示)には、
  「祭神 倭文の祖 天羽雷命
  天羽雷命は、古書によると、天照大神の荒衣和衣の御衣を織り、天孫降臨の時、御衣織として共に降臨、機織りの術を授けられた神です
  伊勢・伯耆・伊豆・甲斐・近江・上野・丹後・但馬・因幡・伯耆などの国々に祭られているが、その根本の神と言はれてきた
  倭文(シズオリ)は文衣(シズ)で、子孫も倭文氏(シトリシ)として諸国に機織と裁縫の術を伝へた」
とあるのみで、創建由緒・時期等の記述はない。

 当社に係わる主な古資料として
 ・大和志(1734・江戸中期)--加守村に在り、今加守明神と称す。近隣八村共に祭祀に預かる。
                   域内に加守寺有り、又名龍峯寺
 ・大和志料(1914・大正3)--當麻村大字加守出口にあり、延喜式に葛木倭文坐天羽雷命神社と見ゆ、今村社たり
などがあり、他も略同意文で由緒等に触れたものはない。

 このように、当社の創建由緒・時期は不明だが、当社に係わる史料として
 ・新抄格勅符抄所収の大同元年牒(806、奈良時代以降の社寺に与えられた封戸の記録)
   倭文神二十三戸大和一戸
とあり、この倭文神(シトリ)が当社のことといわれ、これからみて、当社は9世記初頭以前からの古社であるのは確かといえる。

 その後の記録として
 ・三代実録(901)・貞観元年(859)正月27日条に
   大和国従五位下・・・葛木倭文天羽雷命神・・・従五位上を授け奉る
とあり(その後の昇綬記録はみえない)
 ・延喜式・玄蕃寮式に   
   凡そ新羅客入朝の時神酒を賜る。其の醸酒用の稲として、大和国賀茂・意富・纏向・倭文の四社・・・は、各卅束、合計二百卅束(四拾の誤記か)を住道社に送れ(漢文意訳)
との定めがあり、それなりに重視されていたことが窺われる。

 社名に冠する倭文(シトリ)とは、楮(コウゾ)・麻・苧(カラムシ)などの繊維を赤・青などの原色で染め、それを横糸として織りあげた古代織物で、大陸伝来の織物・綾織(アヤオリ)に対して、わが国固有の織物として倭文(シズオリ、シズともいう)と表記されるが、実物の出土がなく実体ははっきりしない(シトリとはシズオリが詰まった呼称)
 この倭文織りの守護神が倭文神で、この神を祖神として倭文織りを業とする品部(トモノミヤツコ)が倭文部(シトリベ)。姓氏録・大和国神別に倭文宿祢とあることから、当地にもその一族が居たのかもしれないが、当地付近にシトリとの地名はみえず、詳細不明。
 なお、新撰姓氏録(815)には
  「大和国神別(天神) 倭文宿祢 神魂命之後大味宿祢より出る」
とある。

 なお、正史上では、垂仁天皇の皇子・五十瓊敷命(イニシキ)が賜った品部(トモノミヤツコ)のなかに倭文部とあるのを初見とする。その真偽は定かでないが、古くからの品部であるのは確かであろう。

※祭神
  天羽雷命(アメノハヅチ)

 天羽雷命とは、正史上に建葉槌命(タケハヅチ)の名で登場する神で(諸資料には天羽槌雄神・建羽雷神とも記す)
 書紀9段本文(割注)
  「(国譲りを成就させた)タケミカツチ・フツヌシの2神は邪神や草木・石に至るまで皆平らげたが、星の神・香々背男(カガセオ)だけが従わなかった。そこて建葉槌命を遣わして服させた」
とあり、ここでは武神として登場しているが、
 先代旧事本紀(神祇本紀、9世記前半、物部氏系史書)には、天岩屋に隠れたアマテラスを呼び戻すための祭具を用意したとき、
  「倭文部の祖・天羽槌雄神に文布を織らせた」
とあり、ここでは布帛の神・織物の神という。
 また、古語拾遺(807、忌部氏系史書)には、
  「天羽槌雄神 倭文が遠祖なり」
とある。

 この天羽雷命と当社との関係について、大和志料は
  「蓋し倭文とは文布にして即ち縑(シドリ)なり。天羽雷初めてこれを織り成せしより子孫其の業を伝へ、倭文を氏となし、部属諸国に散在し各其の職を効せり。
 倭文の地名今尚諸国に多かるは皆之に関係を有するものなるべく、当社亦其の氏人の祖先を祭れるものにして、社名に倭文坐と冠すれば、昔時其の地倭文と称せしこと勿論なり。
 今これを加守地方に求むるに、其の隣村に畑村あり、此れ機(ハタ)の借字にして、服部(ハトリ)の義なるべきか」
として、倭文織を業とした倭文氏一族が其の祖神を祀ったのが当社で、その証として加守地方にあった畑村(今、加守の北に隣接して香芝市畑がある)は、機織りの機が転訛したのではないかという。

 これに対して日本の神々4(1985)は、
  「加守のすぐ北にある地名・畑が、機織りの機(ハタ)の転訛である可能性は高いものの、当社付近にシドリの地名はなく、また祭祀にあたったと考えられる倭文氏が居住していたとの確かな根拠もない」
という。
 古い小字名が消滅している今、当地付近にシトリとの地名があったかどうかの確認は不能。

※相殿社
 当社には「葛木二上神社」(カツラキフタカミ)と「加守(掃守)神社」(カムモリ)が本殿内に相殿神として合祀されており、社頭の案内は次のように記している。

◎葛木二上神社
  「祭神 豊布都霊神(トヨフツミタマ) 又の名 建御雷神(タケミカヅチ)
       大国御魂神(オオクニミタマ)
 豊布都霊神又の名を建御雷神と申して大国主命と国譲りの談合の結果、その御子、建御名方神と海辺で力比べの角力をとり、この難問を解決された神で、この角力は日本の名勝負の第一に挙げられています。現在武道体育の神として祭られています。
 大國御魂神は建速佐男神の御孫で非常に温和な神で、専ら富国に努力され、星祭の神つまり厄除けの神として祭られています。
 この二神を総じて、文と武の神、縁結びの神として崇められています」

 この神社は、延喜式神名帳に、『大和国葛下郡 葛木二上神社二座 大 月次新嘗』とある式内社で、貞観元年正月27日条に従五位上を授かっている(三代実録)
 また、近世の資料として
 ・大和志--二上山頂に在り、今権現と称す
 ・大和志料--二上山頂字男嶽にあり。延喜式に葛木二上神社と見ゆ。今は郷社たり
           祭神は布都霊・大國魂の二神を祭る。・・・今権現と称す
とあり、古くから二上山雄岳山頂に鎮座していたという。

 この二上神社が当社に合祀された時期は不明だが、
 ・二上山上が冬季の参詣に不便のため、遙拝所として当社に合祀した
 ・二上山が当地の神奈備山として崇敬されることから、そこに祭られる二上神社を当社に勧請した
などの説があるという。

 祭神の豊布都霊神の出自は不明だが、神武東征に際して神武が熊野で難儀していた時、アマテラスの命で、建御雷神(武甕槌神・タケミカヅチ)が己の身代わりとして降した霊剣・布都御魂(フツノミタマ)を指すかと思われ、又の名・建御雷神というのは之によるのであろう。
 記紀には、タケミカヅチは国譲りの時、抵抗するオオクニヌシの御子・タケミナカタと力比べをして之に勝ち、信州諏訪の地に追っとある。
 古代の角力が勝ち負けによって神意を伺う神事であったことから、由緒でタケミナカタと角力をとり勝利したというのも間違いではないが、国譲りでの力比べは国の運命をかけてのもので、単なる勝負事としての角力ではなく、名勝負の第一というのは牽強付会すぎる(通常、角力の始まりは垂仁紀7年条にあるノミノスクネとタギマノクエハヤの勝負をいう)

 大国御魂神は、案内には建速佐男神の孫とあるが、記紀等に建速佐男神の名はみえず、速須佐之男(スサノオ)のことと思われる。
 その後裔として、スサノオの御子・オオクニヌシの御子・オオトシ神(大歳神・大年神)の御子に“大國御魂神”(古事記、講談社学術文庫版の注には「国土の神霊の意」とある)がみえるが、スサノオからみれば曾孫にあたる。
 また書紀によれば、オオクニヌシの別名とされる6っの神名の中に“大国玉神”(オオクニタマ)の名があり(8段一書6)、あるいは是かもしれないが、オオクニヌシはスサノオの御子にあたる。

 国魂(大国魂)とは、通常、国または国土そのものを神格化したもので、本居宣長・古事記伝(1798)には
  「何れの神にまれ国を経営(ツクリ)坐し功德(イサオ)あるを、其国々にて国魂(クニミタマ)とも大國魂とも申して拜祀(イツキマツ)るなり」
続けてオオトシ神の子・大国御魂神について
  「此の神は倭(ヤマト)の大国御魂なり。此神大穴牟遅神(オオナムチ=オオクニヌシ)を助けて殊に倭の国を経営坐しし功德有けむ」
というが、古史料等にこの神の事績はみえず詳細不詳。

 案内がいう大国御魂神が、オオクニヌシの孫・大国御魂神を指すのか(この蓋然性は高いが確証はない)、オオクニヌシそのものを指すのかははっきりしないが、いずれにせよ、大和国全体の守護神・鎮守神としての大國魂神であろう。

 延喜式に葛木二上神社二座とあることから、10世記当初以前から豊布都霊神・大国御魂神二座が祀られていたと思われるが、この2神がどういう由緒で二上神社に祀られたのかは不明。

◎加守(掃守)神社
  「祭神 掃守の祖、天忍人命(産育の祖)
 古語拾遺に、神武天皇の御父・鵜草葺不合命(ウガヤフキアヘズ)の生まれます時、海辺に宮殿(産室)を建て箒を造り蟹を掃らふ。是を以て蟹守と言ふ。中古、掃部の職は、この神より出たものです。
 蟹守・加守は祓いの意であり、この氏族は機織りと共に全国に散在しています」

 加守・掃守・蟹守に係わって、古語拾遺(807・忌部氏系史書)には
  「天祖彦火尊(ヒコホ=天孫ニニギの御子・ホホデミ)も海神の女・豊玉姫命を娉ぎぎたまひて、彦瀲尊(ヒコナギサ=ウガヤフキアヘズ)を生みます。誕育(ヒダ)したてまつる日(生誕の日)に、海辺に室を立てたまひき。時に、掃守連(カニモリノムラジ)が遠祖・天忍人命(アメノオシヒト)、仕へ奉り陪侍(ハベ)り、箒(ハハキ)を作りて蟹を掃ふ。仍りて鋪設(シキモノ)を掌る。遂に職(ツカサ)と為す。号(ナヅけて蟹守(カニモリ)と曰ふ」
とあり、新撰姓氏録には
  「大和国神別(天神) 掃守 振魂命四世孫天忍人命之後也」
  「和泉国神別(天神) 掃守首 振魂命四世孫天忍人命之後也 雄略天皇御代 監掃除事 賜姓掃守連」
とある。

 掃守とは、古代宮中で掃除・お産などにかかわることを職としていたといわれ、その祖・忍人命が皇子の生誕に際して近寄ってくる蟹を払った(掃除)という説話だが、
 “蟹を払う”の意は
 ・後産によって出てくる胎盤を蟹といったことから、その胎盤を処理すること
とするのが多いが、
 古語拾遺(岩波文庫版)の補注には
 ・蟹の近づくのを防ぐのではなく、逆に蟹が逃げ出すのを防ぐ意で
 ・蟹が蛇や海老とおなじく、甲を脱いで生命を更新する霊的動物と信じられたため、蟹により赤児の長寿を祝ったもの(中山太郎氏説、なお沖縄では赤児の上に蟹を這わせて、健全な成長を祝う習俗があったという)
 掃守氏は
 ・このような信仰から、皇子の傅育、その母が住む後宮での雑役に従事し、やがて皇室全体の清掃や敷物などの舗設などを携わることになった
という。

 いずれが真なのか不詳だが、後者の説を採りたい。

※社殿等
 近鉄二上山口駅からの道路の突き当たり(道は左に逸れていく)に境内への入口があり、左手に「倭文神社(中央)・加守神社(右)・二上神社(左)と併記した石標が立ち、当社が三社合祀であることを示している。

 入口を入った正面にやや長い石段があり、その上の〆鳥居をくぐって境内に入る。
 境内正面に拝殿(切妻造・瓦葺)があり、中央:倭文神社、左;二上神社右:掃守神社と記した扁額が架かっている。

 その奥、白塀に囲まれた中が本殿域で、中央の基壇上に本殿(唐破風向拝付一間社流造・銅板葺)が東面して鎮座する。

 
葛木倭文坐天羽雷命神社・社頭
 
同・石段
 
同・〆鳥居
 
同・拝殿
 
同・本殿
 
同・本殿正面

◎境内社
 本殿の
  ・左--天神社--祭神:菅原道真(スガハラミチザネ)
  ・右--諏訪神社--祭神:建御名方命(タケミナカタ)
 建御名方神は、由緒にいうタケミカヅチと力比べをして破れたという説話からのもので、管公は流行神としての勧請であろう。


:境内社・天神社
 
境内社・諏訪社


【博西神社】--論社
 奈良県葛城市寺口
 祭神--下照比売命(シタテルヒメ)・菅原道真

 近鉄御所線・近鉄新庄駅の西南西約1.8km、屋敷山公園の西にある神社。

 社名は“ハカニシ”と読む。これは当社が屋敷山公園北東部にある屋敷山古墳の西約400mに位置することからで、墓西・陵西(いずれもハカニシ)とも記す。
 屋敷山古墳--前方後円墳、全長135m・高約15m・前方部幅90m
            5世記後半築造という、国指定史蹟
 

屋敷山古墳(前方部)

※由緒
 境内に掲げる案内・「博西神社本殿」に
  「博西神社は、屋敷山古墳(国指定・史跡)の西に建てられた社であることから、「陵西」または「墓西」とも書かれ、その創建や由緒については明らかではありませんが、中世この辺りを支配した布施氏の氏神として、布施郷支配の信仰上の拠点となっていました」
とあるのみで、詳細は不明。

 大和紀伊寺院神社大事典(1997)には、
  「新庄町寺口・大屋境界の鬱蒼とした森に鎮座。神社東方一帯から弥生時代の遺物が出土する。下照姫命・菅原道真を祀る。旧村社。
 もと倭文神社とも称し、天羽雷命を祀っていたが、大永年中(1521--28)布施行国が菅原道真を祀って二座としたと伝え、明治初年に天羽雷命を下照姫命とし、現在に至る。
 墓西神社とも書き(灯籠銘)、屋敷山古墳の西を意味する名であろう。
 天羽雷命を祀った由縁は明らかでなく、口碑に現奈良県當麻町太田(現葛城市太田)にあった棚機(タナバタ)の森から布施氏が勧請したといわれ、中世には布施氏の庇護のもとに奉齊された。
 慶長6年(1601)桑山氏入部以来、社勢は同氏氏神諸鍬神社(現葛城市新庄)に押され、当初15村にわたった氏子も寺口・大屋2村になった(北葛城郡史)(一部略)
とある。

 なお新庄町史(1975)所収の博西神社明細帳(成立時期不明)には
  「元来祭神は天羽雷命一座であったが、大永年中布施安芸守行国が管公を勧請して二座とした。然るに明治初年、天羽雷命を下照姫と誤った。
 昔、葛下郡磐城村岩橋太田方(現當麻町太田)に棚機森といふ処があった。布施氏がここから天羽雷命を遷座した時、大屋まで来ると日が暮れたのでそこを日暮といふ。
 しかし、棚機の森には古来社殿の設備がなく、唯少しの老樹と石灯籠一基を存するだけであるから、葛木倭文坐羽雷命神社を波加仁志に遷座せられたことを徴するに足るといふ」
とあるという(式内社調査報告)

 嘗て、当社が倭文神社と称し天羽雷命を祀っていたことから、式内・葛城倭文坐天羽雷命神社の論社というのであろうが、太田の棚機森にあった当社の創建由緒・時期などは不明。
 ただ、当社の旧社地を機織森ということから、その辺りに機織りを業とする人々が居て、彼らが祖神である倭文神を祀ったのかもしれず、これを式内・葛木倭文坐天羽雷命神社とみてもおかしくはない。
 なお、太田・棚機森の所在地は不明だが、ネット地図によれば、太田の中央部北寄り(南阪奈道路脇)に棚機神社との小社があり(当社の西北約1.7km)、この辺りかもしれない。

※祭神
 現祭神は下照比売命で、神社大事典には「明治初年に天羽雷命を下照姫とした」とあるが、その変更理由は不明。

 下照姫とは、オオクニヌシの娘でアジスキタカヒコネの妹という神で、国譲り交渉のため葦原中国に派遣されたアメノワカヒコの妻になったという。

 シタテルヒメの事績としては、8年経っても復命せず問責の使者(雉の鳴女)を射殺したアメノワカヒコが、タカミムスヒが投げ下ろした還矢(カエシヤ)によって亡くなったとき、それを嘆く姫の泣き声が高天原まで聞こえたというのみで(古事記)、倭文あるいは天羽雷命との接点はない。

 ただ、鳥取県湯梨浜町にある倭文神社(主祭神:建葉槌命、配祀:下照姫他)も、大正時代までは下照姫命が主祭神とされていたが、同14年に本来の祭神・建葉槌命(アメノハツチ)に変更したという。
 これは、新しい織物技術の流入により倭文織が衰微したことからタケハツチ命が忘れられ、代わって、村人の生活に関係が深い安産の神・子育ての神との神格を付加されたシタテルヒメが導入されたのではないかといわれ(別項・倭文神社参照)、当地一帯でも同じことがあったのかもしれない。

※社殿等
 県道30号線・南藤井交差点(北西角に新庄文化会館、その北に屋敷山公園あり)を西へ入り、公園西端から金村神社(道の北側に小さな鳥居が立つ、別項・金村神社参照)を過ぎた次の角(T字路)を北に入り、突き当たりの森の裾を道なりに東側へ回り込んだ所に鳥居が立つ。

 境内正面に拝殿(入母屋造・瓦葺)があり、その背後、白壁で2重に囲まれたのが本殿域で、拝殿の右から入れる(小さな扉があるが鍵はかかっていない)

 本殿域上段の中央に朱塗りの本殿2宇(春日造・桧皮葺か)が並んで鎮座し、本殿の左に末社1宇・右に同2宇の小祠が、拝殿右の扉を入った処に末社1宇(春日造)がある。 末社の社名・祭神名は表示なく不明。

 
博西神社・鳥居
 
同・拝殿
 
同・本殿
 
末社(本殿左)
 
末社(本殿右)

末社(入口横) 

トップページへ戻る