[トップページへ戻る

大 歳 神 社
奈良県橿原市石川町宮ノ本
祭神--大歳神・大山咋命
                                                           2013.05.09参詣

 延喜式神名帳に、『大和国高市郡 大歳神社二座』とある式内社。社名は“オオトシ”と読む。

 近鉄・橿原神宮前駅の東約600m、駅東口を出て県道124号線を東へ約600m、駅前交差点(丈六)の次の信号を少し過ぎた処を左折、北へ進んだ右側に神社への石段がある(県道側にも、境内に入る細い石段があり、境内の横からも入れる)
 神社のある小丘の南、道路を挟んで石川池(剣池)があり、その南側に孝元天皇陵(剣池嶋上陵-ツルギノイケノシマノエノミササギ)がある。

※由緒
 境内に案内表示がなく由緒など不明だが(神社名もみえない)、式内社調査報告(1982)には、
  「当社の由緒については古記はなく、五郡神社記(1446・室町後期)には、
   『社家の説に曰く、陸田ゝゝ二座、保食神(ウケモチ)、大歳神保食神之子也、是又石川俣合の祖・楯が社を建て祭祀する所か』
とあり、これを奉齋したものは、当社が鎮座する石川村(現石川町)を開発した草始の人物と思われる石川楯であろうとしている。
 天保年間以降、境内社として天児屋根命をも配祀して今日の至っている」
とある。

 五郡神社記がいう石川俣合の祖・楯とおぼしき人物が、書紀・雄略2年(5世紀中頃か)条に、
  「七月、百済の池津媛は、天皇が宮中に入れようとしておられたにもかかわらず、石川楯と通じた。天皇は大いに怒って、大伴室屋大連に命じて、来目部を使い、夫婦の四肢を木に張りつけて、桟敷の上に置かせて、火で焼き殺させた」
とでてくる。
 一方、同じ五郡神社記に、
  「治田神社一座 ・・・安康天皇の御世、武内宿禰の曾孫で石川俣合の祖・楯 甘樫岡を墾開して大田地を営む。然る後、楯、水田上に神殿を建て大地主神を奉斎、号して小治田神社と云う」
ともある(式内社調査報告・治田神社の頃)
 この二つを結びつければ、安康天皇が雄略天皇の一代前の天皇であることから、その頃、石川楯なる人物が実在した可能性はある。

 ただ、石川俣合氏の系譜は不詳(新撰姓氏録にはみえない)。石川楯が武内宿禰の曾孫ということ、宿禰から出たとされる蘇我氏発祥の地が高市郡葛城県蘇我里とされること(橿原市に曽我町あり、ただ渡来人説・河内の石川出生説など諸説あり)、蘇我氏が武内宿禰の子・蘇我石川宿禰から発すると伝わることなどから、石川俣合一族は蘇我氏に連なる氏族で、その一族が、その祖神を祀ったのが当社か、とも思えるが、それを証する史料はない。

 以上からみて、当社の創建由緒・年代・沿革等は不明というのが順当なところで、奈良県史(1989)には、
  「創建年代は明らかでないが、延喜式神名帳に登載される式内社に比定されていることから考えて、平安中期以前創祀の筈であるが、実証史料がない。
 大和志(1734)は在所不詳としているが、古事大歳神と大山咋命二座を祭神とすると伝える」
とある。

※祭神
 今の祭神は、冒頭に記すように
  ・大歳神(オオトシ、大年神とも記す)
  ・大山咋命(オオヤマクヒ)
という。

 オオトシ神とは古事記にのみ出てくる神で、スサノオと大山津見神(オオヤマツミ、山を司る神)の娘・神大市比売(カムオオイチヒメ)の間に生まれた御子で、古事記伝(1798・本居宣長)が、
  「大年神 オオは讃へ名、トシは穀(タナツモノ=穀物)のことなり。・・・ 穀を一度取り収むるを一年とは云うなり(稲は一年に一度、きまった時期に収穫するので、収穫から次のそれまでを一年と数えた)。かくて此の神は、此の穀の事に大きなる功(イサオシ)(マシ)し故に、此の名を負ひ給へるなり」
というように、穀物の守護神(穀神)・農耕神という。

 なお、古語拾遺(807、齋部氏系史書)にオオトシ神の御子・御歳神(ミトシ)にかかわって、
 「神代の昔、大地主神が田を営まれた日に、牛の肉を田人に食べさせた。それを見たミトシ神の子神がその田に唾をして帰り、その様子を父神に告げた。ミトシ神は大いに怒って、その田にイナゴを放ったため、稲苗はたちまちに枯れて篠竹のようになった。
 大地主神がそのわけを占うと、ミトシ神の祟りで、白猪・白馬・白鶏を献じて怒りを和らげよと出たので、そのようにしたところ、稲苗の葉はまた茂り、その年の穀物は豊かに実った。今、神祇官がこの三つを以てミトシ神を祀るのは、これによる」(大意)
との話が載っている。御子神は父神の分身という意味で、この説話はオオトシ神の神格を示すものともいえる。

 古事記には、兄弟神として宇迦之御魂神(ウカノミタマ)がみえる。この神もまた穀神・農耕神(所謂稲荷神)で、別名・保食神(ウケモチ)ともいう。上記・五郡神社記が大歳神の注記に“保食神(ウケモチ)の子也”とあるのは、何らかの勘違いであろう。

 オオヤマクヒ命とは、オオトシ神と天知迦流美豆比売(アメチカルミヅヒメ)との間に生まれた御子で(オオトシ神の御子神は24柱を数える)、亦の名を山末之大主神(ヤマスエノオオヌシと称して比叡山麓の坂本に鎮座する日吉神社の祭神(山王権現)とされる。
 大山咋の“咋”とは“杙(杭)”あるいは“柱”のことで、“杙を打つ”あるいは“杙を立てる”ことは、その土地を支配し領有することを意味する。そこからオオヤマクヒとは山頂にあって、その山の支配権を示す杭を神格化したものといえる。
 その別名・山末之大主の“山末”とは、麓(山本)に対する山頂の意味で、“大主”とは“主”の意、そこからヤマスエノオオヌシとはオオヤマツミの別名となる。

 今の祭神は、穀神であるオオトシ神と、御子神とはいえオオヤマクヒ命という山の神を合祀したこととなり、やや違和感がある。
 ただ、山の神は水の神でもあり里に下りると農耕神となるといわれ、山の神=水の神=穀神ともいえるが同じ穀神でも、五郡神社記がいうように穀神との神格がはっきりしているウケモチ神とオオトシ神の二座を祀るという方がわかりやすい。 

※社殿
 県道から畝傍中学校へ至る道の右手(東側)にやや長めの石段があり、その上に鳥居が立つ。
 鳥居をくぐり道なりに進んだ先が境内で、その東側に拝殿が、その奥の低い石壇上、正面の中門から左右に伸びるコンクリート塀(正面以外はブロック塀)に囲まれた中に本殿が、それぞれ西面して建つ。
 ・本殿--二間社流造・銅板葺、嘗ては彩色されていたようで、かすかに色が残る。
 ・拝殿--入母屋造平入り割拝殿(間口五間・奥行2間)、瓦葺

 神域前左手に古びた小祠・春日神社(天児屋根命)があり、天保年中(1830--44)の勧請というが詳細不明。


大歳神社・石段 
 
同・鳥居
 
同・拝殿
 
同・神域正面

同・本殿
 
春日社(境内社)

トップページへ戻る