[トップページへ戻る]

石上市神社
付--姫丸稲荷神社
奈良県天理市石上町
祭神--少彦名命
                                                               2014.03.04参詣

 延喜式神名帳に、『大和国山辺郡 石上市神社』とある式内社。社名は2様“イソノカミイチ”・“イハガミイチ”の読みがある。

 JR桜井線・櫟本駅の南南東約900m(JR・近鉄天理駅の北約1.5km)。近鉄奈良駅前から奈良交通バス(天理駅行)に乗車、国道169号線のバス停・国道櫟本で下車、南2本目の角を西へ入った先に鎮座する。
 道路の反対側に「姫丸稲荷大明神」との赤い幟が立ち、その道を東行すれば、当社の境外末社・姫丸稲荷神社へ至る。

※由緒
 境内に案内なく創建由緒等不詳。また、当社関係の資料も少ないが、その一つ
 元要記(平安時代らしいが年次不明)には
   「石上古市本神社 此の社、陽成天皇(在位876--84)元慶5年(881)辛丑仲夏奉斎、就中延喜(901--23)以後火災御体失墜」
とあるが(式内社調査報告・1982)、元慶5年創建の確証はない。

 ただ下記するように、当社は江戸中期まで東方約800mの平尾山(H=104m)にある姫丸稲荷神社の辺りにあったといわれ、その姫丸稲荷社は、光明皇后が平尾山に建立した観音院本光明寺が承和2年(835)に山を降りて櫟本の地に遷ったとき、当稲荷社のみが後に残ったものという。
 とすれば、元慶5年は承和2年より後であることから、観音院本光明寺移転後、その跡地に当社が創建されたとしても平仄はあうが、それを示唆する資料はない。

 大和志料(1914・大正初頭)には、社号を石上市本神社として
   「元要記に石上市本神社、延喜式には山辺郡石上市神社と。中宮牛頭天王、左稲田媛、右南海神女・・・此社、陽成天皇天慶5年仲夏奉斎、延喜以後火災御体失墜と。
 これによれば流布の神名帳に石上市神社とあるは、市の下に本の字を脱し(たもので)、其の祭神素盞鳴稻田媛とあれば、今の櫟本の治道天王と称するものは、即ち石上市本社なるべし。
 櫟本は礒上(石上)に隣り地勢相接すれば(櫟本は石上の北に接する)、古く其の地は亦石上地方なりしならん」(カッコ内は注記)
とある。

 両資料とも、神名帳は石上市本の“本”を抜かしており、本来の社名は“石上市本神社”だというが、日本の神々4(1985)は、数種ある神名帳写本の全てが石上市神社とすることから、これは誤認だろうという。

 “石上市”との社名にかかわって、続日本紀・桓武天皇延暦8年(789)10月17日条(高倉朝臣福信の薨去記事)
  「(福信が少年の頃)同じ年頃の仲間と一緒に、夕方、石上の衢(チマタ)に出かけ、遊びで相撲をとったが、・・・」
とある。
 古代の衢とは、多方からの道路が合する処(今でいう交差点)を指し、そこは多くの人々が集散することから市場が開かれ、そこには市場の繁栄と交易に集まる人々の安全を守護する神(市神)が祀られることが多かったという。
 因みに、古代の衢には人・物は勿論、神々や精霊なども往来するとされ、黄昏刻にはそれら神の意を問う占いがおこなわれたともいう。福信が相撲をとったのも、単なる遊びではなく心願があっての占いだったのかもしれない(古代の相撲は占いの手段だったという)

 石上の衢が何処にあったかは不詳だが、当社の旧社地・平尾山の山麓付近を南北に通る街道・上っ道と、高瀬川沿いに東西に走る治道(ハルミチ・北の横大路とも)が交差する現櫟本町(現石上町の北に隣接し、古代の石上に含まれていた蓋然性は高い)付近ではなかったかと推測されている(和邇下神社のあたりか)
 和邇下神社と当社の旧鎮座地とは約1kmあまり離れているが、古代の1kmは指呼の間であり、上っ道に沿っていたと想像されることから、当社の原姿は、石上の衢で開かれる市場の守護神を祀る神マツリの場ではなかったかと思われる。

 ただ、大和志料は、祭神を素盞鳴(牛頭天王)・稲田媛として、式内・石上市神社を櫟本にある治道神社(式内・和爾下神社)に充てているが、これは、和爾下神社(当社の南南西約900m)が江戸時代まで治道天王社(祭神:牛頭天王)と呼ばれていたことからの誤解かと思われる(別稿・和爾下神社参照)

 当社の鎮座地について、江戸中期の地誌・大和志(1734)
  「石上市神社  礒上村(石上村) 今天神と称す 村東の平尾山が其の旧跡」
とある。

 当社の旧跡があるという平尾山(H=104m)とは当社の東約800mにある低い山(丘)で、この辺りは、仁賢天皇(在位488--98)の石上広高宮の伝承地といわれ、当社は、山頂近くにある現姫丸稲荷神社(平尾姫丸稲荷大明神)の鎮座地付近にあったという(下記)

 その平尾山頂から現在地へ遷った理由及び時期は不詳だが、大正9年(1920)の本殿造営の際、本殿下から
  「貞享丙寅(3年・1686)六月廿五日氏子寄進施主敬白住持道盛」
と刻した石が出土したことから、貞享年間(1684--87・江戸前期)に当地に遷ったらしいというが(天理市史・1976)、他に傍証はなく、これだけで貞享年間と特定するのは無理だろうという(日本の神々4他)

平尾山(東より)

 大和志がいう天神とは、当社が江戸時代に天満宮(天満天神)と称していたことからで、郡中鎮守神名記(1828・江戸後期)には天満宮とあり、今、境内には「平尾天神宮」(天保10年-1839-銘あり)あるいは「天満宮」と刻した石灯籠数基があり、江戸時代には天満宮と称していたことを証している。

※祭神
 今は少彦名命(スクナヒコナ)となっているらしいが(境内に表示なし)、これは明治以降のことで、他にも諸説があるという。
 ①少彦名命--神社明細帳(1879・明治12年)--現祭神
 ②中宮:牛頭天王(武塔天王)、左宮:少将井殿・稲田姫・天照大神、右宮:大政所・南海神女・若宮八王子--元要記(平安時代?)
 ③牛頭天王--郷中鎮守神名並詞寸間執調書(1854)
 ④神大市姫神--神名帳考証(1813)
 ⑤大市姫命--特選神名牒(1876)・山辺郡誌(1919)
 ⑥天満宮(菅原道真)--郡中鎮守神名記(1828)
 ⑦市辺押磐皇子--大日本地名辞書(1907)
 ⑧祭神不詳--神社覈録(1870)

 ①のスクナヒコナを祀る由縁は不明。
 スクナヒコナとは、オオクニヌシの国造りに際して顕れ国造りに協力した神で、常世神・医薬の神・酒造りの神などいろんな神格をもつが、これを祭神としたのは明治になってからといわれ、②③にいう防疫神・牛頭天王(ゴズテンノウ)が明治初年の神仏分離によって排斥された後、それに変わる医療の神(防疫と医療は通底)として祀られたのかもしれない。
 しかし、ゴズテンノウが当社本来の祭神ではないことから、祭神をスクナヒコナとするには疑問がある。

 ②③にいうゴズテンノウとは、これが強力な疫病神であることから、逆に疫病・災厄を防ぐ防疫神として信仰されたもので、10世紀後半頃から流行して各地に祀られたが(所謂・祇園信仰)、明治初期の神仏分離に際して仏教色が強いとして排斥され、多くは同体とされるスサノヲに変わっている。
 ②の左宮・右宮に祀られている神々は、アマテラスを除き(これを祀る理由は不明)、祇園信仰に関わりの深い神々で、ゴズテンノウ或いはスサノヲの眷属神が混在したものともいえる。

 ④⑤にいう大市姫(オオイチヒメ)とは、大山祇神(オオヤマツミ・山の神)の娘でスサノヲの后の一人。スサノヲとの間に食物神・農耕神である宇迦之御魂神(ウカノミタマ)・大歳神(オオトシ)を生んだことから、姫も食物の神・農耕の神とされるが、古代の市場が食物を主として交易していたことから、食物神という神格に市場の守護神という神格が付加されたという。
 当社社名・石上市が石上の地にある市場に関係するとすれば、当社祭神として最も似つかわしいといえる。

 ⑥の天満宮とは中近世の流行神・菅原道真を祀ったものだろうが、その神格が御霊神としての道真なのか、学問の神としてのそれなのかは不明。郡中鎮守神名記が江戸後期の資料であることから、学問の神としての道真かもしれない。

 ⑦の市辺押磐皇子(イチノベノオシワ・古事記:市辺忍歯王)とは、履中天皇の皇子で顯宗(弘計王)・仁賢(億計王)両天皇の父だが、皇位継承のこじれから雄略天皇に近江の蚊屋野の地で謀殺されたという。
 皇子が住んだという市辺宮、あるいは、その子・仁賢天皇が即位した石上広高宮(仁賢紀)が当地にあり、その石上広高宮の跡に祀られたのが当社とする伝承(下記)によるものだろうが、それを証するものはない。
 ただ、書紀・顕宗天皇即位前記に
  「石上の布留の神杉を、本を伐り末を押し払うように、四方をなびかせて、市辺宮で天下をお治めになった押磐尊の御子・・・」
とあり、ここに“石上の布留”とあることから、市辺宮が当地付近にあった蓋然性は高い。
 因みに顕宗・仁賢天皇は、父・押磐皇子が雄略天皇に謀殺されたのち身分を隠して各地を転々とし、播磨国明石郡にいたとき見いだされて都へ戻り、清寧天皇に御子がなかったことから、皇位を継いだとされる天皇で、その流離譚は書紀に詳しい。

 これらからみて、いずれの説も本来の祭神とするには根拠薄弱だが、あえて特定すれば、当社を古代市場の繁栄と安全な交易に関わる神社とみて、市場の守護神としてのオオイチヒメとするのが妥当かもしれない。
 しかし、姫丸稲荷神社が掲げる案内(下記)に、「仁賢天皇の市辺広高宮跡に創建されたのが市上市神社」とあることから、⑦の市辺押磐皇子とするのも捨てがたい。

※社殿等
 南面する鳥居を入った正面に千鳥破風付き向拝を持つ拝殿(切妻造・瓦葺)、その後ろ、板塀に囲まれた石壇上に本殿(春日造・銅板葺)が、いずれも南面して鎮座する。

石上市神社・鳥居
同・拝殿
同・本殿

◎末社
 境内右手に末社2宇、左側に末社1宇があるが、いずれも由緒不明
 *境内右手(東側)
  ・外宮神社--豊受姫命(トヨウケヒメ)
  ・内宮神社--大日孁貴命(オオヒルメムチ=アマテラス)
    祠に社名表示なく、外宮・内宮の識別は不能。
 *境内左手(西側)
  ・冨士神社--木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメ)

 境内左手奥に寄棟造の堂宇1棟がある。
 明治初年に廃寺となった神宮寺(修福寺)の堂宇で、唯一残った観音堂(本尊:十一面観音菩薩)だが、扉が閉まっていて内部は覗けない。


末社1

末社2
 
末社・冨士神社
 
観音堂


【姫丸稲荷神社】
 祭神--宇賀御魂神(ウカノミタマ)

 石上市神社から国道169号線を越えて、東へ約800mほど行った平尾山山頂近く竹林・疎林に囲まれて鎮座する稲荷神社で、今、石上市神社の境外末社となっている。
 この稲荷社が石上市神社の末社となっているのは、両社間の関係というより、その鎮座地が石上市神社の旧社地にあたることかららしい。

 式内社調査報告には、
  「神社明細帳(1879)に創始未詳とある。もと在原寺にあった姫丸稲荷神社をここに移したと伝える」
とあるが、
 拝殿外壁に掲げる「平尾山案内記」には、
  「平尾山稲荷神社の境内を中心として平尾山の大部分は、旧地名を『宮の屋敷』といっていた。日本書紀によると、第24代仁賢天皇(488--98)の石上広高宮(イソノカミヒロタカノミヤ)や、その御父市辺押磐皇子(?--456)の石上市辺宮は、この宮の屋敷の地にあったと考証されている。
 当社の東方には5世紀頃の大きな前方後円墳が幾つもあり、当社近傍から銅鐸が出土していることは、この地域が古代の文化中心地であったことを立証し、特に前記仁賢天皇の時代は大和朝廷の所在地として、我が国政治・文化の中心地であったのである。

 これは今から1500年も昔のことであるが、その後奈良時代から平安時代も平尾山の麓には民家が建ち並び、石上寺・在原寺・六坊寺・薬師堂などの寺院が営まれた。

 在原寺縁起によると、第51代平城天皇(806--809)の皇子・阿保親王は石上の在原の地に住まわれ、承和2年(835)に平尾山にあった補陀落山本光明寺を在原に移して在原寺を創建し、その本尊十一面観音を迎えておまつりをしたということである。
 また親王の子で六歌仙の一人とうたわれた在原業平朝臣(825--80)は、この石上で産まれ平尾の神の氏子として幼名を平尾丸と名付けられた。

 宮の屋敷というのは、石上広高宮の屋敷という意味であったかもしれないが、後には宮址に祀られた平尾のお宮の屋敷と考えられてきた。延喜式に記されている石上市神社はこのお宮のことである。

 この神社は、江戸時代の中頃に石上村の鎮守として現在の石上の民家付近に移されたが、稲荷神社はこの旧地のお宮にお残りになった。これが正一位平尾姫丸稲荷大明神で宇賀御魂(ウカノミタマ)の神を祀る。(以下略)
とあり、
 補陀落山本光明寺の後継という在原寺の縁起によれば、
  「光明皇后が天平6年(734)興福寺西金堂を建立した際、平尾山に聖武天皇の御縁仏・十一面観音を本尊とする補陀落山観音院本光明寺を建立、時代が降って、阿保親王がこの観音に祈願して在原業平が生まれたことから、承和2年(835)この観音を平尾山から櫟本の地に遷し補陀落院在原寺と称した(明治になって廃寺とされた)
とある。

 この案内記は、姫丸稲荷神社の由緒というより、石上市神社の創建由緒といった色彩が強く、それによれば、石上市神社は仁賢天皇の石上広高宮の跡に建立された補陀落山本光明寺の跡に創建されたことになるが、確証はない。
 とすれば、仁賢天皇あるいはその父・石辺押磐皇子を祀る神社であった蓋然性は高いが、石上市神社との社名からみて、上記したように市場の守護神としての大市姫とみたい。

 なお、石上広高宮の所在地については、当地の他に、姫丸稲荷神社の東800mほどを走る山の辺道付近という説、天理市嘉幡町(石上町の南西約3km強)付近とする説がある。

※社殿
 国道169号線を東へ(諸処に「姫丸稲荷大明神」の幟が立つ)、平尾山山麓の一の鳥居を入り、緩やかな坂道を上った先の左手、二の鳥居に続いて稲荷社特有の朱塗りの鳥居列が続く。
 朱鳥居列の先が横長の拝殿(切妻造・瓦葺・横に社務所が連なるが無人)で、その奥、石壇上に朱塗りの本殿が、いずれも南面して建つ。

 また、本殿の右手に、稲荷社特有の○○大神と称する小祠(末社)と石碑が十基ほど並ぶ。

 姫丸稲荷神社・一の鳥居
同・朱鳥居列
同・拝殿
 同・本殿
 同・末社
同・石碑 

[トップページへ戻る]