トップページへ戻る

葛城の式内社/鴨山口神社
奈良県御所市櫛羅
祭神--大山祇神
相殿神--大日孁命・御霊大神
                                                       2013.01.19参詣

 延喜式神名帳に、『大和国葛上郡 鴨山口神社 大 月次新嘗』とある式内社。

 近鉄御所線・近鉄御所駅の西約1.7km。駅西側から県道30号線を西へ、櫛羅(クジラ)交差点を左折(南へ)、少し先の櫛羅南交差点を左折(東)し、道なりに回りこんだ右手に一の鳥居が立つ。

※由緒
 社頭に掲げる案内には、
 「葛城山麓の扇状地、櫛羅大湊に位置する本社は、古くから朝廷に皇居の用材を献上する山口祭を司った由緒深い神社であります。
 延喜式神名帳には、山口神社は14社あるが、その内、葛上郡の鴨山口神社が本社であるとされており、式内の大社として格式の高い神社であります」
とあり、頂いた由緒書きには
 「神社の創立は不詳ですが、記録によりますと以前は当神社西方俗称岸の山に鎮座なされておったのが、天災起こり山岳崩れて今の地に奉られたと記されております。
 貞観元年(859)第57代清和天皇の御世に正五位を授けられており、その当時すでに神社が創立されていたことが推察されます」
とある。

 社名・山口とは“山の登り口”を意味し、山口神とは、延喜式・祈年祭祝詞(トシゴヒノマツリ ノリト)
 「山口に鎮まります皇神等の前に申すことは、飛鳥・石寸(磐余)・忍坂・長谷・畝火・耳成と御名は申してお祭り申し上げます所以は、遠近の山々に生育している大小の木材を、本と末とを切って中程を持ち来まして、それを料材として皇御孫命の瑞々しい宮殿を造営し参らせて、云々」(延喜式祝詞教本・口語訳文、1959)
とあるように、皇居舎殿造営のための用材を切り出す山に坐す神をいう。
 延喜式・祈年祭条によれば、祈年祭の対象となる神社は全国で3132社に及び、当社は神祇官による奉弊に預かる神社(737社)に属し、特に当社を含む19社(山口神社は全て含まれる)には、規定の奉献物の他に馬一匹が加えられたという。山口神社が風雨の順調なることを祈願する社であったことからのものであろう。

 延喜式神名帳には、山口神社として夜支布(柳生)・伊古麻(生駒)・巨勢・鴨・当麻・大坂・吉野・都祁・長谷・飛鳥・畝火・石村(磐余)・耳成・忍坂の14社を記すが、この全てが延喜式・臨時祭条にいう祈雨神祭85社のなかに含まれ、降雨・止雨の祈願がおこなわれていること、あるいは、風雨祈願の神として著名な広瀬神社に奏上された大忌祭(オオイミマツリ)祝詞に、
 「皇神等が領知せられます山々の口から、(山口の神が)谷間を急流として下されます水を、灌漑に適する良い水として受けて、天下の公民の耕作している御稲を、暴風洪水の災害にあわせす、実らせ幸いならしめて下さいますならば、云々」
とあることから、山口神とは祈雨・止雨を祈願する神すなわち水の神・農の神でもある。

 古来から、雨乞いの祈願に馬を奉献したとする記録は多い。その場合、祈雨には黒馬が、止雨には白馬(葦毛の馬)が用いられ、黒馬は雨をもたらす黒雲、白馬は晴天を示す白雲を連想させることからくる共感呪術という。
 また、奉献に際して、馬を殺してその首を水中に投じたともいう。通常、死骸という穢れた物(汚穢)をもって水神を怒らせ、雨を降らせたというが、神を怒らせては人間の願いは成就しないわけで、殺した馬の一部を奉納することでことで、馬の持つ力を水神に移して活性化し雨を降らせようとしたとも、此の世とあの世では価値観が逆転しており、此の世の罪穢れがあの世ではご馳走になることから、ともいう(穢れと聖性・2002)

 当社の創建時期は不明だが、上記山口神社14社のうち、長谷山口以下の6社が飛鳥・藤原の古京に近いのに対して、当社を含めた8社が古京から距離的に隔たっていることから、おそらく、この6社よりやや遅れて、平城遷都のころに大和国全体という視野から山口神社に加えられたのでは(日本の神々4・2000・巨勢山口神社の項)ということから、遅くとも平城遷都(710)以前には創建されていたであろう。

 当社に対する神階叙授記録として、三代実録(901)・清和天皇貞観元年(859)正月27日条に
  「大和国・・・従五位下鴨山口神・・・に正五位下を授け奉る」
とあり、奉幣記録として同年9月8日条に
  「大和国・・・賀茂山口神・・・等に使いを遣りて弊(ミテグラ)を奉りき。風雨のために祈りしなり」
とあり、当社が山の神というより、風雨の順調な推移を掌る水の神として認識されていたことを示す。

 また、大和志(1736)には
 「鴨山口神社  倶尸羅村(クシラ)高鴨山に在り、松樹一株樹下に小祠あり、土人云う樹頭時に聖燈を見る」
とあるという。この髙鴨山が由緒にいう俗称・岸の山(所在地不明)で、松樹の下にあった小祠が曾ての当社かもしれないが、詳細不明。
 なお、享保時代(1716--36)に奉献された石燈籠に「賀茂山口大明神 葛城岸根山」との刻銘があり、旧社が岸の山にあったことを示唆するというが(式内社調査報告)、境内の石燈籠の刻銘はいずれも摩耗激しく判読不能。

※祭神
 主祭神--大山祇命(オオヤマツミ)
 相殿神--大日孁貴命(オオヒルメムチ)・御霊大神(ゴリョウ)

 由緒には
 「御祭神のオオヤマツミ神は山の神とされる。葛城山の入口に鎮座し、当時の住民が重要な作物である稲作に必要な雨風を神に願う気持ちが、山の入口にそれを治める神として奉られたものと思われます」
とある。
 因みに、記紀では
 ・古事記--イザナギ・イザナミの国生みの時に生まれた山の神
 ・書紀---イザナギがカグツチを3段に斬ったとき、その1段から生じた神(一書7)
         また、イザナギがカグツチを5っに断ったとき、頭から生まれた神(一書8)
という。

 オオヒルメムチとはアマテラスの別名とされるが、皇祖神になる前、太陽神の祭祀を掌っていた巫女神という性格が強く、祀る神・オオヒルメムチが祀られる神・アマテラスへと変貌したともいう。

 御霊大神の具体的な神名は不明。御霊(ゴリョウ)とは、不特定多数の人々に災疫をもたらす霊鬼的存在とされ、具体的には、政争に巻き込まれて失脚し不遇のまま死んだ人の霊が災疫をもたらす(例えば菅原道真)として、これを御霊と読んで畏れられたというが、当社の御霊大神がこれに当たるかどうかは不明。

 この2座にかかわって、由緒には
 「当社の西方に猿目という垣内(カイト・集落)があるが、昔、猿田彦大神が顕現されて、『このような霊異地は珍しく、照り輝くこと日月のごとく、すなわち時々アマテラス大御神が天降り給ひて、鎮座云々』と申されたと記されており、今、この在所を倶尸羅邑(クシラムラ)と申すも、アマテラス大神の御霊日月のごとく奇異に現れ給しよりの名なりとされ、クシラとはクシヒトの転訓なり。御霊の二字もクシヒトと読めり。物の奇妙に照り輝くことをクシヒトと云うなり。之当所をも霊異邑(クシラムラ)と申すなれども、のち俗語してクジラ邑となると記されています。これらの事から、当時は神女による占いが大変盛んで、それにより発展してきたとも考えられます」
とある。
 この由緒は、当地の地名・櫛羅(クシラ・クジラ)を説明する地名説話ともとれるが、相殿神2座の鎮座由緒(クシヒト-奇人-であるアマテラス・御霊を共に祀った)ともとれる。
 ただ、地名・櫛羅(クシラ)が奇人(クシヒト)の転訓というのは理解できなくもないが、アマテラス・御霊とクシヒトとの関係は牽強付会の感が強く理解不能。

 当社には相殿神2座の木造神像(藤原時代前期・800年代)があり、昭和24年、国の重要文化財に指定されている。
  ・大日孁貴神像--衣冠を付けた彩色坐像、H=56cm
  ・御霊大神像---女神形の彩色坐像 H=50cm

 なお、社頭に掲げる案内には、上記相殿神2座に“天御中主尊”(アメノミナカヌシ)を加えた3座を祀るとあり、式内社調査報告もこの3座を祀るとするが、由緒に記す祭神名とは異なる。どちらが真なのか不明。

※社殿等
 櫛羅南の交差点を東へ、道なりに回りこんだ処に一の鳥居が立ち、突きあたりの社務所前に東面して二の鳥居が立つ。
 境内北側正面に拝殿(入母屋造・瓦葺)が、その奥、白い土塀の中に本殿(一間社春日造・銅板葺)が、いずれも北面して鎮座するが、白壁が高く邪魔して本殿の細部などはよく見えない。

鴨山口神社/一の鳥居
鴨山口神社・一の鳥居
(突きあたりの建物は社務所)
鴨山口神社/二の鳥居
同・二の鳥居
鴨山口神社/拝殿
同・拝殿
鴨山口神社/本殿
同・本殿

◎末社
 境内には末社7社の小祠があるが、いずれも鎮座由緒・年代等不明

  ・天照皇大神宮(天照大御神)
  ・天満社(菅原道真公)
  ・椿山神社(宇迦能御魂神)
  ・春日神社(天児屋根命)
  ・八幡社(誉田別命)
  ・金刀比羅神社(大物主命)
  ・稲荷社(倉稲魂命)

鴨山口神社/天照皇大神宮
末社・天照皇大神宮

末社・天満社

トップページへ戻る