[トップページへ戻る

天高市神社
奈良県橿原市曾我町
祭神--事代主命・品陀別命・息長帯姫・日売神
                                                                   2013.0707参詣

 延喜式神名帳に、『大和国高市郡 天高市神社 大 月次新嘗』とある式内社だが、今、地元では八幡宮と称している。

 近鉄大阪線・真菅駅の南南東約800m、曾我川と国道24号線(京奈和自動車道)とが交差する雀堂橋の東がわ住宅地の中に鎮座するが、細道路が輻輳していて事前調査が必要。

※由緒
 社務所で頂いた参詣の栞には
  「天高市神社(アメノタケチ) 通称:曾我八幡宮
   当社は『三代実録』によりますと、第56代清和天皇の御代、貞観元年(859)正月27日に大和国天高市神に従五位上の神階を授け奉る、との記事があります。
 また、延喜の制により名神大社に列せられ、古くより朝廷の信仰も篤く、月次・新嘗の官弊に預かっております。
 しかし、星霜うつり、中世から江戸期頃に至って当社は、曾我八幡宮とも称されました」
とあり、その創建由緒などは記されていない。

 江戸中期の地誌・大和志(1734)によれば、
  「曾我神社(宗我坐宗我津比古神社か)の南に在り、今高市八幡と称す。
  旧伝  天照大神天石窟に入りて磐戸を閉じて籠もったとき、八百万神が天高市に会し対策を議した。即此也」(漢文意訳)
とある。
 これは、書紀・天岩屋戸段一書1にいう
  「八百万の神たちが、天の高市(小高い人の集まる場所)に集まって相談した」
を承け、天の高市を当地としたものだろうが、神話の世界・高天原にある天の高市を地上に比定するのはナンセンス。

 ただ、大和国高市(タケチ)の郡名は和名抄(937)にも出てくる古い地名で、その地名・高市に美称・天を付して神社名としたもので、高天原の高市との附会は後世の創作であろう。

 当社の創建由緒・年代あるいは祭祀氏族名など示唆する史料等はないが、上記・栞にいうように、三代実録・貞観元年正月27日条に
  「大和国従五位下・・・天高市神・・・従五位上を授け奉る」
とあることから、9世紀以前から続く古社であることは確かといえる。

 また、当社創建後の経緯は不明だが、江戸時代以降は八幡宮と呼ばれていたようで、大和志(1734・江戸中期)には『今 高市八幡と称す』とある。
 八幡神の勧請時期ははっきりしないが、大和志と同時期に記された神名帳考証(1733)は、『祭神・天津彦根命 高市県主祖也』とのみ記し、八幡宮についての記述がないことから、江戸中期の頃、八幡宮が定着していたとどうかははっきりしない。

 今、拝殿内に掲げる扁額には八幡宮とあり、お会いした宮司さんのお話でも「一般には八幡宮であり、天高市社(アメノタケチ)と呼ぶ人は殆どいない」とのことであった。

※祭神
 上記の参詣の栞には
  「祭神は、事代主命(えびす様)一柱に祭祀してきましたが、後世になり品陀別命(応神天皇)・息長帯姫(神功皇后)・日売神の八幡三柱を合祀して、四座として尊崇されてきました」
とある。

 当社にコトシロヌシを祀る由縁は不詳。愚考すれば、
 ・書紀・国譲り段に、「大物主神と事代主神が、八百万神を天高市に集めて、云々」とあり、この天高市が当地と比定されること
 ・出雲国造神賀詞に、オオクニヌシが御子・コトシロヌシを宇那提(ウナテ)に鎮座させ云々」とあり、そのウナテを当社の南に近接する橿原市雲梯町(高市御県坐鴨事代主神社がある)に比定されていること
などが考えられるが、いずれにしても推測でしかない。

 当社栞には、事代主命(えびす様)と注記されているが、これはエビス神をコトシロヌシとする俗信によるもので、後世の附会であろう。
 因みに、エビス神にはコトシロヌシ説とヒルコ神説があり、本場とされる関西でも、エビス信仰の本家と称する西宮神社はヒルコ神、大阪南の今宮戎神社はコトシロヌシとしている。

 これに対して、神名帳考証(1733)には
  「天津彦根命 古事記 天津日氏(子の誤記)根命 高市県主祖也」
とあり、祭神をアマツヒコネ命としている。

 これは、アマテラスとスサノヲのウケヒ段に、「アマツヒコネ命は・・・高市県主・・・の祖也」(古事記)とあるのを承けたもので、当社が高市県主一族が斎き祀る神社であれば、その祖神を祀ったことになる。
 古く、高市郡内に高市県主一族がいたことは、書紀・天武即位前記(673)に“高市県主許梅”なる人物が出てくることから確かだが、その一族が当社にかかわったとする証拠はない。
 しかし、当社が地名・高市を名乗ることからすれば、高市県主の関与はあり得ることで、とすれば、当社本来の祭神は、その祖・アマツヒコネであった蓋然性は高い。

 なお式内社調査報告によれば、当社にご神体と称する木造神像が4躰あることにかかわって、高市郡神社誌(1922・大正末期)には
  「茲に於て其創始を熟々考えるに二説あり
 一は当地がかかる由緒深き所なれば、往古より素盞鳴命(比売神の御父)を祀り来しが、神功皇后三韓征伐に比売神大に神助を副へられたるを以て、其御神徳を仰がんとして、品陀別尊・息長帯姫(神功皇后)・比売神の三柱を合祀して四柱となせるものか。
 二は素盞鳴命に代へて御孫なる事代主命を祀り、何れも八幡宮として尊崇し来れるに、何時の頃よりか祭神一柱と誤り誌されしものならんか」
とあるという(未確認)(ここでいう比売神とは、アマテラスとスサノヲのウケヒによって生まれ、スサノヲの御子とされた宗像三神の一・イチキシマヒメを指すようだが、比売神については諸説があり定説となるものはない)
 これによれば、元々の当社祭神はスサノヲと八幡三神の4座で、八幡宮として崇敬されていたが、後世誤って、スサノヲあるいは孫のコトシロヌシ一座となったというが、延喜式には一座とあり、また延喜式編纂当時の八幡信仰は微々たるもので(式内社としては八幡大菩薩宇佐宮・同筥崎宮の二社のみ、隆盛となるのは中世以降)、当社が初めからスサノヲと八幡三神の4座を祀っていたとするのは史実に反する。

※社殿
 道路脇の鳥居を入り、石畳の参道の先が境内。
 境内正面に拝殿(切妻造・向拝付・瓦葺)が、その奥、正面石玉垣・三方白塀で囲まれた中、一段高い基壇上に本殿(一間社流造・銅板葺き)が,東向きに鎮座する。

 
天高市神社・鳥居
 
同・拝殿
 
同・本殿
 ◎末社
 境内右手(北側)に末社5祠が並ぶ(右写真)
 左より
 ・高良神社--高良玉垂神(コウラタマタレ、八幡宮との関係か)
 ・秋葉神社--軻遇突神(カグツチ、火の神)
 ・八坂神社--素盞鳴命(スサノヲ、江戸時代はゴズテンノウだったかもしれない)
 ・菅原神社--菅原道真公
 ・稲荷神社--稲荷大神 
 いずれも、勧請由緒・時期など不明
 

トップページへ戻る