トップページへ戻る

太祝詞神社
現社名:森神社
奈良県天理市森本町高岸
祭神--天児屋根命
                                                                 2014.02.12参詣

 延喜式神名帳に、『大和国添上郡 太祝詞神社 大 月次新嘗』とある式内社だが、現在は森神社と称している。太祝詞は太詔戸とも記し、いずれも“フトノリト”と読む。

 JR桜井線・帯解駅の東南約1.4km、県道169号線・森本バス停の少し北、道路東側に連なる森の中に鎮座する。
 ただ、道路側に入口はなく、鎮守の森の北側から東側に回りこんだ道路脇に鳥居が立つ。

※由緒
 境内に社名表示なく、また案内なく創建由緒等不明。
 奈良時代に亀卜(キボク・亀の甲を灼いておこなう占い)を以て朝廷に仕えた対馬の卜部氏が、亀卜の神・太祝詞命(フトノリト)を祀った神社といわれ、
 大和志料(1914・大正初)には
  「太祝詞神社(添上郡)  延喜式神名帳に太詔戸神社大月次新嘗、新抄勅格符抄に太祝詞命神一戸大和国・天平神護元年充と見え、太詔戸命(フトノリト命)を祭る。太詔戸命とは筮(ゼイ・占い)を知る亀の霊なり。故に亀津比女とも称す。

 抑も卜筮(ボクゼイ)の我が国に伝はるは、蓋し壱岐・対馬の二島に於てす。後に之を内地に伝へ、朝廷の大事より民間の吉凶に至るまで苟(イヤシク)も人事の及ばざるものは一に卜筮によりこれを決断す。・・・ これに従事する者を卜部(ウラベ)と称し、天児屋根命の後と云ふ。
 而して此の輩壱岐・対馬・大和・伊豆に分居し、時を以て出でて官府に勤仕し、これを四国(四ヶ国)卜部と謂ふ。而して此の輩其の居る所を以て各主神を祭る。・・・

 即ち当社は平城の朝に神祇官に奉仕せる卜部等が、亀霊を祭り太祝詞社と称せるものなり。

 延暦遷都の後、旧京の諸神を平安に移すに及び、更に太祝詞社を左京二条に建つ。延喜式神名帳に謂ふ所の京中左京二条坐太詔戸神月次新嘗相嘗にして、亀相記(平安前期)に『本社三国に在り、今卜部坊に祭る』とは即ち是なり。

 爾後当社漸次に衰微し、今已に廃し其の址詳かならず。或いは奈良町東新在家南側東角人家の後ろに在りと云ふ」
とある。

 延喜式編纂時に太祝詞命神を祀る社は3社あったようで、神祇官が奉祭する京中坐神三座条に
  「左京二条坐神二座 大 並月次相嘗新嘗
   太詔戸命神 大 本社大和国添上郡
   対馬国下県郡 太祝詞神社」
とあり、元々は対馬国下県郡(現長崎県対馬市美津島町)にあったものを、天平神護元年(765)の頃に大和国添上郡に勧請し(当社の前身)、更に平安遷都(794)後に左京二条(場所不明)に勧請したと推測されている(式内社調査報告・1982)

 当社についての史料上での初見は、新抄格勅符少が引用する大同元年牒(806・奈良時代以降の社寺に対する封戸授与の記録)にある、
  「太祝詞命神一戸 大和国 天平神護元年(765)充て奉る」
という記録だが、その後、当社に対する神階授与記録等はみえず(対馬の太祝詞命神は貞観12年-870-正五位下が授与されている)、9世紀頃には衰微していたために神階授与に預からなかったのではないかともいう。


 今、天理市の北部・森本町に在る森神社を以て式内・太祝詞神社に比定する説が有力だが、嘗ては他所にあったといわれ、奈良坊目拙解(1735・江戸中期)には
  「東新在家町  太祝詞神社旧跡が当町南側東廉(角)にあり、今、そこに神木一株がある。神社が何時の世に断絶滅亡したかは不明。今は南法蓮西側の人家後ろの僻地となっていて、俗人は霊所であることを知らない。寛永元年(1644・江戸前期)4月11日の火災で近隣悉くが焼失したが、神木のみは残った」(漢文意訳)
とある。
 拙解がいう旧社の断絶が、この火災によるものか、火災以前かは不明だが、明治4年(1871)、森神社本殿改築時に発見された寛文5年(1665・江戸前期)の棟札に、
  「祝太詔戸神社之上棟 祭神亀津姫命」
とあるのをみれば、寛永元年の火災による社殿等焼失後に現在地に遷座し、太祝詞神社を継承したともとれる(亀津姫命は太祝詞命の別名)
 なお、旧鎮座地という東新在家町は今近鉄奈良駅の北約500mに位置し、全域奈良女子大の構内となっている。


※祭神
 今、当社では天児屋根命(アメノコヤネ)を祭神としているが、当社祭神については、
 ・天児屋根命--神名帳頭注(1503)・神社覈録(1870)・神祇志料(1873)
 ・太祝詞命--新抄格勅符抄(大同元年牒・806)・大和志料(1914)
 ・亀津姫命--神祇宝典(1646)・寛文5年(1665)棟札
の3説があるという(式内社調査報告)

 由緒などからみると、当社祭神は、宮中における神祇祭祀で奏上される祝詞を神格化した太祝詞命とみるのが順当(対馬の卜部が行う亀卜の霊の神格化)
 亀津姫命(カメツヒメ)は、神名からみて亀卜の霊を神格化したものと解されるが、本来は、日神に仕える巫女・オオヒルメムチがアマテラスになったように、亀卜の神であるフトノリト命に奉仕していた巫女が神格化したものともいわれ、この二神は同じ神と見ることもできる。

 アメノコヤネというのは、当社創建・祭祀に関わった対馬の卜部が、宮中祭祀を統括する中臣氏の配下にあったことから、その系譜に連なることを許され、中臣氏の傍系氏族として、その祖神・アメノコヤネを祭神としたと推測されるが、新抄格勅符抄が引用する大同元年牒(806)に太祝詞命神とあることから、本来の祭神はフトノリト命とすべきであろう。

 太祝詞(太詔戸)とは、神前に於いて奏上される祝詞(ノリト)で、記紀には
 ・古事記・天岩屋戸段--天児屋根命太詔戸言禱ぎ白して(フトノリト コトホギマヲシテ)
                 (天岩屋に隠れたアマテラスを呼び戻すために、アメノコヤネが太祝詞を奏上して・・・)
 ・書紀・素盞鳴追放段(一書3)--天児屋命をして、其の解除(ハラヘ)太諄辞(フトノリト)を掌(ツカサド)りて宣(ノ)らしむ
                     (スサノヲが犯した罪を祓うために、アメノコヤネに太祝詞を唱えさせた)
とある。

 ただ、今に残る祝詞集には太祝詞と称する祝詞はみえず、他の祝詞のなかに
 ・六月晦大祓(ミナツギノツゴモリノオオハラヘ)の祝詞(通称:大祓祝詞-オオハラヘノノリト)の前段終わり近くに
   「天祝詞(アマツノリト)の太祝詞事を宣れ」天つ祝詞の太祝詞事を唱え奉れ)
 ・道饗祭(ミチアヘノマツリ)祝詞及び鎮火祭(ホシヅメノマツリ)祝詞の最後尾に
   「天祝詞の太祝詞事を以ちて、称辞竟へ奉らくと申す」(天つ祝詞の太祝詞事を奏上して、お祭り申し上げる次第でございます)
とある(延喜式祝詞教本・1959による)

 江戸時代以降、天祝詞の太祝詞事とは何かということについて議論がなされてきたといわれ、未だ定説となるものはないようだが、主な説として
 ・天祝詞の太祝詞事は、大祓祝詞そのものを指すとする説--本居宣長「大祓祠後釈」・賀茂真淵「祝詞考」
 ・天祝詞の太祝詞事とは、アマテラスからアメノコヤネに口伝されてきた特別の祝詞で、中臣氏のみに伝わる秘伝であるため延喜式には残されなかったが、実際は“太祝詞事を宣れ”に続いて奏上されたのではないかという説--平田篤胤「古史伝」
があるという(Wikipedia)

 この両説について云々はできないが、当社でいう太祝詞とは、亀卜を行う際に奏上された祝詞とみても大過はないであろう。

 なお大祓・道饗祭・鎮火祭とは、いずれも旧暦の6月と12月の晦日(末日)に行われた神事で、
 ・大祓--半年間に犯した罪・穢れを祓い清浄な姿に戻るために行われた(中臣氏が京の朱雀門で執行したことから中臣の祓いともいう)
 ・道饗祭--外からくる邪神・悪霊らを京師の中に入れないように、京域四方の門前で行われた
 ・鎮火祭--火の霊を鎮め火災の発生を防ぐために、道饗祭に続いて行われた
という。

[追記]
 祝詞について、折口信夫は、
  「“のる”というのは、上から下へ命令することである。上から下へ言ひ下された言葉によって、すべての行動は規定される。・・・
 祝詞は正式には、天ッ祝詞太祝詞といふのである。“のりと”は“のり”を発する場所のことで、神座のことである。而して、此神座で発する言葉が祝詞である。
  “天祝詞の太祝詞ごと”とは、神秘な壮大崇高な場所で下された御言葉、といふことである」(大嘗祭の本義・1958)
という。参考にすべき見解であろう。

※社殿等
 東面する鳥居をくぐり、境内に入った正面に社務所があるが無人。
 通常、鳥居脇にある社標柱なく、境内にも社名の表示はない。ただ、社務所壁の祭日日程表に森神社社務所とあるのみ。

 境内に入って右手(北)の石壇上(1m程)が社殿域で、正面・玉垣、3面は築地塀に囲まれている。拝殿はない。
 社殿域中央に本殿(一間社春日造・銅板葺)が南面して鎮座し、その左前にご神木・杉の大木が聳える。

 本殿の左に小祠がある。資料(式内社調査報告)によれば八王子社らしいが、掲げる木札の墨色が薄れ、社名・祭神名等不明。
 資料によれば、他に恵比須社(大己貴命・事代主命・保食神)・姫大神社(瀬織津姫)があるというが、それらしき祠は見えない。本殿左の小祠に3社が合祀されているのかもしれない。

 
太祝詞神社(現森神社)・鳥居
 
同・社殿域
 
同・本殿
 
同・本殿
 
同・本殿左の小祠

トップページへ戻る