[トップページへ戻る

火 幡 神 社
奈良県北葛城郡王寺町畠田5丁目
祭神--天児屋根命・息長帯比売命・誉田別命・玉依姫命・天照皇大神
                                                                 2014.05.06参詣

 延喜式神名帳に、『大和国葛下郡 火幡神社 名神大 月次新嘗』とある式内社。社名は“ホハタ”と読む。
 なお、社名・火幡を“大幡”とする資料もある(下紀)

 JR和歌山線・畠田駅の西約500m強。駅西口から西へ延びる小道を国道168号線に出、国道(畠田駅前交差点)を越えて西へ約400mほど進んだ右手(北側)丘の中腹に鎮座する(道路右手の山麓に鳥居が見える)

※由緒
 社頭に掲げる案内には、
  「火幡神社は、社伝によると平安時代前期大同元年(806)に創建されている。
 創建当時の祭神は、火之戸幡姫命(ホノコハタヒメ)で、布を織る人々の信仰の対象であり、付近には布織(ハタオリ)集落が多かったことが推察できる。当時多くの神社は武人の神であったのに対して、火幡は唯一産業振興祈願の神であり、広く庶民の信仰を集めていた」
とある。

 当社関連の資料は少ないが、古資料として
 ・大和志(1734・江戸中期)
  「大幡神社 三代実録は火と作る。・・・畠田山上邑に在り。今八幡と称す。送迎(ヒルメ)香瀧共に祭事に預かる。
  又小黒邑白山祠尼寺邑厨祠乃ち大幡神社の摂社也。二邑倶に畠田に属す」
 ・神社覈録(1870・明治初)
  「火幡は保波太(ホハタ)と読り。祭神詳ならず。畠田山上村に存す。
 考証(度会延経の神名帳考証-1733・江戸中期)に云ふ、畑村・日留女村、火之戸幡姫命。
 按るに、大和志に云ふ、送迎(ヒルメ)香瀧共に祭事に預かると。日留女と送迎、畑と畠田は同所のことか。いまだ土地に行ねば知らず。また按るに、当郡大畠村といふあり、然れば大幡にて、此の村に由縁あらんか」
 ・大和志料(1914・大正3)
  「志都美村大字畠田にあり。式に大幡神社(一本に火幡と作る)と即此れ。今村社たり。祭神詳ならず」
などがあるが、創建由緒についての記載はない。
 なお、社名については、大和志に大幡とある他は火幡とする(神社覈録は、火幡とはするものの大幡も要検討とする)。大同元年牒・延喜式など古史料に火幡とあることから、これが正式の社名であろう。

 創建年代について、上記案内は「大同元年創建」という。
 これは、新抄格勅符抄にある大同元年牒(806・奈良時代以降の社寺に対する封此の記録)に記す「火幡神 十戸伊予(二十戸とする資料もある)によるものらしいが、この記録は当社に与えられた神戸の記録であって創建年代を示すものではない。
 ただ、これに載ることは、その当時既に当社があったことを示すもので、ここから、当社は9世記初頭以前からの古社であるといえる。

 当社に対する神階綬叙記録として、三代実録(901)貞観元年(859)正月27日条に、
  「大和国従五位下・・・火幡神・・・並に従五位上を授く」
とあるだけで、その後の経緯は不明。

※祭神
 社頭の案内には、
  「創建当時の祭神は火之戸幡姫命(ホノコハタヒメ)
とあるが、諸資料によれば、冒頭に記すように天児屋根命以下の5座を祀るという。
 ただ、この5座が祀られる由緒は不明。

 当社祭神について、特選神名牒(1876・明治初期)には
  「此の祭神(上記5座)は疑わし。社考により考えるに、日本書紀一書に高皇産霊尊の御女・栲幡千々姫萬幡姫命(タクハタチヂヒメヨロズハタヒメノミコト)の一名・火之戸幡之神ならむ」
 神名帳考証(上記)には
  「火之戸幡姫命」
 火幡神社志(当社蔵)には
  「初め、火之戸幡姫一座を鎮祭し奉る。
  後に誉田別尊と神功皇后と玉依姫命と天児屋根命と天照大神を漸次に合祀し奉り、俗に八幡宮と称す」
とあり(式内社調査報告・1982)、延喜式には祭神一座とあることから、本来のそれは火之戸幡姫命であろう。

 火之戸幡命とは、書紀9段一書6に
  「天忍穂耳尊、高皇産霊尊の娘・栲幡千々姫萬幡姫命(栲幡千々姫命など異名多し、以下栲幡千々姫という)、亦云はく高皇産霊尊の娘・火之戸幡姫の児・千々姫命とといふを娶りたまふ」
として出てくる女神で、高皇産霊尊の娘で、天忍穂耳命の妃・栲幡千々姫命の母神という
 ただ、特選神名牒は、同じ高皇産霊の娘であることから栲幡千々姫の異名同神という。そうとれないこともないが、一書6は、記紀皇統譜でいう天忍穂耳の妃・栲幡千々姫を千々姫と記したと読むのが順当で、その母という火之戸幡姫と栲幡千々姫とは別神となる。

 案内には「火之戸幡姫命は、布を織る人々の信仰の対象であり・・・」というが、
 ・一書6で姫の子とされる千々姫の別名・栲幡千々姫の“栲”(タク)が“楮(コウゾ)の繊維”を、“幡”(ハタ)が“織機”(ショクキ・機織り機)を指し、“千々”(チヂ)が“縮む”又は“沢山”の意であることから、栲幡千々姫は機織りや織物に関係する女神とされること(派生して、安産・子育ての神ともいう)
 ・火之戸幡姫命も“幡”の字をもち、栲幡千々姫の母神であることから、同じく機織り・織物に関係する女神とされたのであろう。
 当社が機織り関連の女神を祀ることから、機織業に従事する人々によって祀られたと推測はできるが、当地付近に布織り(機織り)集落があったことを証する資料はない。

 今、当社の祭神からは火之戸幡姫命が消え、天児屋根命以下5座となっているが、その由縁・時期などは不明。憶測すれば、織物業の衰退に伴って機織りの神が忘れられ、代わりに著名な神である春日・八幡・伊勢の神々が勧請されたのかもしれない。

※社殿等
 鳥居を入り50余段の石段を登った上が境内。
 石積み基壇上の正面に拝殿(唐破風向拝付き入母屋造・瓦葺)が、その奥、瑞垣に囲まれた中に雄大な唐破風付き向拝をもつ本殿(神明造・銅板葺)が鎮座する。
 本殿の右に小祠(資料によれば若宮神社-祭神:天押雲根命)があるが、樹木に遮られてよく見えない。

 
火幡神社・鳥居
 
同・拝殿

同・本殿

◎絵馬殿
 拝殿の左に絵馬殿があり、格子戸から覗くと、中には優に百基を超す小型の絵馬が列をなして掲げてある。
 平成になってのものも多く、ほとんどの絵馬に氏名とともに“○年○月○日生”とあることから、子供の誕生を祝い神の加護を祈っての奉納かと思われる。

 
同・絵馬殿
 
同・奉納絵馬

トップページへ戻る