トップページへ戻る

高市御縣坐鴨事代主神社
俗称:河俣神社
 奈良県橿原市雲梯町宮ノ脇
祭神--鴨八重事代主神
                                                               2013.07.07参詣

 延喜式神名帳に、『大和国高市郡 高市御県坐鴨事代主神社 大 月次新嘗』とある式内社で、今、河俣神社と称している。
 社名は“タケチノミアガタニマス カモコトシロヌシ”と読む。現社名は“カワマタ”。

  近鉄橿原線・八木西口駅の西南西約1.6km。
 駅の南を東西に通る国道24号線(大和高田バイパス)の高架道路下を西行、曾我川との交差部で右側の橋を渡って右折、西岸沿いに北上、二つ目の戒智橋を東へ渡った橋詰め南側に一の鳥居が立つ。

 戒智橋から南へ曾我川東岸沿いに連なる叢林(右写真)の中に鎮座する。

※由緒
 橿原市雲梯町(ウナテ)にある河俣神社(カワマタ)が、式内・高市御県坐鴨事代主神社(以下、当社又は鴨事代主神社という)に比定される根拠として、
 出雲国造神賀詞(イズモノコクニミヤツコノカンヨゴト、新任の出雲国造が朝廷に参上して述べる寿詞、元正天皇霊亀2年-716-が初見)
  「大名持命(オオナモチ=オオクニヌシ)が申されるには、この大倭の国は皇孫命の鎮まられるべき国であることから、
    自分の和魂(ニギタマ)を八咫鏡により憑かせて・・・大御和(大三輪)の神奈備(カンナビ)に鎮め坐(イマ)させ、
    御子のアジスキタカヒコネ命の御魂を葛木(葛城)の鴨の神奈備に坐させ
    同じくコトシロヌシ命の御魂を宇奈提(ウナテ)に坐させ
    同じくカヤナルミ命の御魂を飛鳥の神奈備に坐させて
   これらを皇孫命(天皇)の身近な守護神として貢(タテマツ)りおいて、自らは杵築宮(所謂・出雲大社)に鎮まられた」(大意)
とあることから、出雲の大神・オオクニヌシが、その御子神・コトシロヌシを鎮座させた“ウナテ”が現橿原市雲梯町(和名抄-937・平安中期初-にある高市郡雲梯郷)であるとして、そこに鎮座する河俣神社を以て式内・鴨事代主神社に比定したものという。

 また、書紀・天武天皇即位前期(672)
  「(大海人皇子の軍が)金綱井に集結したとき、高市郡の大領(律令制における地方官のトップ)・高市県主許梅(タケチノアガタヌシ コメ)が神懸かりして『吾は高市社にいる事代主神である。また身狭社(牟佐社)にいる生霊神である。・・・神武天皇の山稜に,馬や種々の武器を奉れ。・・・』と告げたので、許梅を遣わして御陵に参拝させて馬と武器を奉り、また高市・身狭二社の神に弊を捧げてお祀りした」(大意)
 先代旧事本紀・地祇本紀(9世紀前半)にも
  「(大己貴命の子)都味歯八重事代主神、倭国高市郡高市社に坐す」
とあり、これらにいう高市社とは当社を指し、一般に、コトシロヌシの社は雲梯村の高市社と認識されていたことを示す。

 ただ、江戸中期の地誌・大和志(1734)には
  「高殿村に在り、今大宮と称す、又の名・鴨公森(カモキミノモリ)
とある。
 ここにいう高殿村が何処を指すのか不明だが、“又の名・鴨公森”が橿原市醍醐町にある鴨公(カモキミ)地区指すとすれば、その地は、当社の東約4kmにある高殿町とそれに隣接する醍醐町にまたがる藤原京跡付近であろう。
 市販の地図で見るかぎり、今の当該地域に式内社に相当するような神社は見えないが、ネット資料によれば、嘗て鴨公神社(カモノクミか)と称する社があり、藤原京跡の一画にその跡地と称する小区画があるというから、大和志は、これを式内・鴨事代主神社に比定したのかもしれないが、その根拠は不明。葛城の地から飛鳥の地へ進出した賀茂氏が、その奉斎するコトシロヌシを祀った社かもしれない。

 しかし、神賀詞が“コトシロヌシをウナテに鎮座させた”ということから、その地は和名抄にいう高市郡雲梯郷で、その郷名が現雲梯町に引き継がれたとみるのが順当と思われ、大和志がいう在高殿村というのには疑問がある。

 また、室町初期の古書・和州五郡神社神名帳大略注解(通称・五郡神社記、1446)には、
  「雲梯神社 神名帳に云う 大和国高市郡高市御県鴨事代主神社 雲梯村神森に在り。
 社家長柄首曰く 旧記に曰く 神代、積葉八重事代主命が経津主神の教えに依り 水鳥と化して雲天に昇る。是に於いて鴨事代主命の号を得、八十万神を集めて天の高市に昇り、其の誠の至りを陳す。時に、高皇産霊尊、天之事代主命に、宜しく八万四千の邪鬼を統率する大将軍となり、皇孫の為に之を護り奉れと命じて、之を還降せしむ。
 是により、天之事代主命は雲梯此をクモノカケハシと云うを降り高市県に到り、其所を号して雲梯と云う今宇奈提と云う。然る後に此処に霊畤(神社)を立て之を奉斎す。
 出雲国造神賀詞に謂う所の、事代主命の御魂を宇奈提の神奈備に坐させとは是也。又天武天皇紀に云う所の コトシロヌシが坐す高市社とは即ちこの地なり」(漢文意訳)
との伝承があり、そこでは、天の高市に昇って恭順の意を表したコトシロヌシが(書紀・国譲り段に同意の記述あり)、タカミムスヒから諸々の国つ神を率いて皇孫を守護せよと命じられて降ったのが高市郡の雲梯で、後になって、其処に神社を造って奉斎した、という。

 当社の創建年代は不詳。書紀・天武紀に「高市社に坐すコトシロヌシ」とあることから、7世紀にはあったと推察されるが、正史上での初見は三代実録(901)・清和天皇貞観元年(869)正月27日条の神階授与記録で、そこには
  「大和国・・・従二位高市御県鴨八重事代主神・・・従一位」
とあり、9世紀に実在したことは確かといえる。ただ、当社への神封・神戸に関する記録はない。

 当社は今、河俣神社と称している。河俣(川俣・川股・カワマタ)とは川の分流点を意味するという。
 昔、雲梯集落の南方で、本流である曾我川(当社西側を北流する)から古川と称する細流が分かれ、集落の西を通って北の忌部村の田を潤したといわれ(式内社調査報告・川俣神社の項)、その分流点(河俣)付近に鎮座することから河俣神社と呼んだのであろう。ただ、その呼称が何時頃から始まったかは不明。

 なお、当社の南西約250mの曾我川西岸には式内・川俣神社に比定される木葉神社があり、俗称・河俣、式内・川俣との間に混乱も見受けられる。

※祭神
  鴨八重事代主神(カモノヤエコトシロヌシ)
 この祭神については,諸資料とも異論はない。

 ただ、記紀などの諸史料ではコトシロヌシは出雲大神・オオクニヌシ(オオナムチ)の御子神とされ、当社由緒もまたそれに依っているが、本来は、古代の大和国葛城郡を本貫とする賀茂氏(鴨氏)が奉斎する葛城土着の神との説がある(別稿・鴨都波神社参照)
 とすれば、神賀詞云々というのは後世の附会で、当地へ進出した葛城の賀茂氏が、その奉斎する神・コトシロヌシを祀ったのが,当社の原姿とも考えられる。

※社殿
 戒智橋東詰に一の鳥居が立ち、傍らの石柱には「河俣神社」とある。
 曾我川に沿って南に延びる石畳の参道を進んだ先に二の鳥居が立ち、境内に入る。
 境内正面に拝殿(切妻造割拝殿・千鳥破風付向拝あり瓦葺)、その奥、正面を木製の格子塀(瓦屋根付き中門あり)に、三方を高いコンクリート塀に囲まれた中に本殿(流造・銅板葺)が、北面して鎮座する。
 塀が高いため、本殿域後方から本殿側面の屋根が見える程度で、本殿域の詳細不明。

 
河俣神社・社標
 
同・一の鳥居
(参道右側が曾我川)
 
同・二の鳥居

同・拝殿 
 
同・本殿(側面)
 
同・中門(この奥が本殿、拝殿より)

トップページへ戻る