トップページへ戻る

千 代 神 社
A:春日神社境内末社
奈良県磯城郡田原本町千代
B:森市神社境内末社
同田原本町大安寺
C:八坂神社合祀社
同・田原本町阪手
祭神--八千々姫命
                                                             2014.03.27参詣

 延喜式神名帳に、『大和国城下郡 千代神社』とある式内社だが、今、田原本町千代の春日神社及び同町大安寺の森市神社に境内末社として祀られ、同町阪手の八坂神社にも合祀されている。
 社名は“チシロ”と読む。

※由緒
 千代神社本来の創建由緒・年代等不明。

 春日神社末社・千代神社(上記A)
  境内に由緒等を記した案内はないが、
 大和志(1734・江戸中期)・十市郡の条
  「千代神社 八条村に在り。今八幡と称す。安部田村(阿部田)と共に祭祀に預かる。
   式に城下郡に在りと載る。正保3年(1646・江戸前期)此の地を以て本郡に隷す」
 磯城郡誌(1915・大正4)
  「春日神社(千代) 村社にして天児屋根命・武甕槌命・齊玉命を祭る。
   境内四社の内に千代(チシロ)あり。是れ古は此地にありて式内社なりしも、洪水の為流失し今は川東村大安寺の森市神社の境内に祀れり。村屋神社神主家記に曰く、千代神社は天長年中(824--34・平安前期)、洪水の為社殿流失大安寺村に漂着せしにより其処に祭れりと、以て証すべし。
 思うに、此社は後に春日神社内に祀り、末社となしたるものなるべし」
という(大和志料-1914-にも同意文あり)

 森市神社末社・千代神社(上記B)
  社頭に森市神社と刻した石標が立つのみで、当社に千代神社の痕跡はみえないが、
 磯城郡誌
  「森市神社 字西馬場にあり。生雷神を祭れる無格社にして、境内に琴比羅神社・千代神社あり。
   千代神社 延喜式神名帳に城下郡千代神社と是なり。本と十市郡にあり。大安寺流記資財帳(747・奈良中期)に、大倭国五処一は十市郡千代郷に在りと、即ち其の処なり。
   後ち洪水の為に社殿流失し、本郡大安寺村に漂着せるにより、遂にここに祭れるものなりと云ふ年代詳らかならず、村屋神主の家記には天長中と云へり。
  旧社彼郡八条にありて今尚千代に宇し、社を千代神社と号す。社は後再祀せるものなるべし」
という。

 八坂神社合祀社(上記C)
  社頭に掲げる案内(田原本町観光協会)によれば、
  「天長年間(824-33) 千代神社は、元八条村に在ったが、初瀬川の洪水の為、社殿流失、川下の大安寺村字西馬場の森市神社境内に漂着したので、以来、森市神社の境内で祭祀され、社地は大安寺村、毎年例祭に元社地の八条村より奉幣をなし、社殿の維持は阪手村がおこなってきた。
   明治42年(1909) それまで社殿の維持を行ってきた阪手村の八坂神社に合祀された」
という。

 これらによれば、当社は、古くは十市郡八条村にあった式内社だが、
 ・天長年間の洪水(初瀬川というより、八条村の西を流れる現寺川であろう)によって流失し、下流の城下郡大安寺村(西馬場)に漂着、・そこにあった森市神社に末社として祀られ、
 ・後に旧地である八条村(現田原本町千代)に復帰して春日神社の末社となり(明治初年編纂の村誌に末社・千代神社が見えないことから、その再興は明治中期以降ではないかという-式内社調査報告)
 ・森市神社での社殿維持に阪手村が関与していたことから、明治末に同村の八坂神社にも合祀された、となる。

 当社鎮座地は、延喜式神名帳では城下郡に属しているが、本来は十市郡だったようで、八条町の旧社が城下郡と十市郡の境界にあったため、城下郡と間違えたのかもしれない。
 なお八条村は、明治18年(1885、8年ともいう)に十市郡阿部田村とを合併して千代村となり、同22年(1889)に田原本町千代になったという。

※祭神
 祭神・八千々姫命(ヤチヂヒメ)は記紀には見えない神だが、その出自について
 ・アマテラスが天岩屋に隠れたとき、大神に献上する神衣を織った天棚機姫神(アメノタナバタツヒメ)の別名
   (古語拾遺に、「天棚機姫神をして神衣-カムミソ-を織らしむ。所謂和衣-ニギタヘ-なり」とある)
 ・天棚機姫神の孫娘
   (神道五部書の一・倭姫命世記に、「天棚機姫神の孫・八千々姫神をして、毎年夏四月・秋九月に神服を織らしめ、以て神明に供ふ」とある)
の2説があり、何れも機織りの女神という。

 当社に機織りの神が祀られていることは、旧八条村周辺に居た機織りに関係する人々が、その守護神として祀ったものと推測されるが、それを証する資料・伝承等はない。

【千代神社(春日社)】
 近鉄橿原線・笠縫駅の東約500m、駅東を走る国道24号線の千代交差点から東へ入った北側に鎮座する。
 周囲は民家が建ち並ぶ住宅地で、西隣に本光明寺とのお寺がある。境内が続いていることから、嘗ての神宮寺ではないかと思われる。

 鳥居の右に「春日神社」、左に「延喜式内社 千代神社 祭神:八千々姫命」との石標柱があるのみで、境内に由緒等の表示はなく、春日神社の創建由緒・年代は不明。境内右手の建物は公民館で無人。

 鳥居を入った参道正面に拝殿(入母屋造・瓦葺)が、その奥、玉垣に囲まれて一段高くなった区画(正面に小鳥居あり)に、春日造朱塗りの社殿(銅板葺)3宇が南面して並び、その前左右に小祠2宇が相対して鎮座する。
 各社殿に社名の表示がないが、資料によれば、
 ・中央社殿--春日神社・祭神:天児屋根命・武甕槌命・経津主命・比咩大神(所謂春日四神)
 ・右(東)社殿--千代神社・祭神八千々姫命
 ・左(西)社殿--祇園神社・祭神:素戔鳴命
で、左右の小祠は、稲荷社と琴平社という。
 式内社調査報告には、「拝殿前に手洗い所、その南に鳥居があり末社千代神社社殿云々」とあるが、今、それらしき跡も見えず、昭和中期以降現状に建て替えられたらしい。

 
千代神社(春日)・鳥居
 
同・拝殿
 
同・本殿(右:千代神社)

 

【千代神社(森市社)】
 近鉄橿原線・田原本駅の東約1.7km、国道24号線・阪手交差点から県道50号線を東へ役1km強行った大安寺集落の南側にある大安寺池の東北隅の一画を占める疎林の中に鎮座する。
 境内には、西側道路に沿った小公園の横から入る。

 社頭・鳥居脇に「森市神社」との社標柱が立つのみで、他に案内表示なく、末社として式内・千代神社があることを示すものはない。

 北側道路脇に立つ鳥居を入り、参道を進んだ先に拝殿(切妻造・瓦葺)が、その奥ブロック塀に囲まれた中に、やや古びた春日造の社殿(小祠)2宇が鎮座し、向かって左・やや小振りの祠が千代神社というが、社名の表示はない。

 
千代神社(森市)・鳥居
 
同・拝殿
 
同・本殿(左:千代神社・右:森市神社)

 森市神社の由緒等も不詳だが、奈良県史(1989)には
  「生雷神を祀る旧無格社で、式上式下神社取締(1871・明4)によると、勧請は「白鳳丁丑6年(677)か」とある。生雷神に仁寿元年(851)正六位の神位を奉綬とされている(文徳実録)
 もと大安寺集落の字西馬場にあったが(位置不明)、大正13年(1924)8月現在地に遷座され、境内に、琴平神社と千代神社(式内社との説もあり)がある」
とある。
 
 仁寿元年に神階が授与されたというが、文徳実録・仁寿元年条には
  「庚子 天下諸神に詔して、有位無位を論ぜず、正六位上を叙す」
とあるのみで、神階をうけた神名(神社名)は記されておらず、これを以て実在の証しとするのは無理。

【八坂神社(千代神社合祀)】 

 近鉄橿原線・田原本駅の北東約800m、駅東の国道24号線を北上、阪手・阪手北交差点間の中程、横断歩道橋の東側袂を東へ入ったすぐ右手に鎮座する。
 
 式内・千代神社が当社に合祀されているとする資料はないが、上記のように、当社社頭の案内には、「明治42年に式内・千代神社を合祀した」とあり、鳥居脇に発つ社標柱(右写真)にも
  「村社 八坂千代神社」
と併記されている。


 

 西側道路脇に立つ鳥居を入ると、正面が拝殿(入母屋造・瓦葺)で、その前に大きな樹木がある。
 拝殿裏、一段高い石壇上に春日造・銅板葺の本殿一宇が鎮座するが、塀が高く本殿域の詳細は見えない。

 
八坂神社・鳥居
 
同・拝殿
 
同・本殿

 八坂神社について、同案内には
  「祭神 須佐男命(スサノオ)
 勧請年代、由緒は明らかでないが、江戸時代には牛頭天王社といわれていたが、明治22年(1889)に現在の八坂神社に改められた。 
 それまでは、西之坊(神宮寺)と称し、釈迦堂(三間四方・本尊 薬師如来像)、薬師堂(丈間四方・本尊 薬師如来像)があったが、明治7年に廃寺となり、釈迦堂の本尊・釈迦如来像は北隣の阿弥陀寺に遷されている。
 牛頭天王の名残は、八坂神社の境内で毎年2月に行われる伝統祭礼行事・華鎮祭で、北阪手の各戸に配られる『天王さん』の『牛の玉、西坊法印』と版木に刷られた和紙と、華鎮祭で読み上げられる結鎮祭文(寛政5年・1793)に残されている」
とある。

 嘗ては、一種の流行神であった防疫神・牛頭天王(ゴズテンノウ)を祀っていたのが、明治の神仏分離により京都・祇園の祇園社と同じく社名を八坂神社に改名し、祭神も牛頭天王から同じ神格をもつ素戔鳴命へと変えたのであろう。

トップページへ戻る