トップページへ戻る

葛城の式内社/調田坐一事尼古神社
奈良県葛城市疋田
祭神--一事尼古命・事代主命
                                                                2014.08.30参詣

 延喜式神名帳に、『大和国葛下郡 調田坐一事尼古神社 大 月次新嘗』とある式内社。社頭の案内には、社名・“ツクタニイマス ヒトコトネコ”とあるが、諸資料には“ツキタニマス”とある。

 近鉄南大阪線・尺土駅の南約700m、駅東の道を右(南)(狭い水路が添っている)、〒新庄疋田局前の辻を左(東)へとり、すぐに突き当たった小川手前を右(南)へ、小川に架かる4っめの橋を左(東)へ渡った先に鎮座する(道路輻輳、ネット等で確認のこと)。市販の地図には“尼古神社”とある。 

※由緒
 社頭の案内には、
  「創立年代は不詳ですが、延喜式神名帳に記され、古く奈良朝以前から祀られた由緒ある式内大社で、近郷村民の宗敬神社として厚い信仰集めています」
とあり、創立由緒等の記載はない。

 案内にいうように創建時期は不明だが、当社に関する公的記録として、
 ・新抄格勅符抄所収の大同元年牒(806、奈良時代以降、社寺に与えられた封戸の記録)
   「槻田神二戸 大和一戸 景雲四年(770) 播萬(播磨)一戸」
 ・三代実録(901)・貞観元年(859)正月27日条
   「大和国従五位下・・・調田一事尼古神・・・従五位上を授け奉る」
があり、神護慶雲4年に神戸一戸が与えられていることから、8世記(奈良時代)以前からの古社であるのは確か。

 その後の沿革は不詳で、資料によればには
 ・安政4年(1775・江戸中期)--拝殿改築
 ・文久元年(1861・江戸後期)--馬場開設
 ・同2年(1862)--石の鳥居造立、その後、石灯籠・狛犬・絵馬などが奉納され境内の充実をみた
 ・明治6年(1873)--村社に列す
という。

※祭神
 案内には
  一事尼古大神(ヒトコトネコ)
  事代主大神(コトシロヌシ)
とある。

 一事尼古命は記紀等の史料にはみえない神で、その出自は不明だが、案内には
  「一事尼古大神の尼古とは高貴な男神を示し、古来、一つの願いごとなら必ずかなえてもらえる一願成就の神様として崇敬されています」
とあり、
 社伝によれば
  「一事尼古大神の尼古とは高貴な男神を示し、一言主神(ヒトコトヌシ)と同神なりや。
 古事記には雄略天皇が葛城山に仮に行かれたとき、一言主神が顕現され、『吾は悪事(マガゴト)も一言、善事(ヨゴト)も一言に言いはなつ神なり』と云われ、一言で願えること、一つの願いごとなら何でもかなえてもらえる。古来、一願成就の神様として崇敬を集める」
とあり、当社の南約7km(御所市森脇)に鎮座する一言主神社の祭神・一言主神(ヒトコトヌシ)と異名同神という(一言主については別稿・一言主神社参照)

 当社関連の近世以降の資料として
 ・大和志(1734・江戸中期)に「疋田村に在り、今春日と称す」
 ・神祇志料(1871・明治4)に、
  「調田坐一事尼古神社 今疋田村にあり、春日といふ。
 案ずるに春日神社の摂社に一言主神あり。且本社を春日と云ふに拠らば、或は一言主神を祭れるか妬附して考に備ふ」
とあり、当社が江戸時代には春日神社と称し、境内に摂社として一言主神が祀られていたというが、
 ・大和志料(1914・大正3)には
  「新庄村大字疋田堂前にあり、疋田は調田の転訛か。延喜式に調田坐一事尼古神社と見ゆ。今村社たり。祭神自から明かなれども但々其の何神なるか詳にせず」
として、祭神の名は挙げていない。

 一事尼古神が一言主神と異名同神である確証はないが、江戸時代に一言主社と称する摂社があったことは、新たに勧請された春日神社がその著名さ故に本社の位置を簒奪し、本来の調田坐一事尼古神社が摂社の地位におとしめられ、一言主社と呼ばれていたのかもしれない。

 因みに、今、春日神社は境内末社として祀られているが、これは両社が本来の関係に戻ったことを示すものであろう。

 合祀されている事代主神について、案内には
  「事代主王神は農耕の発展をはじめ、商工業の守護神・厄除・開運・学業成就に御神徳厚い神様です」
とあるが、
 資料に
  「事代主王神は恵美須神の御名で世に広く知られ、・・・」
とあることから、エビス神として祀られたようだが(エビス神にはコトシロヌシ神とヒルコ神の二系がある)、その勧請時期等は不明。
 ただ、事代主神本来の神格が“神の意を伝える託宣の神”であり、善事・悪事を一事で言い放つ一言主神も託宣に係わる神ともいえることから、事代主神と一言主神を異名同神とする説もあり、あるいは、江戸時代に祀られていた摂社・一言主社の祭神だったのかもしれない。

※社殿等
 一の鳥居(脇に「式内大社 調田坐一事尼古神社」との社標が立つ)をくぐり、やや長い参道を進んだ先に二の鳥居があり、境内に入る(通常は二の鳥居前を東西に走る道路から入るのがわかりやすい)
 境内正面に拝殿(切妻造・瓦葺)が、その奥、ブロック塀に囲まれた中が本殿域で、祝詞殿をはさんで本殿(一間社流造・銅板葺)がいずれも南面して鎮座する。
 なお、拝殿の扉に「参拝の方は戸を開き中に入ってください」とあり、拝殿内に入って本殿域を実見できる。


調田坐一事尼古神社
一の鳥居 
 
同・拝殿
 
同・本殿

◎末社

 本殿前の左右に末社2宇があり、豊受神社・春日神社というが、社名表示が見えず、どちらかどの社か確定できない。

 資料によれば、
 ・豊受神社--祭神:豊受皇大神 
 ・春日神社--祭神:武甕槌命・経津主命・天児屋根命・比咩神
 両社とも明治10年(1877)の創立で昭和32年(1957)改築という。
 社殿は一間社流造・銅板葺。

 なお、二の鳥居の両側に小さな池があり、境内東側に三の鳥居がある。


 

末社(本殿左) 

末社(本殿右)

[トップページへ戻る]