トップページへ戻る

穂雷命神社
現 穂雷神社
奈良県北葛城郡広陵町安倍

祭神--天照皇大神・手力男命・栲幡千々姫命
                                                         2015.03.17参詣

 延喜式神名帳に、『大和国広瀬郡 穂雷命神社』とある式内社。社名は“ホノイカツチノミコト”。今は穂雷神社と称している。

 近鉄大阪線・築山駅の北約1.2km、駅西側から北へ入るやや広めの道路を進み、県道105号線(中和幹線)へ出て、西側(左手)すぐの信号を北へ入った先、道路左手少し入った処に一の鳥居が立ち、突きあたりの石垣上が当社境内。

※由緒
 境内・手水舎に掲げる案内には、
  「初め火雷神を祭る。貞観7年(865)神階正六位を授け奉らる。中古祭神の伝を失う。
        天照大神
   今は 天手力男命    を鎮祭し奉る
        栲幡千々姫命
   伊勢の内宮に倣う
 明治6年(1873)村社に列し馬見一村の崇敬神社たり。阿部区が奉祭
 昭和20年(1945)阿部区民の氏神様として今に至る 平成2年7月」
とある。

 当社にかかわる古資料として
 ・大和志(1734・江戸中期)--三代実録は保沼雷(ホヌマイカヅチ)と作る。在所不詳
 ・神名帳考証(1813・江戸中期)--保田村河合村の東也、今城下郡に属す、在所未詳、三代実録に保沼雷と作る
 ・神社覈録(1870・明治3)--祭神明らか也、在所詳ならず、考証に云、保田村乎
 ・神祇志料(1871・明治4)--伊弉冉命の御子火雷神を祭る、
 ・大和志料(1914・大正3)--帳に見ゆ、志に在所未詳と在り、
                   広瀬社旧記には相殿右座水穂雷命を以て式内穂雷命なりと称せり
などがある。

 当社にかかわるとおぼしき神階綬叙記録として、三代実録に
  ・貞観7年(865)10月9日 大和国正六位上武雷神(タケイカヅチ)・保沼雷神・・・従五位下に叙す
  ・貞観9年(867)8月16日 大和国従五位下武雷神・保沼雷神に並従五位上ら叙す
とあり、ここでいう保沼雷神が当社を指すのではないかというが、神社覈録の注記に
  「考証(1733・度会延経か、未見)は軻遇突智命(カグツチ)とし、神位を別社とす。祭事記(?)・大和志等は神位を当社に定め、比保古(?)は火雷命山城国乙訓郡とす。孰れが是なるを知らず」
とあるように、これが当社を指すかどうかについては議論がある。

 式内・穂雷命神社の所在地について、現在は安倍集落西方丘陵上の神社を之に充てているが、大和志以降の上記古資料のほとんどには「在所不詳」とあり、明治時代まで、その鎮座地は明らかでなかったという(神名帳考証は、当社ではなく城下郡の神社を充てているが、どの神社かは不明)

 また、社伝によれば、
  「当社は天文3年(1534)9月、広瀬川合社(広瀬大社)から水穂雷神の分霊を遷して、細井戸荘五ケ村(安部・大塚・平尾・疋相・大垣内)の氏神として奉齊されてきたが、明治以降安部一村が奉祀するようになった」
とあ.
(手水舎背面にも掲げるが一部の文字が擦れて判読不能)

 当社の元社ともとれる広瀬大社の水穂雷神に関連して、広瀬社旧記には
  「右西方星座 水穂雷命也、件の神は天明玉の分霊なり、秘訣に云う坎火(アナヒ)の神也、白鳳10年(681)10月19日水穂雷命神殿を造営、俗に火大ノ神と云ふ。
 嘉祥4年(851)正月27日大和国無位水穂雷命を新たに正六位上に叙す」
とあり、広瀬神社相殿右座(祭神:水穂雷神)を以て式内・穂雷神社と称していたという(式内社調査報告・1982)

 これらを承けて、奈良県史(1989)
  「現在、安部集落西方丘陵上の神社を式内穂雷命神社にあてられているが、一説には広瀬神社相殿の穂雷神社をあてる説もあり、三吉(サンキチ)にも同名の神社がある。
 当社伝によると、河合町川合の広瀬神社相殿神の水穂雷命の霊を、天文2年(1534)に広瀬神社から勧請したものという」
とある。

 これらによれば、当社は室町末期の天文3年(戦国時代)に広瀬大社の相殿神・水穂雷神を勧請したもので、そこから、式内・穂雷神社は広瀬大社の相殿・水穂雷神社とする説もあり、当社が本来の式内・穂雷命神社かどうかは不詳というべきかもしれず、式内社調査報告は「当社は明治以降に式内社に指定されたもので、それ以前の鎮座地は不明」という。

 なお、広瀬旧記にいう天明玉命・坎火神とは火の神とは思われるが、出自等は不詳。
 また、嘉祥4年の神階綬叙記録は、文徳天皇・仁寿元年(851・嘉祥4年=仁寿元年)条に
  「正月庚子 天下諸神 有位無位を論せず 正六位上に叙す」(文徳実録)
によるものだが、この記録は特定の神社を対象とした綬叙記録ではなく、天下諸神の中に当社も含まれるとしてのことであろう。

※祭神
 今の祭神は
   天照皇大神(アマテラス)--皇祖神
   手力男命(タヂカラオ)--天岩屋伝説に登場する力もちの神
   栲幡千々姫(タクハタチヂヒメ)--タカミムスヒの娘で天孫・ニニギ命の母
とあり、案内は“伊勢の内宮に倣う”というが(内宮-主祭神:アマテラス、相殿神:タヂカラオ・タクハタチヂヒメ)、当社が如何なる由縁で内宮の神を祀るのかは不詳。

 本来の祭神は、社名及び延喜式に一座とあることから見て、社伝にいうように、
   穂雷命 即ち 火雷命(いずれも、ホノイカツチ)
一座であったと思われる。

 火雷神とは、古事記によれば、黄泉国で腐乱したイザナミの身体に成り出た八雷神の一つに火雷(胸に生じたという)との雷神があるが、ここでの火雷神は所謂・雷神(カミナリサマ)のことと思われる(神祇志料にいう伊弉冉命の御子・火雷神はこれを指す)

 カミナリサマは、火の神であるとともに雨を降らせる水神でもあり、農耕社会が定着するにつれて火が穂に変わり(訓が同じ)、水を司り豊穣をもたらす農業神として祀られるようになったという。

 広瀬神社相殿神の水穂雷神は、火雷が穂雷に変わる過渡的な状況を示すもので、本来は水火雷神とすべきところを、広瀬神社が水神として名高く、そこに祀られる神が水に対する火では都合が悪いので、農耕神・水神的要素の強い水穂雷神と称して祀ったのではないかという(以上、式内社調査報告)

 なお、上記の祭神3柱に、武雷神(タケイカヅチ)・保沼雷神(ホヌマイカヅチ)を加えた5柱を祭神とする資料(ネット)がある。
 これが何処からの引用かは不明だが、三代実録・貞観7年条に神階を綬叙したとある武雷神・保沼雷神を、当社の神として加えたものであろうが、保沼雷神は貞観7年条にのみ登場する神で、その出自は不詳で、上記のように、保沼雷神を当社の神とする是非については議論がある。
 武雷神は春日大社の祭神・武甕槌命(タケミカツチ)かもしれないが、とすれば、武雷神・保沼雷神と並記することと整合せず、これも出自不詳の神であろう。

※社殿等
 一の鳥居から民家に挟まれた参道を突きあたり、左に折れたすぐ右に石段があり境内に入る。
 境内正面に拝殿(入母屋造割拝殿・瓦葺)が、その奥、忍返しが付いた高い塀の中に本殿(向拝付流造・朱塗銅板葺)が南面して鎮座する。

 
穂雷命神社・一の鳥居
(突きあたりが境内)
 
同・社頭
 
同・境内への石段と二の鳥居

同・拝殿 
 
同・本殿 
◎末社
 本殿域の左に末社2宇がある。
 何れも覆屋内での鎮座で、向かって左より
 ・愛宕宮
 ・金刀比羅宮 

 勧請由緒・時期等は不明だが、式内社調査報告は
  「何れも近年ここに移築したもの」
という。



末社・愛宕社 
 
末社・金刀比羅社

トップページへ戻る