トップページへ戻る

富 都 神 社
奈良県磯城郡田原本町富本
祭神--登美屋彦命
                                                                 2014.04.17参詣

 延喜式神名帳に、『大和国城下郡 富都神社 鍬靱』とある式内社。社名は“フツ”と読む。

 近鉄田原本線・黒田駅の西南約1km(同但馬駅の南南東約1km)

 駅の南を東西に走る道路を西へ、古谷靴下本社西側の水路脇の小路を左(南)へ、水路添いに南へ進んだ右側(水路の西側)の小さな森の中に鎮座する。




富都神社の森(東南方より)

※由緒
 当社の創建由緒・年代等不明。

 社頭に掲げる案内(田原本町観光協会掲示)には、
  大和志・城下郡神廟の項にある「富都神社 鍬靱 富本村に在り」と比定され、延長5年(927)成立の延喜式神名帳に記載された古社である。
 「郷鑑」(享保9-1724か、江戸時代の村名・村高を記した帳簿・郷帳ともいう)には「牛頭天王 社地弐百廿坪 神主なし 供田百廿坪」と記載され、明治の廃仏分離までし「牛頭天王社」と云われ、境内に「牛頭天王」の石灯籠がある
とある。

 案内にいうように、大和志(1734・江戸中期)には「(式内・富都神社は)富本村に在り」とあるが、その比定根拠の記載はなく、
 大和志料(1914・大正3)には、
  「延喜神名帳に富都神社鍬靱と見ゆ。今津村大字富本の村社を以て之を称するも拠なし」
 磯城郡誌(1915)にも
  「富都神社 村社にして、延喜式神名帳に在る同社を以て之に充つるも拠るべきものなし」
として、当社を式内・富都神社に比定することに疑問を呈している。

 案内には、江戸時代の当社は「牛頭天王社」と称し、明和6年(1769・江戸中期)奉納の石灯籠に「牛頭天王」とあるというが、境内に、それらしき石灯籠が見えず確認できず。

※祭神
 案内には
  祭神 登美屋彦命(トミヤヒコ)
とあるが、式内社調査報告(1982)によれば
 武雷神(タケイカヅチ)・登美屋彦命・登美屋比売命--県神社庁明細帳(年代不明・明治前期頃か)
とあり、他にも、富都大神・建布都神(タケフツ)・祭神不詳とする一書もあるという。

 記紀等に登美屋彦命の名は見えないが、明細帳に云う登美屋彦・登美屋比売は一対の神と思われ、大日本神名辞書(1972)には
  「登美屋毘売、登美は地名、大和国城上郡に在り。夜の義明かならず。
 登美屋彦の御妹にして、邇藝速日命(ニギハヤヒ)に嫁して宇麻志摩遅命(ウマシマヂ)を生み給う。御別名御炊屋姫(ミカシキヤヒメ)という」
とあり、登美屋比売は饒速日命ヒの妃・ミ御炊屋姫の別名で、この両神は兄妹という(式内社調査報告)

 これによれば、登美屋彦とは古事記にいう“登美毘古”(トミビコ)、即ち神武東征に際して、これに抵抗した大和国登美(鳥見)の豪族・“長髄彦”(ナガスネヒコ)となるが、その長髄彦が当社に祀られる由縁はみえない。
 なお、長髄彦の本拠地という登美(鳥見)は、城上郡(現桜井市)或いは添下郡(現奈良市)のいずれかとされており、当地が関係するという資料はない。

 明細帳がいう武雷神とは記紀にいう武甕槌神(タケミカツチ)のことで、この神は、イザナギが火神・カグツチを切り殺したとき、剣についた血から生まれた神で、フツヌシと共に出雲国に降りオオクニヌシに国譲りを承諾させ、神武東征に際しては、熊野の地で難渋する神武に、己の代わりに霊剣・布都御魂を降して助けたという。
 神代系図(1819・平田篤胤)には、
  「建御雷之神(タケミカツチノヲ)、亦云武甕槌神、亦名建(武)雷神、亦名建布都神、亦名豊布都神」
とあり、当社祭神・武雷神、一書にいう武布都神はいずれも武甕槌神の別名となる。

 武甕槌神は、一般には春日大社の祭神で藤原氏(中臣氏)に関わる神とされるが、本来は物部氏が奉齊した神といわれ茨城の鹿島神宮に祀れている(物部本宗家の没落後、藤原氏が自家の氏神として取りこんだという)
 当社が武雷神(武甕槌)を祀ることは、当社(当地)と藤原氏(春日大社)或いは物部氏との関わりが推察されるが、それを示唆する資料はみえない。

 これらからみて、当社祭神は不詳とするのが順当で、あえていえば、一般的神名である富都大神というのが妥当かもしれない。

※社殿
 南面する鳥居を入った境内正面に拝殿(切妻造・瓦葺)、その奥、玉垣とブロック塀に囲まれた中に本殿(一間社春日造・朱塗・銅板葺)が、いずれも南面して鎮座する。本殿域を囲む塀が高く詳細は見づらい。
 拝殿左手奥にある社屋は祭器庫らしいが、一見物置に見える。
 末社等はない。

 
富都神社・鳥居

同・拝殿 
 
同・本殿

トップページへ戻る